7/31(水) 今日の花散歩

 今日も、アゲハチョウに会えた。嬉しかった。アメリカ芙蓉という、花を覚えた。大きな花だ。7月は、今日で終わり、とっても充実した7月だった。
 明日は、湯島で10時30分から会議、その前に、不忍池で蓮が見頃なので、たくさんの写真を撮りたい。

今日も、アゲハチョウに会った!

朝顔

s-2013_0731_064015-IMG_1264.jpg

百日草

百日草

百日草

百日草

アメリカ芙蓉

アメリカ芙蓉

向日葵

葉けいとう

s-2013_0731_065232-IMG_1276.jpg

s-2013_0731_064832-IMG_1275.jpg

s-2013_0731_064826-IMG_1274.jpg
芙蓉

s-2013_0731_063722-IMG_1260.jpg

s-2013_0731_063704-IMG_1259.jpg
line

7/30(火) コンサートで感銘!

 7/29(月)午後7時開演 サントリーホールで、久しぶりに本物の音楽に触れた。先日、親しい友人が、チケットを、家内の分と併せ2枚送ってくれた。こういう演奏会に行く機会は、数年ぶりで、我が国でも一流のコンサートホールで本物の演奏を聴けたので、とても有り難かった。

 指揮者と演奏、曲目は、以下の通りだった。
 チョン・ミョンフン 芸術監督/指揮 アジア・フィルハーモニー管弦楽団2013 ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲 ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より 前奏曲と「愛の死」 ブラームス:交響曲第4番
 演奏のレベルも、とても高く、久々にいろいろなことを思い出したり、考えさせられた。

 1 若い時、学生時代にクラシックの名曲に魅せられた時のことを思い出し、名曲に引き込まれると、生きてい  ることの喜びと幸せを感じた。
 2 タンホイザーとブラームスの4番は、好きな楽曲だったので、今年、とっても感銘を受け、感動した一日と  なった。
 3 ワーグナーは、今年生誕200年で、バイロイトをはじめ全世界でいろいろと催されている。ワーグナー  は、強烈な印象で、もの凄いエネルギーを感じた。個人的には彼の音楽性は好きだが、世界的には評価が両極  端に分かれるようだ。ナチスが、彼の音楽を利用したためだ。
 4 ブラームスの4番は、彼が50代に作曲した最後の交響曲だ。自分の人生にも併せると、人生の晩年、秋を 感じさせられた。彼は、どういう思いで、この曲を作曲したのだろうか。これまでの1~3番と比べると、いろ いろと苦しい時もあったが、乗り越えてこられたこと、今、円熟の境地に達したことなどを思い出された。
 5 指揮者チョン・ミョンフンさんについて 非常に素晴らしい指揮者だ。小沢征爾さんに次ぐくらいの世界的 指揮者だ。彼も、きっと貧しい学生時代、音楽を志し、ここまできたのだろう。苦労をしてきたからこそ、音楽 を通じて人々への深い愛情がもてるのだろう。オーケストラの指揮者というのは、やはり、リーダーシップだと 思った。
 6 今回のオーケストラについて、指揮者を全面的に信頼して、各パートが率先して、かつ同時に美しいハーモ  ニーになって、響くところが凄かった。指揮者もオーケストラのメンバーも、アジアの優秀な人々が活躍して  いるのが嬉しかった。チラシに、特定非営利活動法人「友情の架け橋音楽国際親善協会」があった。とても、  素晴らしいことだ。
   私の穿った見方だが、かつて、ワーグナーとブラームスは、そりが会わず、一緒になることを避け、同席す  ることはなかったそうだ。このような天才達でさえ、表面的に妥協したり、調子を合わせることはなかった、  ということが面白い。このことも、よくご存知の指揮者チョン・ミョンフンさんは、敢えて「友情の架け橋」  挑戦して、曲目を選んだとしたら、大変興味深い。ご本人にお聞きしてみたい、と思う。
 7 第一バイオリン コンサートマスター 樫本 大進 さんの存在も、とても大きかった、と思う。

 演奏会後、満席の聴衆の拍手が鳴りやまなかった。私も、久しぶりに、上質の本物の音楽に酔った。また、いつ か、また、聴きに行きたいと思った。本物の芸術に出会うことは、生きる力と勇気を与え、生きる喜び、幸せだ と、思う。
 
  ご紹介をいただいたお友達、そして指揮者及び一生懸命演奏をしてくれた皆さんに、心から感謝します。
 本当に、有り難うございました!
line

7/28(日) 今日、最も感動したこと、そして、・・・

 今日の午後、花散歩をした。最初に、玄関入口横の花壇のダリアを楽しみに出た途端、花が折られていた。ショックでしばらく動けなかった。球根から育て、大きな大輪の花を咲かせる寸前だった。茎からへし折られていた。誰が、なぜやったのだろう? よく考えると、昨晩7時半過ぎに、猛烈な雷雨と突風が吹いた。隅田川も浦安も花火大会が途中、中止となった。自然には勝てない。がっかりしながら、散歩した。蒸し暑く、晴れていたが、これと言って、特別な花はなかった。だから撮影の枚数も少なかった。もう帰ろうと思った、その時、綺麗な蝶がひらひらと舞っていた。きっと、花にとまるだろうと思って、そろりそろりと追いかけた。止まった!連写した!それでも駄目で、接写した1枚が撮れた。感動の1枚を、神様がプレゼントしてくれた。自然は素晴らしい!
 今日も、いい一日だった。

今日最も嬉しかったこと アゲハ蝶に出会った!

