■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









7 月 25 日 (火) 土用の丑の日

○最高気温記念日

1933年のこの日、山形市で最高気温40.8℃が記録された。

この記録は長らく日本の最高記温記録となっていたが、2007年8月16日に熊谷市と多治見市で40.9℃を観測し、74年ぶりに記録が更新された。
関聯記念日 •日本最低気温の日 <1月25日>

○かき氷の日

日本かき氷協会が制定。

七(な)2(ツー)五(ご)でかき氷のかつての名前「なつごおり」(夏氷)の語呂合せと、この日に日本の最高気温が記録されたことから。

○知覚過敏の日

知覚過敏症用歯磨剤「シュミテクト」を製造販売するグラクソ・スミスクラインが制定。

この日が「かき氷の日」であり、知覚過敏だとかき氷などの冷たい物が歯にしみることから。

○うま味調味料の日

日本うま味調味料協会が制定。

1908年のこの日、化学者で東京帝国理科大学(現在の東京大学理学部)教授の池田菊苗博士が、「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得した。

博士は、昆布の「うま味」成分の研究により、「うま味」の主成分がアミノ酸の一種であるグルタミン酸であることをつきとめ、その製造法の特許をとった。この発明は翌年に鈴木製薬所(現在の味の素株式会社)により工業化され、新調味料は「味の素」と名附けられた。
関聯サイト •日本うま味調味料協会 http://www.umamikyo.gr.jp

○はんだ付けの日

滋賀県東近江市のNPO法人・日本はんだ付け協会が制定。

はんだが7種類の元素からできていることと、はんだ付けに最適な温度が250℃であることから。
関聯サイト •日本はんだ付け協会 http://www.handa-npo.com

○体外受精の日

1978年のこの日、イギリス・マンチェスターの北東のオールダム総合病院で世界初の体外受精児(試験管ベビー)が誕生した。

○日本住宅公団発足記念日

1955年のこの日、日本住宅公団(現 都市再生機構)が発足した。

▽共和国記念日 [チュニジア]

1957年のこの日、その前年にフランスから独立したチュニジア王国が、王制を廃止して共和国に移行した。

※甘露忌,不死男忌

俳人・秋元不死男[あきもとふじお]の1977年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 秋元不死男

◎ 今日の格言: 石の上にも三年
〔冷たい石の上でも三年も居れば暖かになるという意から〕辛抱していれば、やがては成功するものだ。 がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

※ 昨日、午前、地域の社会福祉協議会に、午後2時~ 日赤東京都支部 7月豪雨へ募金が出来た。九州、東北地方、新潟、北陸地方、日本の米どころ、穀倉地帯への豪雨被害が大変だ。みんなで応援し、元気づけてあげたい。午後からの会議で、自分でもまだまだ何かのお役に立てるという有用感を覚えた。

※ 昨日、国会での答弁を聞いていても、まだすっきりしない部分もあった。今日は、どうか・・・。

※ 今日、午前10時~11時半 日赤本社ボランティアガイド 東京・目黒区の赤十字奉仕団の皆さん30名をご案内する。目黒は、今から53年前、上京して、大学の寮でのスタートしたところ、50年も経つと、JRの目黒駅もだいぶ変わったね、おっとと、目黒駅は品川区だったんだね。しっかり、頑張って来よう。

※ 今日は、土用丑の日、ウナギを食べようと言ったら、かみさん、地方のウナギが美味しいというので、今日はお口には、入らなそうだ。ああ、ウナギよウナギ、今日はするりと逃げられそうだ。
[ 2017/07/25 06:17 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

7 月 24 日 (月)

○劇画の日

1964(昭和39)年のこの日、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊した。

白土三平の『カムイ伝』を始め、水木しげる、つげ義春等が登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になった。

□地蔵盆,地蔵会[じぞうえ]

