天に星 地に花 人に愛

3/31(月) 今日は、絶好の桜日和

 ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ   紀友則・古今和歌集、百人一首

 桜は満開となったが、昨日は風も強く雨の生憎の天候、今日はからりと晴れ、気温も20℃くらいになる。
 友人から近くに千本桜があるので、見に来ないかというので、喜んで行くことにした。美しい桜の花の写真をたくさん
撮って、大いに楽しんできたい。今週前半が花見日和で、4日(金)は天候が崩れるようだ。

 明日から4月、消費税が8%になる。我が家は慌てて購入するものが、何もないので、一切動かない。明日から新年度、東京の人事異動が新聞に出るので、7時前に新聞購入に行こう。4/2は、千鳥ヶ淵で満開の桜を観て、夕食を食べてから、靖国神社で夜桜・薪能を鑑賞する。今春の最大の楽しみ、桜が満開で、お天気もよし、最高の春を楽しめるだろう!

PageTop

 3/30(日) 今日の花散歩、今年も春がやってきたよ!

 昨日は、とてもよい天気、ふと花壇を見ると、花の彩りが綺麗だったので、午前中、マクロレンズで久々に花の撮影をしたので、アップします。

 埼玉県入間市の知人は、毎日、早朝から川へ行き、翡翠の撮影をしている。彼のブログは、毎日楽しみ。3月下旬から、雄は雌へ給餌求愛活動をしてせっせと餌の川魚を運んでいる。




 昨日、午後から会議で出かけた。会議後、みんなでコーヒーを飲んだ。ある年配の女性が、盗難にあった話をされた。彼女は、本当に善良な、しっかりした人。最近のある日の午後、警察手帳(にせもの)をもってだまし、ずる賢く、騙して、カードを数枚、持ち去った。そして、コンビニで数回にわたって現金をおろした、という。せめても殺されなかったのが救い、という。酷い奴がいる、と腹が立つ。相手は、いろいろと調べ上げて、いろいろな手でやってくる。決して、他人事とは思わずに、気をつけねばならない。年寄りや弱いものをねらう、卑怯な連中が後を絶たない世の中に、日本にいつからかなってしまっている。

PageTop

3/29(土) 初咲ソメイヨシノ・・・

 昨日は陽春、東京のソメイヨシノは1~2分咲き、今日は、もっと気温が上がるので、あの蕾も開くだろう。

IMG_5645n.jpg

IMG_5643n.jpg

IMG_5647n.jpg

IMG_5642n.jpg

PageTop

3/28(金) 今日は、お花見日和

 今日は、快晴。気温も20℃まで、上昇する。染井吉野は、開花はまだほんの少しだろう。六義園の枝垂れ桜は、満開。今日・明日の陽気で、桜は一気に咲き始めるだろう。今日から、今年のお花見のスタート・・・。

世の中に たえて桜の なかりせば 春のこころは のどけからまし  (在原 業平)

 世田谷の下北沢に11時に集合。同級生たちと1年ぶりに逢えるのが楽しみ・・・昼は、イタリアン・ワインで一杯やって、午後、新宿御苑へ。新宿御苑は、枝垂桜をはじめかなり咲き始めた桜を楽しめるようだ。

PageTop

3/26(木) 今日は、休日・・・

 今日は、関東地方は曇りで時々、雨模様・・・、今日は休養で、部屋の整理でもしよう。

 明日は、今年、最初のお花見、下北沢のイタリアンで。中学時代の同級生たちと会う。みんな遠くから集まる。茨城県神栖市から高速バスで、埼玉ふじみ市ほか、横浜、川崎、千葉・・・仲間で「花見兼今年初の古稀の乾杯」をやろう。
 1月に桜開花を予想したら、開花はしたので、まあまあか、明日は気温がぐんと上がるのでよい花見ができるだろう。

 明後日は、会議で市川へ。月曜日は、お花見のご招待を頂いたので、千葉県の真ん中方面へ。桜は大好きなので、これから楽しみ・・・。プロ野球、メジャーリーグも始まる、今年も楽しみ・・・。
 4月に入ると、新年度のスケジュールも幾つか・・・公私ともに忙しくなってくる。

PageTop

3/26(水) 映画 “Twelve Years a Slave” を観て! 