百日紅が見頃になってきた!

まだ、この花の名前は?

今日、最もがっかりしたこと!
line

7/27(土) 本日封切り、映画「終戦のエンペラー」を観てきました。

 日本の昭和史における極めて重大な、連合国の占領政策と日本の復興のありかた、天皇制と戦争責任など、興味・関心をもって観てきた。マッカーサーと天皇陛下との接見の場面は、特によかった。ボナー・フェラーズ准将と日本人女性との恋物語は、ありそうなエンターティンメントだった。日本人の俳優人もよかった。米側制作だが、日本に深いシンパシーと理解をもって描かれていた。海外の日本理解も深まるのではないか、と思った。映画としては、レ・ミゼラブル、リンカーン以上に期待できた映画で、ほぼ満足している。
line

7/26(金) 海外で絶賛報道「電車押し 乗客らが女性救出」

 数日まで、YOUTUBEでアップしたが、今日の新聞に掲載された。JR南浦和駅での女性救出劇は写真と共に世界各地に報道された。
 米CNNTVは、「日本から素晴らしいニュースです。」「生死に関わる状況で、駅員と乗客が冷静に、協力した」「おそらく日本だけで起こりうること」として、約8分後に通常運転を再開した。
 英各紙は、「(駅員や乗客が)集団で、英雄的な行動をした」
 イタリアの主要紙のウェブサイト「イタリア人だったら眺めるだけだろう」といったコメント。
 香港、中国政府寄りの論調のフェニックスのウェブサイトに
は、「中国で同様の事故が起きれば、大多数の人はやじ馬見物するだけだ」との、書き込みがあった。
 韓国の朝鮮スポーツ(電子版)は、「乗客が力を合わせて救助する感動の写真が話題になっている」と指摘。
 タイのニュース専門誌は、「日本の人々が生来の結束力を余すところなく示し、困っている人に助けの手をさしのべた、素晴らしいニュース」 また、ソーシャルメディアでは、その写真をシェアする人が多く、「日本がまた世界を驚かせた」「とっさにこのような行動が出来る日本人は、どのような教育を受けているのか」との声も出ている。

 最近、簡単に人を殺す殺人や悪いニュースが目立つ。だが、日本人として誇れるニュースもある。世界の人は、日本人の素晴らしさを、褒め称えている。日本人だからこそ、当たり前に出来る、そういうことを大事にしていくべきだ、と思う。
line

7/25(木) 今日の花散歩

 今日は、ゆったりと1時間半ほど花散歩した。湿度が高く、汗びっしょりとなった。ムクゲの花が満開だった。ムクゲにも、いろいろな種類があることがわかった。花の色をみていると、自然の色はなんて綺麗なんだろうと、つくづく思う。公園で、アゲハチョウをはじめ、いろいろな蝶が乱舞しているのを観た。オス・メスが追っていたり、樹木の食性があって、もっと知識があれば面白かっただろう。8月になったら、また、夏の花を楽しめる。私の花壇の一本のダリヤも開花しようとしている。ほおづきも、実がついた。

ヒルガオ

キバナコスモス

睡蓮

向日葵 公明正大という感じ、元気が出てくる

いつもの場所の向日葵畑

s-2013_0725_085034-IMG_1221.jpg

朝顔

松葉牡丹

百日草

百日草

葉けいとう

コスモス

百日紅

ムクゲ

純白のムクゲ

白い花の百日紅 先日、談笑した植木職人が珍しいと言った。

チョウチョがとまった

ムクゲ

バラ

芙蓉
line

7/24(水) 電車とホームの間に挟まれた女性を乗客らが救出 さいたま市

line

7/24(水) ふたたび、この人の活躍


「DJポリス」が警備、話術披露=花火大会、豪雨中止でも―東京

時事通信 7月23日(火)20時14分配信



 サッカー日本代表が6月にワールドカップ本大会出場を決めた際、東京・渋谷のスクランブル交差点で巧みに群衆を誘導し注目された警視庁の「DJポリス」が23日、東京都葛飾区で開かれる予定だった花火大会の雑踏警備に登場し、軽妙な話術を披露した。ただ、花火大会は打ち上げ直前に豪雨に見舞われ中止になった。
 DJポリスは警視庁第9機動隊広報係の20代の男性巡査。渋谷ではユニークな呼び掛けで事故を未然に防ぎ、警視総監賞を受賞。雑踏警備に出るのは受賞後初めてという。
 男性巡査は広報車の上から「花火に負けずに美しい女性が大勢います。転ばないよう、男性はしっかりエスコートを」などと会場に向かう人混みをマイクで誘導。花火は突然の豪雨で中止になったが、巡査は「東京では今後もまだまだ花火大会があります。残念ですが、無事に帰るのが一番です」と温かく呼び掛けた。