子供たちが地蔵に花などを供えて祀る。地域によっては月後れの8月24日に行われる。

毎月24日は地蔵菩薩の縁日であり、その中で7月15日のお盆に近い7月24日に行われる。地蔵が子供の守り神とされることから、地域の子供達が中心となって行われる。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 地蔵盆

※河童忌,我鬼忌,龍之介忌

1927年のこの日、小説家の芥川龍之介[あくたがわりゅうのすけ]が多量の睡眠薬を飲んで自殺した。代表作の『河童』から、「河童忌」と名附けられた。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 芥川龍之介

※大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。

毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。

◎ 今日の格言: 転ばぬ先の杖
前もって用心していれば失敗することはないというたとえ。

※ 昨日の午前は、いつもより気温は低目、湿度は高かったが、気になっていた草ぼうぼうの花壇の除草を、一人で汗びっしょりになって、きれいにした。週末には、また苗を植えよう。かみさんの色のコンビネーションがよいので、いつもとてもきれいな花壇になり、皆さんにも喜んでもらえる。

※ 午後、新浦安駅で、「大人の休日倶楽部」を使って、8月の大月までの特急券往復を購入した。30%割引は、大きかった。秋には、どこかへ旅をしたくなった。かみさんの、買い物を手伝った。

※ 夕方、都退公連千葉支部の手紙6通を準備した。夕食は、かみさんが実にうまい天ぷらを料理してくれた。夕食後、またも汗びっしょりになって、書類の整理に励んだ。

※ 大相撲 横綱白鳳が優勝した。名古屋のみなさん、サンキューは、どうか・・・。9月場所、全員、元気な活躍をみたい。

※ 今日、午後2時から、日赤東京都支部活性化委員会。
[ 2017/07/24 04:48 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

7 月 23 日 (土) MY GARDEN

DSCF7603_NEW.jpg

※ 2017年の大暑は、7月23日です。または、7月23日から立秋(2017年の立秋は8月7日です。)までの期間を、大暑と呼ぶ場合もあります。

大暑の時期に食べる食べ物は?なぜその食べ物を食べるの?
大暑の日に、食堂に入るとてんぷら定食が一押しメニューになっていたり、スーパーでてんぷらが安く売られているのを目にしたことはないでしょうか。

実は、大暑の日はてんぷらの日として、土用の丑の日、8月29日の焼肉の日と並んで「夏バテ防止三大食べ物記念日」とされています。

どうして天ぷらかなのかと言うと、「暑さに負けないように、栄養豊富なてんぷらを食べて夏を乗り切ろう」という意味があるそうです。それも、そうですが。、暑い日に、天ぷらを揚げるのは、本当に大変ですね。

また、大暑を始めとした夏の暑さに打ち勝つためには、「う」のつく食べ物を摂るとよいとも言われています。

具体的に挙げると、うなぎ、梅干し、うどん  なのだそうです。

うなぎには夏バテ防止効果があるビタミンB1やビタミンAが豊富に含まれていますし、梅干しは疲労回復に役立つクエン酸が効果は発揮してくれます。今年の土用丑の日(2017年の日にちは、 7月25日(火)と8月6日(日)です。)は、久しぶりにウナギを食べようか。

大暑のまとめ 大暑の日に、てんぷらを食べる習慣というのは、土用の丑の日や焼肉の日のように、広まっているとは言い切れないえすよね。よし、今日は、街に出る、ついでに総菜屋さんで、天ぷらを買って来よう。

しかし、今回この記事で大暑はてんぷらの日だと知った方が、毎年てんぷらを食べるようになったら、数年後には定着しているかも知れません。

是非、暑い夏はスタミナのある物を食べて、夏バテにならないように気を付けましょう。

○米騒動の日

1918(大正7)年のこの日、富山県魚津の漁家の主婦たちが米の県外移出を阻止する集団行動を起こし、全国にまで広がった米騒動の始りとなった。

米の需要拡大に生産が追いつかなかったことや、米の輸入が自由化されなかったこと等により米価が急騰した。また、民本主義の普及に伴って反政府的気分が高騰し、異常な米価の高騰をきっかけに全国的な騒動が激発した。