 昨日、久しぶりに映画館へ行った。日本語のタイトル「それでも夜は明ける」を観た。アカデミー賞の作品賞に輝いた作品であること、史実に基づいた映画であること、人権にかかわること、などからどうしても見逃したくなかったからだ。しかも、監督がスティーヴ・マックィーンという黒人の監督だったから、なおさら史実を忠実に描くだろうと思ったからである。あまりのむごたらしさに、二度と観たいとは思わない映画だ。
 南部に売られた自由黒人、ソロモン・ノーサップが、12 年間に渡って奴隷として過ごし、再び自由を奪い返すまでの物語。日本では江戸時代の末期、南北戦争前のアメリカ南部での奴隷制を描いていた。黒人奴隷は、人を家畜以下、暴力、虐待、殺人など日常茶飯事は想像以上に酷かった。こんなことがあったとは信じられない。観ていても辛かった。強欲で富んだ当時の南部の白人たちに憎しみを禁じ得なかった。ラストシーンで、やっと家族と会えた場面では涙が流れ、座席をしばらく立てなかった。この場面が、日本語のタイトルになったのだろう。アメリカは、このつけを返さなければならないくらいの非常に重たい課題を突きつけた映画だと思った。アメリカでは各都市が、この映画の評価を高く受け止めている。このことは、とても素晴らしい。同時に今日に至るまで、リンカーン大統領をはじめマーチン・ルーサー・キング牧師、ケネディ大統領など、この問題と真正面から向き合ったリーダーたちの偉大さを改めて思った。オバマ大統領は、はじめての黒人大統領として、歴史に名を残すようなリーダーになってもらいたい。
 昨日は、気温22℃くらいで東京で桜の開花宣言となった。この明るい太陽のもとで、地球上の私達からそう遠くないところで、あの映画のような、おぞましい生き地獄のような過酷な人権蹂躙の国々があるかと思うと、同じ人間として、なんらかの方法で救出・解決を急ぐべきだと思わせられた。

PageTop

3/25(火) 桜の開花目前、4月の温かさに

文字色 今日は、気温が21℃くらいになる。今日か明日にも、桜が開花する。
 今週の金曜日には、私が一月に開花を予想宣言をして招集をかけた花見の会をやる。中学の同級生たちが、茨城、埼玉、神奈川、千葉から集まる。
 昨日は、友人から近くに千本桜がある、見に来ないか、久々に一杯やろうとメールが届いた。来週の月曜日に行くことにした。来週の水曜日には、夜桜能・薪能に行くのが楽しみ。

 昨日は、歯医者さんへ行った。2か月に一度、通院している。父子二代にわたって歯の面倒を診て頂いている。4年ほど前に放っていたら痛みが来て行った。今、まったく痛みが来ない。彼のお蔭だ。有難い!

 今日・明日とボランティア。今日の午後は、今年のアメリカ映画、アカデミー賞作品賞ほか9部門ノミネートの「それでも夜は明ける」を観に行こうと思う。

PageTop

3/24(月) 大相撲春場所に思う。

 昨日の大相撲春場所、千秋楽結び前の一番、鶴竜と琴奨菊、勝てば優勝で横綱がかかる大一番だった。鶴竜は、日馬富士、白鳳の両横綱を破ってきた。緊張したり、焦るような表情は微塵もなかった。精神的強さを凄いと思う。立ち上がって、若干、引いたがすぐに巻き返してもろ差し、怒涛の攻めで琴奨菊を一蹴した。
 鶴竜は、優勝が懸かる一番、三度目の正直だった。今度は綱取りがかかる、ここ一番の時、唯一のチャンスを逃さなかった。インタビューを受けている態度も実に立派で、鶴竜は横綱になるべき力士だと思った。
 今まで、期待されながらチャンスを逃す日本人力士はなんと多いことか、それは心技体の特に心、精神面の弱さがあるからだろう。今の日本の家庭での子どもの躾や学校での教育の在り方までも、反省させられた。
 昔は、もっと切磋琢磨して、大関・横綱に躍進する日本人歴史が多かったように、思う。我々子ども時代は、やっとTVが出現して、巨人・大鵬・卵焼き、というくらい相撲人気は髙かった。特に、栃錦、初代若乃花の時代は、ハラハラドキドキして観戦した。その時代は、みんな貧しく、ハングリー精神があり、努力すれば報われるという価値観だった、ように思う。そして、また、今のようにサッカーやゴルフなどスポーツが多様化していなかった時代だ。
 それにしても国技の大相撲、大相撲の横綱はモンゴル出身のみ3人になるだろう。国際化の時代だから、外国人出身の力士がいてもよいし、実力があれば、かれらのように横綱にもなれる。遠藤がやっと3場所で、上位とぶつかるところまできたが、負け越してしまった。遠藤ひとりの人気に頼ることなく、もっと日本人力士が出てきてほしい。