【編集日誌】
DJポリスの氏名は?
2013.6.15 08:12 [地域の話題]
 14日付の「DJポリスに警視総監賞」の記事を読み始めて、「あれ?」と気付いた。

 受賞者の男性巡査と女性巡査長の氏名が記事にない。掲載写真には授与式のりりしい2人の晴れ姿が映し出されている。にもかかわらずである。

 サッカー日本代表がW杯出場を決めた際、雑踏警備での絶妙な呼びかけが大きな話題となった。間違いなく称賛される“ファインプレー”である。

 だが、2人は「今後の警備活動に支障がある」などとして氏名公表や個別取材に応じていないのだという。

 「チームワークがあったからこそもらえた賞」。男性巡査のコメントからは、組織の一員であることをかたくなまでに貫こうとするストイックさが伝わってくる。取材で氏名は確認できたが、そんな2人の気持ちを大切にしたいと考えた。(編集長 近藤豊和)
line

7/23(火) 嬉しかったこと、有り難かったこと・・・

 先ず、とても有り難かったこと・・・昨日、天皇陛下と皇后陛下が、全村避難が続く福島県の飯舘村を訪問されたこと。避難指示居住地区へご訪問は初めて。どれほど、両陛下から励ましのお言葉を頂き、住民の皆様は、いかばかりか有り難かったことだろう。3月に、全戸避難の地区、今回ご訪問の草野地区、避難先の川俣町を通過した思いがよみがえった。ご高齢にもかかわらず、両陛下は7月上旬に岩手県を、さらにこの夏、宮城県をご訪問されるそうである。8月には、戦没者慰霊もある。天皇陛下の新年のお言葉、「被災地の人々の思いに寄りそう・・・」ことを、自ら行われているのだ。有り難いけれど、どうぞご無理をなさならずに、いつまでもお元気でと、強く願う。私達も、7月3日に、いわき市へ行ってきた。復興は、まだまだということがよみがえった。9月には、宮城県へ行く予定、少しでも被災地を応援していきたい。

 次に、嬉しかったことは、昨日の、プロ野球オールスターゲーム、福島県いわき市のいわきグリーンスタジアムで開かれた。子どもたちが、4000人招待されたこと。その中で、特にいい話は、千葉ロッテの今井選手がある子どもとの約束を果たしたこと。彼は、3月にいわき市の少年野球チームを訪問した。そして、「今年の夏、オールスターがあるので、再会しよう!」と約束した。ところが、4月からのシーズンはじめは、打率1割台。夏場に、3割台にまで急上昇した。相当、頑張ったのだろう。「子どもたちとの約束が、大きなモチベーションになった。」という。実際に、いわき市で、今井選手は、約束した子どもに会った。めがねをかけた、いがぐり頭の田舎の野球少年そのものだ。子どもたちは、応援垂れ幕などをもって、球場で今井選手を応援した。今井選手は、ライトへの大きな犠牲フライを打って、ランナーを進塁させ、パリーグの逆転勝利へ貢献した。今井選手、「子どもたちが喜ぶプレーを精一杯やる」気持ちだった、そして、子どもたちの期待に応えた!
 私は、今井選手を以前から知っていたが、なんて心優しい、素晴らしい選手だろうと思った。これぞ、プロ野球選手だ。どれだけ、子どもたちを励ましたか・・・、あの子にとって生涯忘れない財産となっただろう。昨日は、ルーキーの日本ハム 大谷選手も活躍し、野手として勝利へ貢献した。私は、外野フライを落球したある選手を観たとき、思わず、大きな声を出したので、隣で読書をしていたかみさんに、思い切り怒られた。今年は、2回プロ野球を観戦した。9月1日にも、幸運にも東京ドームのチケットがあり、とても楽しみである。

 一方、がっかりしていることは、プロ野球のボールの問題である。ボールは、選手にとって最も大事であると同時に、我々にとっても、大きな関心事である。早急の解決を強く望む!
line

7/22(月) 今日のうた:からたちの花(Maki Mori)

 うたもいい、はなも、・・・、7月上旬に奥利根に行った時の、谷川の流れも、水も澄んで清らかだったなぁ・・・

line

7/21(日) 今日の花散歩 実は雑草散歩

 今日は、昨日の産経新聞の「朝の詩」に感銘し、花よりも雑草を追い求めて、撮影した。今日は、雑草が主で、花は従とした。路上で会った、男性が「面白い!」と、言ってくれた。非常に関心はあるものの、小生が、ここで、雑草と言っていることを、いかに自分がその名前を知らないか、未熟であり、恥ずかしい限りである。

