天に星 地に花 人に愛

 6/13(木) 手紙~15の君へ~ アンジェラ・アキ

 

PageTop

6/12(木) 今日の花散歩

 6/11から雨模様の梅雨となった。台風は、90度方向転換して、関東への上陸はなくなった。雨の合間に、近所を花散歩・・・6月中旬となって、紫陽花はほぼ満開となり、ユリが見頃となった。レッドロビンに毛虫が発生し、一昨日、薬剤散布したようである。
 
 ユリ

ユリ

ユリ

ユリ

ユリ

ユリ

ヒメシャラ

ディゴ

柏葉紫陽花

紫陽花

紫陽花

紫陽花



紫陽花

紫陽花

紫陽花




 

PageTop

 6/13(木) USA FOR AFRICA - We Are The World

 

PageTop

6/12  " Time to Say Goodbye " Jackie Evancho & Sarah Brightman

PageTop

6/12(水) “THE POWER OF LOVE”  Celine Dion

  
  

PageTop

6/11(火)  " SAILING ”  ROD STEWART


  

PageTop

6/11(火) “We Shall Overcome”  by JOAN BAEYZ

 

PageTop

6/11(火) 忘れぬ言葉 & 花は咲く * 布施明 錦織健 川井郁子 幸田浩子

2011年3月 気仙沼市立中学校・卒業式 3年生の答辞のことば

「 天を恨まず 運命に堪え 強くいきます ! 」と誓うことばに胸が震えた。
 あの子達も今年もう高校3年生になった。応援したい・・・この秋、会えるか・・・
 

  

PageTop

6/10  You've Got a Friend.

Carol King




James Taylor

PageTop

6/10(月) 時の記念日 今日の花散歩

 デイゴの花が咲いた。合歓の木にも花芽がついた。夏が一歩づつ近づいている。紫陽花は、八分咲きになってきた。

ビヨウヤナギ

あじさい

合歓の木 

柏葉紫陽花

紫陽花

紫陽花

紫陽花

s-2013_0610_095636-DSCF0455.jpg

ハイビスカス

トレニア

紫陽花

紫陽花

紫陽花

デイゴ

PageTop

6/10(月) 今日の名曲  BILLY JOEL ”MY LIFE”

PageTop

6/9(日) 渋谷の広報担当のおまわりさんについて

 その後、新聞・テレビでいわゆるDJポリスとして、大きなニュースになっている。彼は、あのことばを自分で考えたそうだ。職務に専念し、職責を果たす熱い思いから、彼はあのように誘導したのだろう。今朝のTBS「サンデーモーニング」では、あっぱれ!と、夕べの7時のNHKニュースでも取り上げられた。わかもの達の心を掴む言葉の力はたいしたものだ。いろいろ意見はあるだろうが、警視総監賞をいただくようだ。彼は、職務に支障が出るので、と、一切、取材には応じていない。私も、若いおまわりさんに大きな拍手を贈りたい。

PageTop

6/9(日) 今日の名曲



HEY JUDE

Hey Jude, don't make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

Hey Jude, don't be afraid
You were made to go out and get her
The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better

And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
Don't carry the world upon your shoulders
For well you know that it's a fool who plays it cool
By making his world a little colder
Nah nah nah nah nah nah nah nah nah

Hey Jude, don't let me down
You have found her, now go and get her
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

So let it out and let it in, hey Jude, begin
You're waiting for someone to perform with
And don't you know that it's just you, hey Jude, you'll do
The movement you need is on your shoulder
Nah nah nah nah nah nah nah nah nah yeah

Hey Jude, don't make it bad

http://www7a.biglobe.ne.jp/~frommybeatles/heijyu-do.htm
 ビートルズもこの歌がチェコでこんな数奇な道を辿っているとは想像すらしなかった。ジュリアンを励ます歌が、ジョンは自分を励ますために作られた曲だと思っていたと述懐しています。恐らく、「悲しい歌を歌って、それをよくしていこう」というフレーズが多くの人を勇気付けたのではないでしょうか。マルタも「ヘイ・ジュード」のメロディに乗せて、チェコの人々を鼓舞しようとしました。歌にはこんなにも素晴らしいパワーがあることを誇らしく思います。「プラハの春」、仲間達とどんな抵抗を繰り広げて、血を流さずにチェコの民主化を勝ち取っていったのか?マルタの「ヘイ・ジュード」がどうして革命のシンボル曲となっていったのか?