 新横綱誕生で喜ぶだけでなく、日本相撲協会、各相撲部屋は、国技の発展のために本腰をあげて、日本人力士育成のために対策を立てるべきだと、思う。と同時に、大相撲を通して、私達にも責任があるように思った。

PageTop

3/22(土) 今日の花 辛夷・スモモ

 3月下旬になると、辛夷やモクレンの白い花が青空に印象深い。けれども、この時期は風が強かったり、天候が不安定の日が多く、今日のように写真を撮ることが難しい。これらの花が散ると、いよいよ桜の季節。高知で開花宣言したので、来週後半には東京も開花する見込みとなった。

辛夷

IMG_5631new.jpg

IMG_5632new.jpg

IMG_5633new.jpg

スモモ

PageTop

3/21(金) 春分の日

 寒さも今日までか、今日はお彼岸の中日。

 づっとウクライナ情勢、特にクリミアについて関心をもってきた。ロシアは、絶対にクリミアを手放さないのではないか。そうすると、学校で子どもたちにこれからどう教えたらよいのだろうか。地図の教科書はどうなるのか。難しい問題だ。ウクライナの東側、ドネツクなどもロシア人が多く、不安定が続く。
 日本では、北方領土はどうなるのか、ロシアは四島を実効支配しているので、ロシア人の保護のためにという今回の理由からすれば、プーチン大統領の本音は高揚感あふれたロシア国民の手前、ますます手放せなくなった、というのが本音だろう。四島、竹島、尖閣諸島、日本は主権国家として、きちんと地図に明記して、歴史や地理を子どもたちに教えていかなければならないと、思う。そうでなければ、隣国は日本と言う国を見透かしてしまうだろう。

PageTop

3/20(木) 今日は雨で寒い一日

 今日は、朝から一日雨、とても寒い一日だった。昨日まで、ボランティアをやったが、昨日まで春の気候だったので、雑草がかなり目立ち始めた。今のうちの少しでも除草することが肝心だ。カラスノエンドウは、花が咲いてきて、えんどう豆がはじけると、増えるので抜かねばならない。雀の鉄砲も出始めた。今日の雨で、またぐんと成長するだろう。来週から、刈り払い機を使うようになるだろう。明日を越えれば、だんだん温かくなるだろう。桜の開花が、3/28と発表された。友人たちと、お花見の計画を立てたので楽しみだ。

PageTop

3/19(水) 難しい国々とのお付き合いばかり・・・

 クリミアが僅か3週間で、あっと言う間に、ロシアに編入されてしまった。プーチン大統領は、昨夜8時に欧米の圧力に耳を貸さずに一方的に、強行に、宣言し、署名した。ロシアの言い分は、ロシアのスタンダードで、欧米の価値観とはまったく違う。まさかということが現実に起こり、ロシアの本音を思い知らされた。

 これから、世界情勢はかなり変わってくるだろう。政治的、経済的、軍事的・・・長期的に対立が深まるだろう。日本の北方領土返還交渉も、大きく後退した。ロシアを除くG7に、日本がいるわけだから、かなりエネルギー輸入など、ぎくしゃくしてくるだろう。日露平和条約さえ、しばらくは締結できないだろう。
 中国は、強制連行の訴訟を受理した。尖閣問題とからめて、日本に圧力をかけてくるだろう。韓国では、慰安婦問題や靖国問題で首脳会談さえ一度も持とうとはしない。中韓は連携して、日本と対立している。今日から、日朝赤十字会談と政府機関交渉が再開されるが、見通しは立たない。