 先に、それを紹介します。

   雑 人(ざつじん) 大阪市天王寺区 丸山 雅美 様(56歳)
 おい雑草 と声をかけると
 相手はムッとして
 なんだ雑人 と言葉を返してきた
 
 雑人とは失敬なと思ったが
 こちらが先に雑草と言ったのが悪かった

 すまん私はマルヤマだ 頭を下げると
 そうか私はハナカタバミだ
 機嫌よく笑って ピンクの花が揺れた
                   (選者 新川 和江)

次に、「雑草」についての、考えさせられたことを添えたい。

 雑草と言う名の

 家族でアスパラガス狩りに野歩きをしました。知らない野草が生えていたので、夫に名前を訊きました。知っている植物でも、日本にはない植物でも、ひととおり英語の名前を訊いておくのは、勉強というより会話を繋げるためでした。
 夫は首を傾げて、こう答えました。
「なんだろ、雑草だよ:Just a weed.」
 ピカッ! 天啓が降り、私は厳かに宣言しました。
「Honey, there is no such plant that name is "weed".」

 ――雑草と言う名の植物はない――昭和天皇のお言葉

 言葉ひとつで、ひとは永遠に生きると思います。

 また、ウィキペデアによると、雑草(ざっそう)とは、人間の生活範囲に人間の意図にかかわらず自然に繁殖する植物のことである。通常、草(草本)についていう[1]。雑草を単に草という場合もある(草刈りなど)。とある。

 雑草は、確かにそれぞれ名前があることは、とても重要である。雑というのは、非常に多いという意味である。病害虫の発生伝搬、景観の美的環境、治安安全上、などの理由で除草が必要だというのも、またまったく正しいと考える。雑草だからといって、目の敵にせず、名前を知り、生きるたくましさに驚き、ともに生きることに喜びを見いだすことも、また大切であると思う。

そこで、先に、雑草をピックアップし、次に今日の花をアップする。この時期、花は少ないが、草は炎天下の夏をたくましく生きている。

雑草はたくましい!

猫じゃらしもいっぱい

雑草 首にするとくぐったい 猫じゃらし

ドクダミの葉がとっても美しい!

根性タンポポ コンクリートの少しの隙間に生きる

根を張るタンポポ

ツツジを覆うヤブカラシのツル

小さくて、かわいい雑草の花

オオバコ

オオバコの花

ドクダミの葉が美しい

これも 雑草のかわいい花

生い茂る雑草 よく見ると美しい たくましい

花も元気 周囲のドクダミも元気

s-2013_0721_090111-IMG_1179.jpg

s-2013_0721_090047-IMG_1177.jpg

s-2013_0721_085938-IMG_1175.jpg

s-2013_0721_085958-IMG_1176.jpg

s-2013_0721_092352-IMG_1196.jpg

百日紅

百日紅

s-2013_0721_091320-IMG_1187.jpg

s-2013_0721_090817-IMG_1185.jpg

s-2013_0721_090711-IMG_1184.jpg




line

7/19(金) 落葉松




line

7/16(火) 今日の花散歩:上野「不忍池」の蓮の花が咲き始めた。

 今日は、会議に出席するため、文京区へ出かけた。昼前に着いて、昼休みの時間、たっぷりと上野・不忍池界隈を散策した。一番の目的は、蓮の花を観ることだった。今は、咲き始めで、7月下旬から8月上旬になると一斉に咲いて、ピークを迎えるという。ご年輩の方が、とても親切に縷々、教えてくれた。朝の6時頃、一斉に咲くから見に来るといいよ。日が昇れば、しぼんでしまうよ。咲き始めたら、4日くらいかな。今、咲いているのは、まもなく、散ってしまうよ。ここの蓮は、1種類で、実は大きくならないよ。前に、天皇陛下、ないし、宮家から頂戴したものだよ。だから、恩賜公園というのだよ。取ったりすると、怒られるよ。別の人からは、朝5時頃、花が咲くときに、音を出すという話は、本当じゃないよ、ということも。よかった、6時くらいなら、、頑張ってこれるかな。びっくりしたことは、ここの雀たち。最初に、穴を掘って、砂に入って遊ぶ雀たちを観た。これは、虫を取り除くための習性らしい。別のところでは、水遊びをする雀たちも。それと、もっと驚いたことは、雀の餌付け、だから雀たちは、群れて人なつこい。人を、まったくおそれない。今まで、こんな光景を見たことがない。とっても、充実した昼休みでした。午後の会議は、お陰で、私なりに充実できたと、思う。夾竹桃も綺麗だ。NHKの気象予報士の南さんの一句。「夾竹桃 花が咲くと 今日チクッと」 この時期、蚊の発生が多くなるとか・・・。詳細は、画像のコメントをご覧ください。

見事な蓮の花

亀の甲羅干し

見事な蓮池

蓮の花

蓮池

蓮の花

夾竹桃

見事な夾竹桃

こんなに人なつこい雀を観たのは初めて

雀が寄ってくる・・・無論、餌を求めて

手水  「洗心」 手を洗い、心を清めることがもっと大切

蓮の花

蓮の花

s-2013_0716_122406-IMG_4000.jpg

数羽の雀の砂かぶりを初めて観た

骨董市のお店

骨董市のお店

骨董市 が開かれていた。

グラジオラス

ムクゲ

池之端からスカイツリーは、真正面

こちら側の池には蓮はひとつもない(蓮の池の反対側)