PageTop

6/8(土) 今日の名曲 GREATEST LOVE OF ALL



GREATEST LOVE OF ALL

作曲:Michael Masser/Linda Creed
作詞:Michael Masser/Linda Creed

I believe that children are our
future.
Teach them well and let them
lead the way.
Show them all the beauty they
possess inside.
Give them a sense of pride, to
make it easier.
Let the children's laughter,
remind us how we used to be.
Everybody's searching for a hero,
People need someone to look up
to.
I never found anyone who fulfilled
my need.
A lonely place to be.
And so I've learned to depend on
me.

I decided long ago
Never to walk in anyone's
shadow.
If I fail, if I succeed,
At least I will live as I believe.
No matter what they take from
me.
They can't take away my dignity.

Chorus:
Because the greatest love of all
Is happening to me.
I found the greatest love of all
Inside of me.
The greatest love of all
Is easy to achieve.
Learning to love yourself

PageTop

6/8(土) 今日の花散歩

s-2013_0608_110500-DSCF0442.jpg

s-2013_0608_093706-DSCF0430.jpg

s-2013_0608_094243-DSCF0431.jpg

s-2013_0608_094301-DSCF0432.jpg

s-2013_0608_094412-DSCF0436.jpg

s-2013_0608_094355-DSCF0434.jpg

s-2013_0608_091650-DSCF0418.jpg

s-2013_0608_091751-DSCF0420.jpg

s-2013_0608_095854-DSCF0441.jpg

s-2013_0608_110500-DSCF0442.jpg

s-2013_0608_092246-DSCF0424.jpg

s-2013_0608_093413-DSCF0428.jpg

s-2013_0608_091336-DSCF0413.jpg


s-2013_0608_091403-DSCF0415.jpg

s-2013_0608_091343-DSCF0414.<br /><br /><br /><a href=s-2013_0608_091440-DSCF0416.jpg

s-2013_0608_091452-DSCF0417.jpg

s-2013_0608_092034-DSCF0423.jpg

PageTop

5/7(金) 驚きの最新歯科診療 ほか

 今日は、2ヶ月ぶりに歯医者さんへ行った。この歯医者さんには、お父さんの代から、親子二代にわたって大変にお世話になっている。子どもの頃からよく知っている息子さんは、もう50代になった。お父さんにも、よく診て頂いたことを思い出す。米国シカゴで、歯が痛くなり、日系四世に後100日間は大丈夫と治療してもらい、帰国してすぐ駆け込んだのも、彼のお父さん、今月、3周忌となるそうだ。合掌。
 今日もいつものように歯垢除去していただいたが、今日は特に吃驚することがあった。それは、歯垢をプレパラートにして位相差顕微鏡でみると、パソコンのディスプレイに細菌や微生物がうじゃうじゃ動いているのを見せられたことである。歯周病菌や虫歯菌などということだった。体内へも当然、毒素となって流れ、体調が悪くなると発病することもあるということを、初めて知った。これをデンタープラーク微生物画像というのだそうだ。治療によって、除菌が出来るそうで、迷惑なやっかいものだ。歯科治療がとても進化しているのに驚いた。口腔は、ばい菌が誰でもいるのだ、そうだ。

位相差顕微鏡

デスプレイ

 治療を終えてから、あじさいで有名な松戸市の本土寺を訪ねた。紫陽花は4分咲き程度、はなしょうぶは満開を過ぎようとしていた。18年前の秋以来、である。

境内内 滝

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ

広い はなしょうぶ栽培地

はなしょうぶ

柏葉紫陽花

はなしょうぶ 栽培地

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ

あじさい

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ 栽培地

あじさい

山門

あじさい

あじさい

PageTop

6/7(金) 小石川植物園~東京ドーム プロ野球観戦

 セパ交流戦 巨人対日ハム戦のチケットが入ったので、東京ドームへ行った。早めに着き、「野球博物館」を見学した。写真撮影ができるということは、ラッキーだった。座席指定を確保するために長蛇の列に、1時間も並んだ。その後、丸の内線で茗荷谷へ行き、「はなしょうぶ」撮影のため小石川植物園に行った。都心の真ん中に、広大な園内に巨木がたくさんあることに驚く。