 日本を取り巻く環境は、年々、難しい国々との交渉ばかり、・・・これからも国際情勢に目を向けていく必要がある。

PageTop

3/18(火) 彼岸の入り 春の陽気に

 一昨日から、気温があがり、春の陽気になった。今日は、春一番が吹くかもしれない。

 昨日、ソチ・パラリンピックがひとまず、無事に終わった。日本人選手は、メダル6個(金3 銀1 銅2)だった。ウクライナは、大活躍したけど、ロシアからのメダルを隠し、抗議した。3/16 クリミアの住民投票があり、クリミアが独立を宣言した。ロシアは、今後、どうするのか、野蛮な話だ。今のところ、大きな軍事衝突ないだけが幸いだ。

 一昨日、両国で関東大震災の東京慰霊堂で参拝した。また、震災・戦災記念館にも寄ってきた。関東大震災(かんとうだいしんさい)は、1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒(日本時間、以下同様)、神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生したマグニチュード7.9の大正関東地震による地震災害である。

神奈川県・東京府を中心に千葉県・茨城県から静岡県東部までの内陸と沿岸に広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大級の被害を与えた。
190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったとされる(犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めている)[1]。建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2000余棟である。東京の火災被害が中心に報じられているが、被害の中心は震源断層のある神奈川県内で、振動による建物の倒壊のほか、液状化による地盤沈下、崖崩れ、沿岸部では津波による被害が発生した。

 日本人は、決して、忘れてはならない災害である。当時の惨状は、想像を絶する。93年ほど経つが、絶対に風化させてはならない。アメリカをはじめ海外からもたくさんの救援物資や義援金を頂いた。当時は、日本はアメリカとともに第一次世界大戦をともに戦ったからである。

 あわせて、東京大空襲などの戦災の展示も見た。東京は、1944年(昭和19年)11月14日以降に106回の空襲を受けたが、特に1945年(昭和20年)3月10日、4月13日、4月15日、5月24日未明、5月25日-26日の5回は大規模だった。その中でも「東京大空襲」と言った場合、死者数が10万人以上と著しく多い1945年3月10日の空襲を指すことが多い[1]。都市部が標的となったため、民間人に大きな被害を与えた。こちらも戦後69年になる、両国ではあまりにも死者が多く、まとめて焼いたという。こちらも決して忘れてはならないことである。

PageTop

3/17(月) 晴れて卒業式、そして答辞・・・

 昨日10時から、両国にある日本放送学園高等学校協力校の卒業式に参列した。中学校の時から健康などの理由で通学できず、高校進学を数年遅れていた子の卒業式だった。私が彼と出会ったのは、中学校卒業してから。焦ることはないといつも応援してきた。12月か1月だったか、彼からのメールで卒業式のこと、代表で答辞をやることの連絡を受けた。すごく嬉しかった。ところが、数日前に、体調が悪くて、出席が無理という連絡があったが、当日の朝、出席できるようになったとメールが入った。10時前、式場で彼に会った。「大丈夫か?答辞出来る?」「来ていただいて、有難うございます。大丈夫です。」と笑顔での返事があった。数年ぶりに会った。凄く痩せていて驚いた。卒業証書授与、・・・送辞、そして答辞、彼が校長先生の前に行き、立派に答辞をやることが出来た。中学校を満足に通学出来なかった子が、いま立派に成長し、代表してしっかりと答辞を述べている。あの子なりに、まじめに努力しての成果だ。ほかにも、NHK学園の卒業生は、10代から60代まで学ぶ生徒たちの高等学校の卒業式だ。彼らの姿にも感動した。こういう教育機関の必要を改めて感じた。式後、彼のお爺さんで会社の会長さん、お母さんに祝意をお伝えし、記念写真を撮った。
 彼が卒業式に出席できたことはよかった。私も、彼の卒業式を見守ることが出来てよかった。

 帰りに、両国界隈を散策した。関東大震災の慰霊堂、震災や戦災の写真や資料を展示している記念館に行けたことはよかった。決して忘れてはならないことだと再認識した。時津風部屋、井筒部屋、吉良邸、芥川龍之介文学碑、勝海舟誕生地などを見て廻った。
 

PageTop

3/16(日) 嬉しいメール そして 河津桜が満開に!

