12/20(金)カウントダウン 残り12日 スカイツリーへ初登頂!

 先日、東京の名所、東京スカイツリーへ初めて登った。「スカイツリーが完成して1年、ついに登頂を実現!感想は、「天にも昇る如く一番高いところから自分の歩いてきた我が人生を鳥瞰図を観ているように眺めた。もう思い残すことは何もなく、いつ死んでもいい。」という気分です。次に来るときは、花見か花火か、花のある時に来たい。そして、ソラマチの水族館等も観てみたい!」とDBに紹介したので、どうぞご覧ください。

 昨日は、無事に、原稿を印刷屋へ渡して、ほっとしている。渡す直前まで、何度も何度も原稿を読み直し手入れした。まるで、受験生が、テスト直前の勉強をしているみたいに、・・・テスト後に推敲をしているみたいに、・・・出来るだけの努力をしたので自己評価は98%くらいと思う。来年、2回発行があるが、もっともっと力を入れたい!1月に6500人以上の読者が、どういう評価をするかが楽しみである・・・同時に怖い!

 今日は、会議と忘年会、先輩が「ご苦労さん!いっぱい飲ませるからね。」と言って労ってくれた。今日の酒は、きっと気分よく飲めるし、うまい酒だろう!ところが、かみさん何でもお見通し、今日は呑みすぎないでね!ここんとこ毎日だから、ハイ、ハイの返事を返しつつ・・・おそらく出かけるまで言われっぱなしだろう・・・今日は、東天紅の紹興酒がさぞうまいだろう、と思いつつ・・・一人微笑む・・・


line

11/24(日) 錦に染まる富士山麓 紅葉の忍野八海から河口湖へ

 八ヶ岳山麓にお住いの asgmi さんの素晴らしい作品のアップを快く、ご了解いただきました。
 忍野八海、河口湖方面は、とても懐かしいところ、多い時は、仕事で年に10回くらいは行きましたね。今も、昔も変わらない。紅葉のこの時期の光景は、初めてです。

 Ms Bell Cricket,she is very well.Thank you!

line

10/25(金) 奥利根・紅葉紀行

 10/24(木)~10/25(金)奥利根へ紅葉を観に行ってきた。今年は、秋に紅葉を観に行くことをとても楽しみにしていた。夕日に映える全山紅葉、湖や清流に映る紅葉、・・・。ところが台風が心配だった。おまけに急に二日前から左足が痛くなり、やっとの思いで、行ってきました。行く前は、あまり紅葉が観れないのではと、意気消沈気味でした。温泉にだけ、行こうと思っていた。でも、雨もさして影響なく、ほぼ思い描くに近く、奥利根の紅葉を楽しむことが出来た。宿舎のホテルは、みなシニアの方々、小生もその一人。思えば、やっと平日に、紅葉を楽しむことのできる幸せを感じることができるように、なった。ある意味で大変有難いことと、思う。日本という国、その四季はとても美しい。また、人々もとても穏やかで、思いやりがあると、思う。私たちの国、国民は、世界中を見ても、とても誇れる国だと思う。日本人ももっと自信をもっていい。水上でも、オーストラリアから、日本が大好きで何度も訪日している旅行者に、いろいろとガイドのお手伝いをして、そう思った。彼らは、日本のよさと素晴らしさを求めて旅をしている。向こうから、挨拶してくる。


line

10/21(月)  深大寺から日本橋へ

 台風26号で、大島ではたくさんの方がお亡くなりになり、大きな被害が出ている。台風27号が追い打ちをかけるように北上しており、雨がまた降り始めている。大勢の人が避難をはじめている。まだ行方安否の捜索を続けている。大きな支援が必要だ。

 秋が深まってきている。朝夕は気温が、低くなってきた。我が家の鈴虫君(さん?)数日前からただ一匹、静かに、静かに、今日も生きている。真夏に、あんなに元気で、癒してくれた。とてもご長寿、大事に飼育している。秋の虫の声も、あまり聴けなくなってきた。10日余りで、11月。

 10/17に撮影した画像、今回で最終のアップをします。どうぞご覧ください。東京から、1時間くらいのところに、このようないこいのエリアがあります。

line

9/12(木) 7月 Fukushima 復興支援

 7月2日~3日、東京都退職公務員連盟・研修、今年度は福島復興支援で、「会津・いわき市方面」へ行った。
たくさん撮影したが、個人情報保護の観点から、人々お顔などは敢えてアップしません。福島は、たとえ50年・100年かかろうが立派に復興しなければならないと、強く思う。それにつけ、もっともっと大きな力が必要だ!


25.72~3 研修旅行(福島県:会津・いわき市方面) - slideshows
line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line