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ

小石川植物園

小石川植物園

はなしょうぶ

はなしょうぶ

はなしょうぶ

プロ野球関係

東京ドーム セパ交流戦 巨人vs日ハム


王選手

金田投手

打撃の神様 川上選手

ミスタージャイアンツ

日本シリーズ 優勝トロフィー

往年の名選手

往年の名選手

国民栄誉賞 記念展示

国民栄誉賞 記念展示

Take me out to the Ball Park
[Chorus]
Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd;
Buy me some peanuts and Cracker Jack,
I don't care if I never get back.

<コーラス>
私を野球に連れてって 観客席へ連れてって
ピーナッツとクラッカージャックも買ってね
家に帰れなくったってかまわない

Let me root, root, root for the home team,
If they don't win, it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game.

さあ地元のチームを応援しましょう
勝てないなんて許せない
ワン、ツー、スリーストライクでアウト
昔なじみの試合スタイルで




PageTop

6/6(木) 今日の新聞から

 先日、アフリカ開発会議が、開催された。
 日本とザンビアとは奇縁で結ばれた国ということが掲載されていた。当時、東京に出てきたばかりで、このようなことがあったことも知らなかった。
 1964年、東京オリンピックの開催中に、「ザンビア」が独立したそうである。2週間の開会式では、イギリス保護領「北ローデシア」として入場し、閉会式では国名が異なったそうだ。
 乱舞、乱舞の閉会式では、どこかの国の選手がザンビアの騎手を肩車して祝福した、そうだ。実況のアナウンサーが、「泣いています・・・笑っています」と声をからした、という。

 「泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ・・・」 喜納 昌吉さんの名曲「花~すべての人に心の花を~」は、この日の感銘が歳月の中で発酵して生まれたのだそうだ。



 今もサハラ以南では5~17歳の4人に1人が「児童労働者」である厳しい現実も、今回の会議で報告されたそうだ。・・・・・・・すべての人に心の花を・・・。

 花という、名曲にはこのような深い背景があったことを、初めて知った。 
 一青 窈さんの名曲「ハナミズキ」は、アメリカ同時多発テロに対するプロテスト・ソングだということも、わかった。

PageTop

6/6(木) 今日の花散歩

トケイソウ

柿の実

続きを読む

PageTop

6/5(水) サッカー:12番目の選手 日本チームはルールとマナーを守るフェアプレーで有名

 昨日のサッカーの試合後の、渋谷の出来事です。20台の機動隊員のアナウンスがあった。彼をサポートする「おまわりさん」コールもあった。大きな混乱もなく、午前0時には、スクランブル交差点の規制が解除された。

 興奮の渋谷で警官呼びかけ「皆さんは12番目の選手」「日本代表は、ルールとマナーを守るフェアプレーのチームとして有名」 YOUTUBEでご覧ください。

 サッカーの日本代表がW杯出場を決めた直後、興奮した群衆が渋谷に押し寄せました。そんな中で、事故やトラブルの防止に活躍したのがある若手の機動隊員です。彼は拡声器で、若者たちの心をつかむあるメッセージを発し続けていました。
 「サポーターの皆さんは12番目の選手です。12番目の選手のみなさん、ルールとマナーを守ってフェアプレーで今日の喜びを分かち合いましょう。皆さんのご協力をお願いします」(サポーターに呼びかける機動隊員)

 興奮するサポーターに対して心情に訴えているのは警視庁の機動隊員です。4日、数百人態勢で行われた異例の厳重警備の裏側には、警視庁の機動隊員による周到な準備がありました。

 「渋谷駅の交差点を中心とした 円滑な交通を確保する。我々に課せられた任務しっかりやっていきましょう」(警視庁第九機動隊 高橋重行副隊長)