 昨日、「旅立ちの日」をUPしたら、大勢の人に観て頂いた。実は、今日、卒業式の子が急に出席できなくなったというので、せめて歌だけでもと、UPした。すると、今朝、嬉しいメールが届いた。

 「卒業式のことについてなのですが、僕としてもとても残念で、
「どうか出席したい、出席したい」と願いながら体を休めていましたら、
不思議と気力体力が回復したのです。
そこで、改めてお医者様へ行き、ご意見を伺ったところ、
「式に出ても問題ない」と太鼓判を押していただきました。
自分でも、びっくりです。

すみません、直前になってドタバタしてしまいましたが、
式は10時からですので、もし、メールをご覧になられて
いらっしゃいましたら、明日、○○学園でお会いできればと
思います。

お待ち合わせなのですが、生徒は9時までに集まるように言われていて、
僕は一時的に欠席の連絡をしてしまったので、細かく調整するために
8時半までに着くように行こうと思っています。
ですので、恐縮ですが、可能であれば○○学園まで直接お越しください。

3年間、お蔭さまで無事に乗り切ることができましたし、目標にしていました
「課題の提出遅れ ゼロ」も達成できました!

「旅立ちの日に」、拝見しました。
明日、しっかり締められるよう、頑張ります!

ありがとうございました。」

 地域の河津桜が見事に、君の卒業を祝うように満開になりましたよ!

IMG_5504new.jpg

IMG_5507new.jpg

IMG_5500メジロ

IMG_5532new.jpg

IMG_5530翡翠に出会った!

IMG_5537菜の花


私も、これから卒業式へ出席し、君の晴れ舞台を見守ろうと思います。

PageTop

3/15(日) 明日、卒業式を迎える君へ

 卒業、おめでとう!よく頑張ってきたね!卒業式に出れなくなって、残念だけど、早く、元気になってね!

 人生は、これからです、「旅立ちの日に」、そしてがんばれ!






 

PageTop

3/14(金) 3.14とは・・・

 今日3.14は、ホワイトデーだそうだ。もうひとつは、数学の日だそうだ。3.14にかけているそうで、Π(パイ)を食べる習慣もあるそうだ。また、アインシュタインの誕生日でもあるそうだ。円周率は、ギリシャの数学者 アルキメデスが考えたそうで、日本ではまだ大和朝廷も卑弥呼も生まれる前のことだそうだ。日本では、江戸時代に和算の数学者 関孝和が円周率を11桁まだ計算した。暦を作るために必要だったからだそうだ。

 ソチ・パラリンピックから、嬉しいニュース。
鈴木が“運命”の3月13日に金メダル 両親に感謝=パラリンピック
スポーツナビ 3月14日(金)4時50分配信

 ソチ冬季パラリンピックは13日、ロシア・ソチで大会第7日が行われ、アルペンスキー男子回転では、座位の鈴木猛史(駿河台大学職員)が2本合計1分53秒78で金メダルを獲得した。日本勢の金メダルは同競技の滑降・座位とスーパー大回転・座位の狩野亮(マルハン)に続いて3個目。アルペンスキーの座位はここまで終了した全種目で金メダルを獲得する快進撃を続けている(スーパー複合は前半種目のみ終了)。

  頑張れ、ニッポン!

PageTop

3/13(木) 満69歳お誕生日おめでとうございます

 今日は、女優の吉永小百合さんのお誕生日。満69歳お誕生日、おめでとうございます。いつまでもお若く、お美しい!サユリスト? いいえ、彼女と小生、生年月日がぴったり一緒。向こう様は、ご迷惑かも知れないが、我が人生、とるに足らないけど、唯一、人様にこのことだけは自慢できること。かみさんは、月とスッポンと言うけれど、なんと言われてもいい、本人のささやかな幸せ。でも、もうすぐ70歳、どんどん近づいてきたなぁ。
 3月生まれなので、4月以降生まれの同級生は、間もなく70歳、そういうわけで、今年は中学校の同級生が「古稀のお祝いの会」を開くそうだ。先ずは、健康でよくぞ、70歳まで長生きできたものだ、と感謝したい。健康で、長生き、これこそ最も大事なことだ。
 これからは健康寿命を、いかに生きるか・・・そのためには、先ず痩せることから始めよう。