鳩、雀のそばに鴨 餌を待っていた

ボートに乗れる池

大きな鯉が泳いでいた

蓮の咲き始め

人なつこい雀たち
line

7/15(月) 今日の花散歩

 7月中旬、ユリがまだ頑張って咲いている。私の花壇の向日葵が一輪咲いた。この時期は、花が思っていたよりも少ない。期待していた百日紅がまだ咲いていない、合歓の花も、これからが楽しみかな・・・。連日の猛暑で、花も弱ってきている。枯渇しないように、ボランティアの皆さんに灌水を呼びかけたい。上野・不忍池の蓮の花が咲いているそうだ。これから咲く夏の花の撮影を楽しみにしたい。

s-2013_0715_153751-IMG_1174.jpg

s-2013_0715_153738-IMG_1173.jpg

s-2013_0715_153701-IMG_1171.jpg

s-2013_0715_153221-IMG_1170.jpg

s-2013_0715_153025-IMG_1169.jpg

s-2013_0715_152836-IMG_1166.jpg

s-2013_0715_152602-IMG_1161.jpg

s-2013_0715_152723-IMG_1163.jpg

s-2013_0715_152009-IMG_1158.jpg

line

7/15(月) 人生花づくし

 先日、先輩達と大衆居酒屋に寄った時、「人生花づくし」という含蓄のあるコースターをいただいたのでアップします。

 人生花づくし

親の教えは  きくのはな

人の悪くち  くちなしで

頭は垂れて  ふじのはな

笑顔あかるく ひまわりで

愛をはぐくむ ばらのはな

心清らか   しらゆりで

世は移ろいて あじさいの

月日は早く  たちばなで

散り際さやか さくらばな

先は浄土の  はすのはな

ネットで調べると、愛好者がたくさんおられる。例えば、上記のことばと花の写真を添えてあった。なるほどと思う。


http://plaza.rakuten.co.jp/hitoshisan/diary/201108260000/

さらに、もっと「人生花づくし」があることがわかった。

親の教えは   きくのはな

悪に染まれば  くずのはな

人の悪くち  くちなしで

愚痴とまやかし  なしのはな

頭は垂れて  ふじのはな

笑顔あかるく  ひまわりで

愛をはぐくむ  ばらのはな

心清らか  しらゆりで

香りも高き  うめのはな

迷いの綱は  きりしまで

罪と障りは  けしのはな

失意の胸は  なでしこで

世は移ろいて  あじさいの

翳り背負いて  ゆうすげで

月日は早く  たちばなで

年もつもれば  こけのはな

恍惚きざせば  ぼけのはな

露よりもろき  あさがおで

行者の照明  つげのはな

散り際さやか  さくらばな

先は浄土の  はすのはな
line

7/14(日) 言うまいと 思えど今日の 暑さかな

  You Might Think Today's Hot Fish !
line

7/13 (土) 16歳の誕生日に マララさん 国連演説 感銘する。

 今朝のニュースに感動した。一人の少女の勇気が、世界を変えようとしている。この子達を応援しなければ、ならないのは世界の私たちである。

 マララ・ユスフザイさん、少女への教育を訴え、昨年、タリバンに銃撃され瀕死の重傷を負ったパキスタンの少女。ロンドンで、回復し、昨日、16歳の誕生日に国連で、「教育が世界を変える」と演説した。世界の実情は、まだまだ学校に行けない子どもたち、労働を強いられている子どもたちが多いことを思い知らされる。

UNITED NATIONS | Fri Jul 12, 2013 5:05pm EDT

UNITED NATIONS (Reuters) - Malala Yousafzai, the Pakistani girl who was shot in the head by the Taliban last year for demanding education for girls, marked her 16th birthday with a passionate speech at the United Nations on Friday in which she said education could change the world.

本とペンこそ、最大の武器だ。一人の子ども、一人の教師、一本の鉛筆、一冊の本が世界を変えることができる。

"Let us pick up our books and pens. They are our most powerful weapons. One child, one teacher, one pen and one book can change the world. Education is the only solution," said Yousafzai, speaking out for the first time since she was attacked.

国連本部で、事務総長はじめ1000人の若人の前で、「教育こそが生活を変えることができる」と、訴えた。

Wearing a pink head scarf, Yousafzai told U.N. Secretary-General Ban Ki-moon and nearly 1,000 students attending an international Youth Assembly at U.N. headquarters in New York that education was the only way to improve lives.

彼女は、女子教育を否定するタリバン勢力へのキャンペーンのターゲットとなった。

Yousafzai was shot at close range by gunmen in October as she left school in Pakistan's Swat Valley, northwest of the country's capital Islamabad. She was targeted for her campaign against the Islamist Taliban efforts to deny women education.