 大一番の直前、首都東京の治安を守るため、大勢の人が集まる現場の警備を担う警視庁第九機動隊本部には、数百人の隊員が集まっていました。

 渋谷のスクランブル交差点では、これまでも幾度となく興奮したサポーターが騒ぎを起こしてきました。事態を重く見た警視庁は今回、センター街を含む周囲2キロの立ち入りを制限し、スクランブル交差点を斜めに横断できないよう規制する方針をとったのです。午後9時過ぎ、試合終了直前に日本が同点に追いつくと・・・。

 「渋谷のスクランブル交差点を規制するため、警視庁の警察官がバリケードを並べています」(記者)

 そして、試合終了。サポーターが一斉にスクランブル交差点へと向かいました。青信号とともに横断歩道を行き来しハイタッチを繰り返すサポーター。機動隊員は、横断歩道から交差点にはみ出しそうになったサポーターを鎖状に手をつなぎ押し戻します。しかし、規制区域の外では・・・。

 「駅前のスクランブル交差点は警察の規制が効いていますが、そこから外れた場所では、大勢のファンが詰めかけて騒ぎとなっています」(記者)

 無法地帯となった交差点の真ん中でタクシーが立ち往生。興奮したサポーターに囲まれ、中にはボンネットの上に飛び乗る男性の姿も見えます。さらに、警察官ともみ合うなどして交番に連れていかれるサポーターの姿も。

 一方で、渋谷駅前の規制されているスクランブル交差点では・・・。

 「こんないい日におまわりさんも怒りたくありません。皆さんは12番目の選手です。日本代表はルールとマナーを守るフェアプレーのチームとして有名です。12番目の選手である皆さんルールを守って、おまわりさんからのお願いです」(サポーターに呼びかける機動隊員)

 機動隊の指揮車の上からユーモアを交え呼びかける機動隊員。交差点を走り出すサポーターに対しては・・・。

 「皆さんがそのように交通ルールを無視していると、おまわりさんからイエローカードが出るかもしれません。目の前の怖い顔をしたおまわりさん。皆さんが憎くてこういうことをやっているわけではありません。心の中では日本代表のW杯出場を喜んでいるのです。どうか皆さん、おまわりさんの言うことを聞いてください」(サポーターに呼びかける機動隊員)

 スクランブル交差点の規制は大きな混乱もなく、午前0時頃に解除されました。12番目の選手として、応援するサポーターのマナーも問われています。

PageTop

6/5(火) 私とノートパソコン

 最初に購入したコンピュータは、ノートパソコン IBMのThinkPad、1999年頃、当時はWindows95。キーボードは非常に使いやすく、小生のパソコン技術、インターネット、e-mailはすべてこれから始まった。2002年、シドニーオリンピック開催から2年後に、オーストラリア派遣の仕事が廻ってきた。今まで海外に行った時は、すべてホテルからの国際電話かFAXで料金も高かった。現地に行く前に、プロバイダーはAOLで事前に各地のアクセス・ポイント「海外ローミング」し、国際通信接続が出来るように準備した。また、FAXソフトをインストールした。これを担いで、行った。パソコンも覚え立てなので、友人達は誰もが海外から日本とうまく繋がらないだろう、と思っていた。早速、ホテルに着いて、部屋の電源(電圧変換器:プラグはオーストラリア仕様)のコンセントを探し、パソコンと通信コードをつないで、試してみた。0発信をしたと思う。行く先々でやり方があったが、バッチリ繋がった。一日ごとにホテル移動の滞在では、忙しかったが、数日間、同じホテルの滞在では楽だった。ホームスティでも使った。事務局とは、詳細な双方向通信が出来た。(友人は、豪州ワインの輸入販売をしているので、行く先々の銘柄ワインを紹介してくれた。)家庭とは、パソコンからFAX通信が出来た。当時、デジカメには不慣れで、今のように写真の送付が出来なかった。これを教育の分野で考えると、国際理解教育で大きな可能性があると思った。1 日本とオーストラリアは時差が2時間であること。2 費用がかからないこと 3 学校や子どもたちとの映像での双方向の交流がいつでも出来ること 等である。その後、職場で数年使った。2000にグレードアップして使った。2004年頃、デスクトップ、XPを購入した。次に、2009年に、ビスタを購入し、現在に至っている。ビスタサポート期限が4年後と発表されたので、壊れる前、3年後くらいに新機種導入を考えなければならない。先日、今の職場のノートパソコンに水をかぶって駄目にしたので、持っていったが、プリンタはXP以上の機種対応で使えなかった。液晶画面も1年くらい前までは大丈夫だったが、駄目になってきた。パソコンも古くなれば、役に立たずゴミになってしまう。愛着があるが仕方がない。有り難う、感謝と思い出いっぱいのパソコンを物理的に破壊してHDを取り出した。メーカー引き取り処分で3000円と少しかかる。古くても機種番号と型番は控えておくことが必要だ。あの大手メーカーのIBMがなくなり、中国メーカーのレノボに変わった。形あるものはなくなる、思えば何度となく足を運んだNYのWorld Trade Centerビル、NZのあの美しいChristchurchの大聖堂も今はない。今の時代、何が起きるかわからない。これから海外に行く時は、軽くて便利なスマートフォンや端末タブレットが役に立つ時代になった。ましてやSkypeのように無料で国際TV電話が出来る時代になった。