PageTop

3/12(水) 新たに一歩前へ

 大震災後、4年目に思う。やはり決意新たに、自分が出来ることをしなければならない。3年という月日は、子どもであれば、中学生が卒業して高校生になり、高校生が卒業して大学生になる変化が目に見えて大きくなる時だ。しかし、東北地方や、原発事故の収束はまだまだだ。

 昨日は、日赤本社で神奈川県横浜市の奉仕団に赤十字及び日赤の歴史と実績、国際赤十字・・・救援物資、特別室・・・を本社地下から7階まで案内し、説明した。復興に支援して頂いている日赤を後方支援したい気持ちからである。説明が終わって、皆さんから拍手を頂戴した。やっぱり、やってよかったと思う。これからも、Humanity人道、
Impartiality公平 Neutrality中立Independence独立Voluntary Service奉仕 Unity単一Universaliy世界性の基本原則に則って、少しでも出来ることから、赤十字へ理解と協力の輪が広がるようボランティア活動をして応援したい。頑張ろう!そのためには、もっと人々にわかりやすく、興味が湧くお話が出来るように、よく勉強しなければならない。
日赤本社では、昨日、朝から、準備して出動態勢で職員が訓練していた。

PageTop

3/11(火) 震災3年目の朝に

 震災3年目、まだ昨日のことのように思う。昨年の今日は、被災地に行って、追悼した。午後2時46分には追悼をしよう。来月は、被災地を見て回り、人々と会う。

 今朝は、寒さの底か、一段と寒い。毎朝、川に行って翡翠を撮影している人から、雌雄が動きが活発になってきた画像が送られてきた。給餌や営巣などをやるので、刺激しないようにマニアの方々は気を遣って撮影するという。春が近づいてきた。

 午前は、赤十字の団体が本社を訪問するので、初めてのボランティア・ツアーガイドに出かける。皆さんにご満足いただけるように最善を尽くしたい。

PageTop

3/10(月) 今日と明日は、都内でボランティア・・・

 ソチ・パラリンピックで日本人選手の素晴らしい活躍のニュース。
ソチパラリンピックは9日、アルペンスキーの男子スーパー大回転座位が行われ、狩野亮あきら(27)(マルハン)が今大会2個目の金メダルを獲得した。

 森井大輝たいき(33)(富士通セミコンダクター)は銀。大会3日目もメダルラッシュで日本のメダル獲得数は計5個となり、ロシア、ウクライナに次ぐ3位。

(2014年3月9日21時57分 読売新聞)

 日本の身障者の選手が、オリンピックのアルペン種目でなかなかメダルを獲れないけど、パラリンピックで獲れるというのが凄い。森野選手は、前日転倒し、棄権し、体がぼろぼろになって、健闘し、銀メダルを獲得した。
 さらに、日本は、何とロシア・ウクライナに次ぐ、5個のメダルを獲得していることも凄い。

 今日、明日の2日間、日赤本社で、本社のツァーガイドのボランティアを行う。

 今日3/10は「東京大空襲の日」。あのような戦禍に苦しんでいる国もある。平和への危険を感じている人々もいる・・・。明日3/11は東日本大震災・原発事故発生の3年目となる。テレビを観ていて、復旧・復興の遅れと、あの日時間が止まったままでなく、進行していることや悪化している状況に胸が痛む。大勢の人々が、不自由な仮設住宅暮らし、故郷を離れての避難生活、帰りたくても帰れない状況・まだまだ根が深い・・・少しでも、人々が安心して暮らせるように、出来ることから応援していきたい。

PageTop

3/9(日) ソチ・パラリンピック開幕・・・

 3/7(金)ソチ・パラリンピックが開幕した。開会式で、印象的だったことは車いすでたった一人、ウクライナの国旗をもっての入場行進だった。最初、ボイコットも考えたようだが、独立国家として参加してウクライナの意志を示した。この旗手の思いを推し量った。どんなに立派な平和の祭典でも、当事国が銃をもって平和を脅かしていること。派手さが、国のために利用しているようで空々しく見えてきた。ウクライナは、戦争が始まればボイコットするだろうし、世界は黙認しないだろう。3/16の会期中にクリミアの帰属をめぐる住民投票がある。