魚津の運動を皮切りに富山湾沿岸一帯で米価引き下げ・困窮者救済の要求運動が発生した。これが新聞で報道されると、8月10日に名古屋と京都で大騒動が起こるなど全国に波及し、騒動は9月17日まで続いた。警察だけでは鎮圧できずに軍隊まで投入され、30人の死者と多数の負傷者を出した。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 1918年米騒動

○文月ふみの日

郵政省(現在の日本郵政グループ)が1979(昭和54)年から実施。

毎月23日は「ふ(2)み(3)」の語呂合せから「ふみの日」となっているが、7月の旧称が「文月」であることから、特別に「文月ふみの日」としてさまざまなイベントを実施している。
関聯記念日 •ふみの日 <毎月23日>

○カシスの日

日本カシス協会が2006(平成18)年に制定。

この日が大暑になることが多いことから。
関聯サイト •日本カシス協会 http://j-cassis.jp

※カシスということばを、初めて知った。子どもの頃から馴染んでいた「すぐり」のようなもの、だった。

カシスって何語?日本語では黒房すぐり、フランス語でカシス。

「カシス」はフランス語で、ほかに「カシシェ」、「グロイゼイエ・ノワール」とも呼ばれています。日本でも最近はカシスという呼び名が一般的ですが、古くは「クロフサスグリ」または「クロスグリ」と呼ばれていました。

英語ではフサスグリ全般を「カラント」と呼びます。カシスは果実の色が濃い紫色でほとんど黒に見えることから「ブラックカラント」と呼ばれており、その他に赤い実の「レッドカラント」、白い実の「ホワイトカラント」があります。

▽革命記念日 [エジプト]

1952年のこの日、自由将校団がクーデター(エジプト革命)を起こした。

翌年、最後の国王フアード2世が廃位され、エジプトは共和制に移行した。

▽ルネッサンス・デー [オマーン]

1970年のこの日、オマーンの王太子カーブース(現国王)がクーデターを起こして父王サイードを追放し、自ら王位に就いた。

◎ 今日の格言:  聞くは一時の恥聞かぬは末代の恥
知らないことを聞くのは、その場では恥ずかしい思いをするが、聞かないで知らないまま過ごすと、一生恥ずかしい思いをしなければならないということ。問うは一旦の恥、問わぬは末代の恥。

※ 昨日の午後、暑いところ、千葉県在住の遠方からも都内で勤めた方々約10名程が、我が団地の会議室をかりて会議を無事に終えた。かみさんも、側面から冷たい麦茶、冷やしタオル、水ようかんなどを用意してくれ、皆さんからとても喜ばれた。こういうことは、自分だけではとても手が回らない。私は、会場設定、皆さん初めてのところなので、バス停までの送迎などで手がいっぱいだった。7月の大きな行事のひとつを無事に終えて、夕方、どっと疲れが出たが、よかった。年に一度、会場がなかなか取れないというので、皆さんがよければまあいいかと思う。