PageTop

6/3(月) 今日の花散歩

 梅雨の中休みか、今日も日差しがまぶしかった。紫陽花が、だんだん紫陽花らしく咲いてきた。

紫陽花

柏葉紫陽花

紫陽花

紫陽花

紫陽花

紫陽花

酔仙翁;一人娘

サボテン

s-2013_0604_161608-DSCF0369.jpg

PageTop

6/3(月) 忘れ得ぬ歴史

 今から23年前、米加豪NZに行く機会があった。シドニーの書店でカウラの歴史を偶然に発見し、早速、飛行機で飛んだ。シドニー西300kmカウラには、かつてバラックのpow(prison of war)があった。戦時中、太平洋戦争中に南方で捕虜になった日本兵約1000名が収容された。現地の冬8月の夜に、彼らは、シーツに火をつけ、収容所を焼き、スプーンやフォークを武器に大脱走を企てた。列車にひかれて死のうと線路に長時間、寝ても、列車は来なかった。彼らの目的は、敵の戦力を引き寄せて日本軍に利するためであり、戦争に勝つための脱走だった。逃げのびた者は、寒さと飢えの中、広大な平原から連れ戻された。戦後、数名が帰国し、証言した。(文藝春秋:偽名戦死の墓) 大勢がサーチライトの中、雨のような機銃掃射の銃弾を浴びた。また数名の豪州兵士が、脱走兵によって殺害された。カウラには、双方の兵士が並んで眠る墓地があった。日本兵の墓は、皆、偽名の墓石だ。確かに、浦島太郎の名前もあった。「生きて虜囚の辱めをうけず」、戦陣訓のために実名を名乗らなかった。祖国で家族が村八分にされることをおそれたからである。墓碑は、年齢は皆、二十歳前後の若者だった。墓地に立つと自然に涙が頬を伝わった。現地の人が手厚く弔い、今も、守ってくれている。そこはpow、強者どもが夢の跡、羊の群れているだけだった。墓地と日本文化センター・日本庭園の間、数百mの桜の木々もあれから50年を経て大きく成長しただろう。
 次の訪問国、NZについて調べると、やはりもうひとつの歴史があった。
 ウェリントンからバスで約2時間、くねくねと行った内陸高地フェザーストンに、戦時中、南方ニューギニア戦線の日本兵の捕虜が収容されていた。人数はそう多くはなかったようだ。現地に行ってみると、それらしきところとか、説明するような施設はなかった。看板に説明文が少々あった、と記憶している。当時、現地軍曹の捕虜に対するあまりの横柄な態度・言動に、日本兵が怒り、数名の日本兵がピストルで射殺された。軍曹は更迭され、その事件以来、捕虜に対する処遇が改善された。現地には、今も亡くなった若い日本兵士が眠っている。日本人観光客は行くことはなく、時折、海上自衛隊の船が寄港した際に訪問するくらいだという。
 その後、オーストラリアに行く機会があった。平和なシドニー湾を眺めつつ、過去に戦争という悲惨な歴史があったことを忘れることはできない。戦争は時の流れとともに世代も代わり忘れ去られようとしている。しかし、忘れてならないことは忘れてはならないと思う。

PageTop