 パラリンピックも4年に一度、選手は物凄い練習を積んできた。身体的ハンディを乗り越えての素晴らしいパフォーマンスに感動させられるのは、オリンピックと同じ。
 今朝は、素晴らしい日本人選手達が大活躍した。ソチ冬季パラリンピックのアルペンスキー男子滑降座位で優勝した狩野亮(27)=マルハン=が8日、アルペン会場のふもとで行われたメダル授与式に出席した。君が代が流れると目を潤ませた狩野は「この金メダルを見てすごく実感が湧いてきた。まだ先があるので、気を引き締めて頑張りたい」と話した。
 同種目3位の鈴木猛史(25)=駿河台大職=と、バイアスロン男子7・5キロ座位の久保恒造(32)=日立ソリューションズ=もそれぞれ銅メダルを手にした。(共同)
 みんな頑張っているし、応援していきたい。これからも活躍を期待したい。

 別件だが、もう一人、宇宙飛行士の若田光一さんが、まもなく日本人初の宇宙ステーション(ISS)の日本人初の船長になる。5月までの任務が続く。少し太ってきたそうだが、健康で無事に任務を追行してほしい。

PageTop

3/7(木) 河津桜が五分咲きに・・・

 啓蟄に 虫も縮こむ 寒さかな 
 来週半ばまで、最高気温が10℃以下、最低気温が真冬並みの低温の日々が続いている。昨日、河津桜、その後どこまで開花したか観に行ったら、ほぼ五分咲きになった。


IMG_5453new.jpg

IMG_5457new.jpg

IMG_5481new.jpg


PageTop

3/6(木) 今朝も気がかりなこと

 日本から遠く離れたウクライナで起こっていることが気になる。日本への影響では、先ず食料、特に小麦・トウモロコシの輸入・・・パンやパスタが値上がりし、家畜飼料が上がれば肉や乳製品が跳ね上がる。さらにロシアからの天然ガスが高騰すれば、電気・ガス料金が上がるなど、日本経済は国際社会の動き次第、デフレ脱却しつつある経済も不安定だ。ウクライナのエネルギーだけでなく、ヨーロッパのエネルギーはウクライナを通って、西ドイツをはじめ各国がロシアに依存している。ウクライナで、2/17に政変が起こったが、ロシアはソチ・オリンピックの開催国で軍事的に動きたくても動けなかった。ロシアは、ネオナチ・テロリストによる暴動だと言って、民主的政変を認めてはいない。そして、明日からソチ・パラリンピック、そのためやはり手が出せないために、自警団と欺いてクリミアへ派兵し、現在、占領している。国連特使を脅したり、ウクライナ軍施設内のウクライナ兵に睨みをきかせたり、セバストポリ軍港内のウクライナ艦船を囲んでいる。クリミアは人口の6割がロシア人で、今、ロシア寄りの自治政府であるが、住民投票をやればロシア寄りの分離国家となるかも知れない。いずれ、なんらかの駆け引きでロシアは有利なカードを握ろうとしているのだろう。まだまだ一触即発で、兆発があれば戦いになる状況が続いている。さらにやっかいなのが、ウクライナ東部もロシア人が多く、ドネツクでは政府機関にロシア国旗が上がったり、している。いったん、衝突があれば隣接するロシア国境からロシア軍がロシア人(パスポートは両方持っているらしい)救出という大義で、侵入する。現に、プーチン大統領は、軍事的オプションを最後の選択肢と明言した。こういう情勢の中で、パリで欧米外相とロシアのラブロフ外相とがはじめて直接会談に入ったが、ロシアの時間稼ぎ状態だ。パラリンピック開催中は、かろうじて表面上の平和は保たれるかもしれないが、先行きは、分からない。21世紀になって、かなり重大な問題で、落ち着くまで、相当の時間がかかるだろう。ロシアは、ウクライナが今後EUにつくだけでなく、今や20数か国に膨らんだNATOを自国の隣にまでとなればどうしても我慢が出来ないのだろう。ましてフルシチョフ時代までの南下政策の領土クリミアを必死に留めおきたいのだ。