彼らは、友人をも撃った。彼らは、銃弾が私たちを沈黙させると思った。だが、失敗し、幾千万もの声となった。
"They shot my friends too. They thought that the bullets would silence us. But they failed and out of that silence came thousands of voices," she said to cheers from the students gathered at U.N. hall.

テロリストは、私の目的と大望を変えると思った。だが、何も変えられなかった。弱さ、恐怖、失望さえも。逆に、強さ、勇気が生まれた。彼女は、自信をもって訴えた。
"The terrorists thought they would change my aims and stop my ambitions, but nothing changed in my life except this: weakness, fear and hopelessness died. Strength, power and courage was born," a confident Yousafzai said.

彼女は、かつて亡命先からパキスタンに帰国し、遊説中に暗殺されたブット女史首相の白いショールの民族衣装を身にまとっていた。

She wore a white shawl draped around her shoulders that had belonged to former Pakistani Prime Minister Benazir Bhutto, who was assassinated during a 2007 election rally weeks after she returned to Pakistan from years in self-imposed exile.

私は、誰にも、タリバンや他のテロリスト集団にも個人的な復讐の思いで、ここでスピーチしているのではない。
私は、すべての子どもたちの教育の権利のために、ここでスピーチしている。
"I am not against anyone, neither am I here to speak in terms of personal revenge against the Taliban or any other terrorist group. I'm here to speak up for the right of education for every child," she said.
私は、タリバン、すべてのテロリスト、過激派の息子達、娘達への教育を要望する。私は、私を撃った者にさえ憎しみをもたない。たとえ、私の前に立つ者にも銃があっても、私は彼を決して銃で撃たない。

(以下、和訳を省略します。)

"I want education for the sons and daughters of the Taliban and all terrorists and extremists," she said. "I do not even hate the talib who shot me. Even if there is a gun in my hand and he stands in front of me, I would not shoot him."

Yousafzai presented Ban with a petition signed by some 4 million people in support of 57 million children around the world who are not able to go to school. It demanded that world leaders fund new teachers, schools and books and end child labor, marriage and trafficking.

Ban said that the United Nations was committed to a target of getting all children in school by the end of 2015.

"No child should have to die for going to school. Nowhere should teachers fear to teach or children fear to learn. Together, we can change this picture," he said. "Together, let us follow the lead of this brave young girl, Malala."

TIRED OF WAR

U.N. Special Envoy for Global Education, former British Prime Minister Gordon Brown, said Friday's event was not just a celebration of Malala's birthday and of her recovery, but of her vision.

He invoked "her dream that nothing, no political indifference, no government inaction, no intimidation, no threats, no assassin's bullets should ever deny the right of every single child ... to be able to go to school."

Brown described Yousafzai's recovery from the attack as a miracle. The teenager was treated in Pakistan before the United Arab Emirates provided an air ambulance to fly her to Britain, where doctors mended parts of her skull with a titanium plate.

Unable to safely return to Pakistan, Yousafzai enrolled in a school in Birmingham, England in March. Her mother wiped away tears on Friday as she watched her daughter thank all those who helped save her life.

Pakistan has 5 million children out of school, a number only surpassed by Nigeria, which has more than 10 million children out of school, according to the U.N. cultural agency UNESCO.

The Taliban claimed responsibility for the assassination attempt on Yousafzai, calling her efforts pro-Western. Two of her classmates were also wounded.

The Pakistan Taliban, formally called the Tehreek-e-Taliban Pakistan (TTP), formed in 2007, is an umbrella group uniting various militant factions operating in the volatile northwestern tribal areas along the porous border with Afghanistan.

Under Taliban rule in neighboring Afghanistan from 1996 to 2001, women were forced to cover up and were banned from voting, most work and leaving their homes unless accompanied by a husband or male relative.

"The extremists were and they are afraid of books and pens, the power of education frightens them. They are afraid of women," Yousafzai said. "When we were in Swat ... we realized the importance of pens and books when we saw the guns."

(Reporting by Michelle Nichols; Editing by Vicki Allen and David Storey)

line

7/12(金) 谷川岳・奥利根

 7.10~11 奥利根へ行って来た。11日は、谷川岳ロープウェイに乗った。秋の実地踏査をした。

赤とんぼ

日光きすげ

天神平

谷川連峰

s-2013_0711_093530-IMG_1144.jpg

奈良俣ダム 水量が少ない

花菖蒲

花菖蒲

擬宝珠

s-2013_0710_150214-IMG_1134.jpg

s-2013_0710_150128-IMG_1133.jpg

s-2013_0710_145947-IMG_1131.jpg

s-2013_0710_103210-IMG_1122.jpg
line

7/10(水) 武士の情け、捕虜を人道的に扱った松江豊寿(第一次世界大戦)

 今、NHK大河ドラマ「八重の桜」が放映されている。会津藩の歴史から 松江 豊寿 という人を推察できる。この人もまた誇るべき日本人である。

 
line

7/8(月) 今日の花散歩

 2日前に、梅雨明けした。平年より15日も早い。今日も、35℃くらいの猛暑となった。紫陽花は、今年最後だろう。ホワイト コンロンカ、ユリ、ヒメロカリスも終わりに近い。ムクゲ、ブーゲンビリア、ガザニア、ひまわり等、夏の花の季節となってきた。