※ 今日は昨日の事務整理と、今日は曇りで午前中の涼しいうちに、花壇の除草をしよう。

※ 今日は、8月22日㈫に、山梨県大月のリニアモーターカー試乗の、往復特急券を購入して来よう。

※ 大相撲 白鳳が1敗でトップ、2敗で碧山が追う。今日、千秋楽。関脇高安 横綱稀勢の里、宇良・・・怪我を治して、しっかり復帰してほしい。

※ 東北地方の水害が心配になってきた。

※ 7月最終の週となった。今週の主な予定 24日(月)2時~ 東新宿 日赤東京都支部 青少年赤十字活性化委員会 僅かでも、九州地方の水害の支援をしよう。テレビを観てると、涙が出そうだ。自分だったら、本当に立ち直れるだろうか。 25日(火)10時~ 日赤本社ボランティアガイド 目黒区の皆さん しっかり予習をしよう。 26日(水)地域の環境ボランティア 汗を流そう。27日(木)午後1時半 文京区湯島へ 都退公連 2校ゲラ校正入稿 夕方 浅草演芸ホールの寄席へ 28日(金)午後1時半 文京区湯島 都退公連 懇談会 29日(土)可能であれば、かみさんと先輩と、鎌ヶ谷 森本画伯の個展へ 31日㈪までの3日間のうちに行こう。 29日から、故郷の相馬野馬追、常磐線が全線通過したら、一度は行こう!8月のスケジュールも、考えておこう。8月は、数回、大学へ行く予定が入っている、もうひとつはボストン美術館展示へいつ行こうか。

サルスベリ
DSCF7606_NEW.jpg

DSCF7611_NEW.jpg

ホトトギス 今、一輪  今年は、沢山咲くだろう!
DSCF7613_NEW.jpg
[ 2017/07/23 07:21 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

7 月 22 日 (土)

芙蓉
DSCF7602_NEW.jpg

明日、2017年7月23日は七十二候の桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)です。

2017年7月23日からは七十二候の一つ『桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)』です。 
桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)とは、桐が花を咲かせる頃。桐は伝統的に神聖な木とされ、生活の中での家具だけでなく、室町幕府では小判に刻印され、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であります。現在も日本国政府の紋章として使用されています。

●季節の言葉 花火
●季節の魚介 うに (旬は初夏) 
●季節の野菜 きゅうり 
●季節の草花 桐の花   
●季節の味覚 そうめん

桐について,WEBで調べて見ると、実に奥が深いことがわかった。
今日、7月22日は二十四節気の「大暑」。一年のうちで最も暑い季節であり、土用のうなぎ、風鈴、花火、蝉時雨と、この時期は風物詩が目白押しです。大暑は二十四節気の折り返しに当たり、これが終れば立秋。

日本には春夏秋冬の四季だけでなく、二十四の気という季節、七十二もの候という季節があり、旧暦をもとに暮らしていた時代には、人はそうした季節の移ろいを、こまやかに感じとって生活していました。

「桐始結花」は七十二候の三十四番目で、とうしけっか、訓読みでは、きりはじめてはなをむすぶ。涼やかに澄んだ、なんと美しい言葉の響きであろうかと思う。桐が実を結ぶころであり、季節は晩夏。


日本国政府ならびに内閣総理大臣には紋があり、それが桐であると意識している人は案外と少ない。首相会見の演台の前にある「五七の桐」には、実は日本の歴史が息づいている。

「五七の桐」は今から1200年以上前、平安京に遷都した桓武天皇の二男である嵯峨天皇によって創案。古来から、聖天子の時代が来るとその瑞兆として鳳凰が現れると伝えられており、鳳凰は桐の木に宿り、竹の実をついばむとされている。すなわち桐は聖天子の象徴であるため、この故事を愛でた嵯峨天皇は、桐花をモチーフにしてこの紋章を作ったと。自らを聖天子と誇示するあたり、なかなか鼻持ちならない。

一方、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、後鳥羽上皇が菊を愛で、衣服や調度品などに菊紋を付けていたと。晩秋にりんと花弁を持ち上げて咲く菊は、その姿から高貴な花とされていた。続いて、後深草天皇、亀山天皇、後宇多天皇の3代の天皇も菊紋を用いたという。これによって、菊紋が天皇家の正紋とされ、桐花紋は副紋とされる。