ブーゲンビリア

ひまわり

ナデシコ

ユリ

ナデシコ

s-2013_0708_103252-IMG_1109.jpg

s-2013_0708_102724-IMG_1106.jpg

s-2013_0708_102607-IMG_1104.jpg

ホワイト コンロンカ

紫陽花

ガザニア

s-2013_0708_101812-IMG_1100.jpg

ブーゲンビリア

ユリ

ムクゲ

s-2013_0708_082150-IMG_1091.jpg

インパチェンス
line

7/7(日) 清澄庭園にて

 今日は、「たなばた」、日本の夏の風物詩、今年はたなばたの短冊飾りを、江東区の清澄庭園で昨日見てきた。子どもの純朴な願い事や大人のロトの願い事まで・・・。子どもの願いは、かわいいね。
 昨日、7月6日の昼、新宿で年に一度、昔の職場の皆さんとお会いする「たなばたの会」があった。もう、かれこれ20年近く続いているだろうか、久しぶりで懐かしい皆さんにお会いした。その帰り、夕方、コンサートがあったので、途中、清澄庭園に寄った。期待していた花は、花菖蒲が終わり、紫陽花も終わり近くで、何もなかった。この庭園は、珍しい石の庭園であることがわかった。庭園内で撮影したものをアップします。

変形朝顔

この鳥の名は?餌(小魚)を待っている

石仏群

石仏群

石灯籠

s-2013_0706_143953-IMG_1079.jpg

たなばた 短冊

たなばた
line

7/7(日) 大島 希巳江 さん、わかりました! すばらしい方です!

 英語落語の大島希巳江さんは、実は文京学院大学準教授です。こういう大学の先生から、英語を学ぶというのは、本当に楽しいでしょうね。英語がますます好きになり、英語の力もつくと思います。落語は、笑いで人を惹きつける魅力があります。大島先生をご紹介しましょう。【生年月日】1970年9月30日【出身】東京都【学歴】 1989年 渋谷教育学園・幕張高等学校卒業(米国コロラド州への一年間の留学含む)1993年 コロラド州立大学ボルダー校 卒業 1996年 青山学院大学大学院 国際コミュニケーション学修士
2002年 国際基督教大学大学院 教育学(社会言語学)博士【現在】文京学院大学外国語学部准教授【趣味・特技】海外旅行/三味線/テニス/スキューバダイビング/乗馬/日本傳拳法初段【略歴】東京生まれ。渋谷教育学園幕張高校在学中、1年間アメリカのStanley Lake High Schoolで 交換留学生として学ぶ。
その後コロラド州立大学ボルダー校へ進学し、1993年、同大学卒業後 に帰国。
現在、文京学院大学外国語学部の准教授を務める。専門分野は異文化コミュニケーション・社会言語学・ユーモア学。
コミュニケーション全般、および英語教育における"笑いとユーモアの効果"を専門研究としている。
その一環として1997年から英語落語の海外公演をプロデュースし、自身も古典・新作落語を演じ、自ら司会を務めるなど意欲的に活動中。アメリカ、フィリピン、インド、ブルネイ、パキスタンなど海外公演は世界約20カ国、200回を超える。
また、企業の営業成績とユーモアとの関連性、英語習得に効果のあるユーモアやジョークについてなど、幅広い講演活動を行っている。

次に、「英語落語」の詳細は、下記に載っています。
http://www.english-rakugo.com/performer.html
line

7/6(土) 英語落語 「動物園」 Rakugo in English-Zoo by Kimie Oshima

 この人、大島 きみえさんの英語は、発音・イントネーションが、とっても綺麗です。中学校・高等学校の生徒の皆さん、先生方は是非参考にされるといいですね。おそらく帰国子女の方、あるいは海外生活が長かった方でしょう。それと、落語もかなり勉強されていますね。英語から落語へのアプローチで、とっても面白い。お上手です。
 桂枝雀師匠や桂かい枝師匠は、落語から英語へのアプローチですね。落語界のパイオニアです。こちらも面白い。外国人の中には、能や狂言といった日本文化にぞうけいの深い方もたくさんおられる。私たちも、もっと日本文化のよさを見直していく必要があると思う。それが外国の人々と対等につきあえる国際化だと思う。
 これから、大島きみえさん、そして イギリス人 ダイアン吉日さんのお二人のご活躍を期待したい。

 



line

7/5(金) 英語落語

 今日の読売新聞朝刊の「顔」は、第9回中曽根康弘賞・奨励賞を受賞した英語落語家 ダイアン吉日さんが紹介されていた。無論、私には初めての人。英語落語の草分けは、故桂枝雀である。また、NHKの講師をした桂 かい枝師匠の落語も聴いたことがある。今、中学校の英語の教科書にも「落語」が取り上げられており、大変注目されている。日本の伝統文化であり、かつ LAUGH & PEACE は、インターナショナルである。調べてみると、イタリア語で落語をする人もいる。また、中国の方が、中国語の落語を希望していることもわかった。
 今回、YOUTUBEで、ダイアン吉日さん、枝雀さん「動物園」(教科書に取り上げられた演目)、かい枝さんの活躍をご紹介します。
 落語から学ぶことがたくさんあるので、小学校・中学校の英語での学習ではとても参考になると思います。

ダイアン吉日 落語 Rakugo Stories Episode 1


英語落語 桂枝雀 White Lion (動物園)


桂かい枝の「英語落語」
line

7/4(木) 福島復興・研修から学んできたこと


 7月2日(火)一泊で、福島県へ研修旅行に行ってきました。今年度、私にとって最も大きな行事の一つです。一日目は、南会津の「塔のへつり」へ、これもはじめて。へつりとは、がけという意味でした。午後、大内宿へ行きました。ここもはじめて。丁度、この時期の祭り、「半夏まつり」をやってました。半夏生(はんげしょう)ということばも初めて出会いました。植物にも同名のがあるそうです。福島県で育っても、浜通りから中通り、その奥、会津地方は気候・風土も異なる別世界です。山間の豊かな自然に圧倒されました。大河ドラマで、悲惨な会津戦争が放映されているが、本を読んでも、史実も本当に知らないことの連続です。今回、天地明察、会津暦についてもはじめて教えられました。

「じゃがいもの花」が咲いていた、とてもなつかしい。

半夏まつり・・・半夏生という言葉もはじめて

半夏まつり

大内宿  ここもはじめて

 二日目、7月3日(水)は、浜通り、いわき市の小名浜漁港、豊間海岸、薄磯地区をバスの車窓から見学。また、現地の方々から、3.11の状況をお聞きしました。私の故郷は、ここから100Km以上離れており、太平洋岸はずっと三陸まで、巨大津波の爪痕がなまなましい。恥ずかしながら、私自身、ここ、いわき市の状況はほとんど知らなかった。現地で見たり、生のお話しをお聞きして、いかに多くの死者や行方不明の方々がおられたり、当時、がれきがいかにすごかったかを写真を見て、大きな衝撃を受けた。やはり、被災者のお気持ちに寄り添い、一日も早い復興を祈らずにはおれなかった。
 詳細は、東日本大地震 いわき市の被災状況報告をご覧ください。

 http://ww32.tiki.ne.jp/~jin-ohashi/higasinipponndaizisinn.html

塩谷崎灯台前で

美空ひばりの碑の前で



line

7/2(火) 最近のいいニュース

 読売新聞・編集手帳より・・・(つい先日)練馬区小学校校門前で、1年生の児童が男にナイフで切りつけられた事件があった。

 学童誘導員の広戸勇さん(71)はナイフをを手に暴れる犯人の前に立ちはだかり、木製の黄色い横断旗(長さ約1m)を振り回して抵抗した。ひと棹の旗、舞う蝶々を叩き落とすのも難しい旗1本を武器に広戸さんが子どもたちをかばわなければ、被害は取り返しのつかないものになっていたはずである。

 前後に、2つのうたをとりあげている。
 ・無垢 無邪気 無心 無防備 笑顔とは 無から生まれるものと思えり  (俵 万智)
 ・勇気こそ 地の塩なれや 梅真白 (中村 草田男)
  末尾に 今の季節らしく「梅熟す」と読み替えて、その人にそっと捧げる。

 いつまでも、そういう勇気と行動を持ち続けたいものだ! 
line

7/1(月) 6000人の命を救った外交官・杉原千畝~命のビザの物語~

 日本人として尊敬すべき人 杉原 千畝 という人を、アップします。
 明日から明後日にかけて、会津・いわき市方面へ行ってきます。帰ってきたら、ご報告などをしたいと思っています。

 残念ながら、埋め込みコードでYOUTUBEは観れないので、次にてご覧ください。

 https://www.youtube.com/watch?v=064Y2Zj9Df8&feature=endscreen&NR=1
line

7/1(月) お出かけの途中で、美しい花との出会い

 今日は、お出かけ・・・と言っても、親しい先輩の奥様の告別式。早めに家を出たので、道端にこんなに綺麗な花が咲いていた。今、思うと、若い頃、それほど花に目がいっていただろうかと、思う。
 今日から、7月。紫陽花は、もう今年、最後か、鮮やかな萼紫陽花と出会った!ヒメロカリスが、群生していた。私は、これらをここまで咲かせてくれた方々を知っている。今度、会ったら、お礼を言おう。紫色のあさがおは、毎年、咲いているので、写した。かみさん、曰く、西洋あさがお?多分、そうだろう。もうすぐ、朝顔市、ほうづき市の季節となった。

今年も最後の朝顔 素敵です!

s-2013_0701_071622-IMG_0917.jpg

s-2013_0701_071304-IMG_0915.jpg

s-2013_0701_072222-IMG_0920.jpg

西洋あさがお かな?

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line