日本国のパスポートにも、表紙には菊の紋、写真のページには桐花紋が使用されている。確かに、そうだった!なぜ、そうなのか、考えずに使って来た、やはり恥ずかしい。

さらにこの桐花紋は、天皇家に功績のあった臣下に下賜されることがあった。そのメンバーは足利尊氏、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。尊氏はすでに足利家としての家紋があったので、これを室町幕府の紋として使用。五七の桐を一番欲したのは秀吉で、彼は五七の桐をアレンジして太閤桐をも作っている。家康は桐花紋を下賜されることを断る。徳川家はご存知、葵紋。水戸黄門の印籠も、暴れん坊将軍の刀も三つ葉葵である。

時代は明治になり、1869年の太政官布告で菊紋の使用は皇室関係に制限される。そこで日本政府の紋章として、菊紋に次いで格が高い「五七の桐」が使われるようになった。

貸衣装の黒留袖には桐の紋が染められている。これは「五三の桐」で、日本国政府のエンブレム「五七の桐」よりは格下となる。

桐の木は娘の年と同い年」  女の子が生まれた年に植えた桐は、嫁ぐ頃に箪笥材が採れるほど成長が早い。

「琴になり下駄になるのも桐の運」  桐材が、大切にされる琴になる一方で、足に履かれ捨てられる下駄になることもあって、人生の運、不運になぞらえたもの。

清少納言の「枕草子」に、桐をたいそう讃えたものがあったはずと調べてみれば、三十七段「木の花は」の一節。

「桐の木の花、紫に咲きたるはなほをかしきに、葉の広ごりざまぞ、うたてこちたけれど、異木(ことき)どもとひとしう言ふべきにあらず。唐土にことごとしき名つきたる鳥の、えりてこれのみゐるらむ。いみじう心ことなり。まいて琴に作りて、さまざまなる音の出で来るなどは、をかしなど世の常に言ふべくやはある。いみじうこそめでたけれ」

「桐の花が、紫に咲いているのは、やはり美しく、葉の広がりかただけは いやな感じがするけれども、また、他の木などと同列に並べて論ずべきではない。 中国では、おおげさな名前がついた鳥‐鳳凰-が、選んでこの木に栖むというのは、格別な感じがする。まして桐を琴に使って、そこからさまざまな音色が出てくることなどは、おもしろいなどと、世間並みの ことばで言えようか。たいそうすばらしいものである」

  窓外に桐花すぎゆく会津かな

○下駄の日

全国木製はきもの業組合連合会が制定。

7は下駄の寸法を表わすのに「七寸七分」というように7がよく使われることから。22は下駄の跡が「二二」に見えることから。
関聯記念日 •下駄の日 <11月11日>

○著作権制度の日

1899年のこの日、日本で「著作権法」が制定され、著作権制度が創設された。

それ以前から「版権法」により書籍についてのみ著作権の制度があったが、「著作権法」により全ての著作物についての著作権の制度が創設された。

○ナッツの日

日本ナッツ協会が1996年12月に制定。

七(な)2(ツー)2(ツー)で「ナッツ」の語呂合せ。
関聯サイト •日本ナッツ協会 http://www.jna-nut.com
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - ナッツの日

○円周率近似値の日

ヨーロッパでは7月22日を22/7のように表現し、これを分数(7分の22)とみなすと、アルキメデスが求めた円周率の近似値22/7になることから。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 円周率の日
関聯記念日 •円周率の日 <3月14日>

▽革命記念日 [ガンビア]

1994年のこの日、ヤヒヤ・ジャメ中尉が無血クーデターを起こし、1970年以来長期にわたり政権を握っていたダウダ・ジャワラ大統領が退陣・亡命した。

◎ 今日の格言: 急がば回れ
早く着こうと思うなら、危険な近道より遠くても安全確実な方法をとったほうが早く目的を達することができるというたとえ。

※ 昨日の午前中のボウリング、3人とも、ひさしぶりで調子が悪かった。午後、団地内の花を見て廻ったが、今は、サルスベリくらいだ。芙蓉が、咲き始めた。

※ 横綱白鳳、最多の1058勝! 2001年から、97場所、16年2か月かけての大記録。50年や100年に出るか出ないかの記録だという。

※ 今日、都退公連千葉支部の役員の皆さんが、午後2時にこちらに集まっての会議、暑い中を皆さん、ご苦労様です。出来るだけの応援をしよう。


サルスベリ
DSCF7597_NEW.jpg

DSCF7599_NEW.jpg

[ 2017/07/22 06:07 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

7 月 21 日 (金)

○神前結婚記念日

1900年のこの日、東京の神宮奉斎会本院(現在の東京大神宮)が神前結婚式のPRを始めた。

それまでは結婚式は家庭で行うのが普通だった。この年の5月10日に「皇室御婚令」が発布され、皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が初めて宮中賢所大前で行われた。このことにより、国民の間に神前での結婚式をしたいという気運が高まった。

それを受けて日比谷大神宮は、神前結婚式を世に広める為に、新聞記者や大臣等を招いて模擬結婚式を行うなどPR活動を行った。現在の神前結婚式の原型は日比谷大神宮の宮司が、宮中婚礼を参考にして作ったものであると言われている。
関聯サイト •東京大神宮 http://www.tokyodaijingu.or.jp

○破防法公布記念日,公安調査庁設置記念日

1952年のこの日、「破壊活動防止法(破防法)」が公布・施行され、同時に公安調査庁が設置された。
関聯サイト •公安調査庁 http://www.moj.go.jp/KOUAN/kouan.htm

○自然公園の日

1957年のこの日、「自然公園法」が制定された。

○日本三景の日

日本三景観光連絡協議会が制定。

『日本国事跡考』で松島・天橋立・宮島が日本三景として絶賛した林鵞峰の1618(元和4)年の誕生日。

▽独立記念日 [ベルギー]

1931年のこの日、前年にオランダからの独立を宣言したベルギーで、初代国王レオポルド1世が即位した。

▽解放記念日 [グアム]

1944年のこの日、日本占領下のグアム島にアメリカ軍が上陸し、グアムの戦いが始まった。両軍で約2万人の死者を出して8月11日に米軍が全島を占領した。

◎ 今日の格言:   情けは人の為ならず
人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。誤って、親切にするのはその人のためにならないの意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と、
「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。

  平成12年度調査                平成22年度調査
人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる
(本来の意味とされる) 47.2パーセント     45.8パーセント
人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない
(本来の意味ではない) 48.7パーセント     45.7パーセント

※ 日本語をしっかり押さえないと、勘違いしそうだ。

※ 昨日、大学で、最初に担当したのが、なんと幼稚園を専攻された皆さん、どれだけお役に立てたか、心もとなく、自分でも申し訳ない気持ち、幼児教育はまた重要だ。8月に専門の方のご指導があるそうで、何とか救われた。後半の学生諸君には、しっかり応援が出来た。これで、6月と今月の大学での担当を終えた。8月にまた、数回、大学へ行くので、しっかり応援をやって来よう。

※ 昨晩、OFFICE2013のアンインストールをし、再インストールに成功した。プレインストールなので、プロダクトキーの入力だけで間に合った。ただし、インターネットの速度が遅いためインストールに1時間以上も要した。結果、すべてオーライなので、11時過ぎまでかかってしまったが、ほっとした。

※ 大相撲 横綱白鳳、全勝トップタイ記録に。最近の白鳳の勝ち方が、横綱としての品格にどうかと気になる。やはり勝てばよいのではなく、どういう勝ち方か、さすが横綱だという勝ち方になってもらいたい。

※ 最近の政治をニュースを観ていて、ますますもやもやが増すばかりだ。加計学院問題、防衛相問題、すっきりしないと、政治が混迷しそうだ。経済もしっかり立て直してもらいたい。

※ 今日は、朝、9時に西船橋のボウリング場へ、先輩たちと月1回のボウリングを久しぶりに楽しんで来よう。
[ 2017/07/21 05:34 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]