PageTop

3/5(水) 寒さ続く

 今日は、雨・・・山梨や山間部では、またも降雪。低気圧が発達しながら、北上しているためだ。3/12(水)頃まで、朝は気温が低く、昼も10℃以下が続くようだ。今年は、2月末で、もう台風が3号も発生している。

 ウクライナのクリミア半島情勢は、戦火こそ交えていないが緊迫状態は続いている。ロシア軍が、半島のあちこちを包囲している。今から約40年前に、ソビエト軍がチェコスロバキアのプラハに怒涛のように戦車で侵略した「プラハの春」と重なる。あのような悪夢が起きないように祈る。圧倒的な力の前に、投降したウクライナ軍もあるようだが、その中で、ロシア軍と対峙している若いウクライナ軍の兵士たちは、今、どういう気持ちで死守しているのだろうか。より正確に動向をキャッチするには、NHKBSの海外メディアのニュースが、非常に参考になる。これからも追っていきたい。

PageTop

3/4(火) ウクライナ情勢緊迫

 今日の正午まで、全面降伏しなければ軍事侵攻する。ロシアの黒海艦隊はクリミアに、宣戦布告したというニュースが報じられている。今朝の経済情報は、NYも東京も不安定な情勢を受けて、株価は大幅に下がった。ロシアは、クリミアの6割がロシア人、そして自治共和国からの要請という大義名目で、すでにクリミアのウクライナ軍を包囲したり施設にロシア軍が侵入した。EUやアメリカは、ベルリン壁崩壊後の最大の危機感をもってこれを阻止しようとしているが、プーチンロシア大統領は、軍事的に引こうとはしない。かつてバルカンがヨーロッパの火薬庫として、ユーゴスラビアのチトー大統領後、民族間で多くの血を流すコソボ紛争を経て、モザイク国家になった。今度は、クリミアか、クリミア半島も歴史的にとても難しいところ、クリミアからウクライナ東部に軍事衝突が拡大すれば、極端に言えば、第三次世界大戦になる。今、ロシアもEUはじめ世界各国と共通の利益に目を向け、最悪の事態まで、指導者たちは愚かではなかろうと、期待したい。日本も我々の生活も、遠い無関係な動きとしてはなく、危ない局面を注視する必要がある。

 日朝赤十字会談、一日目の情報が入った。引き揚げ時に亡くなった2万人以上の遺骨収集が大きな議題だったが、政府間で拉致問題などについて秘密会議がもたれたようだ。今後、継続するというところまで進展したようだ。日本側では、会談の北朝鮮の意図を分析して、次に臨むという。

PageTop

3/3(月) 今週の予定

 3/1から、気温が下がって10℃前後、今週いっぱい続く。幸い、雪は降らずに助かった。山梨・埼玉の山間部は、特にほっとしたことだろう。山梨県北杜市には、福島から農業移住した知人がいるが、ここ2年でまたビニールハウスなどの雪害を蒙っているのではないかと心配だ。
 今週は、大学に行く予定が変更となった。火・水曜日は、ボランティアの予定などである。

 最近、日本赤十字の関係を勉強しているが、赤十字発祥の地、イタリアのソルフェリーノの戦いは、調べれば調べるほど、日本の戦国時代と比べられないほど、非常に複雑な大変な戦争があったことが分かった。イタリア統一戦争は、モザイクのように多くの国々、それにフランス、オーストリアをはじめたくさんの勢力が悲惨な殺戮を繰り返していたようだ。アンリ・ジュナンがそれを目の当たりに見て、赤十字運動を立ち上げたが、人間の英知と努力で歴史的必然であったように思う。赤十字が発足して150余年だが、どれだけ多くの戦争や殺戮、自然災害があって、どれだけ、これが役立っているか、これがなければ出来ないこともたくさんあると、思わせられる。今日から、国交のない北朝鮮と日朝赤十字会談が、北朝鮮の申し入れによって開催される。これがないと北朝鮮とのパイプはないのだ。今、シリア内戦でも救援の手は必要だ。またウクライナの情勢も、クリミア半島にロシアが軍の介入を決議したので、今後が心配だ。ソチ・オリンピックは無事終わったが、7日からはじまるソチ・パラリンピックが平和の祭典でみんなが参加できるか危ぶまれる。すでに今年開催予定のソチ・サミットに、アメリカ合衆国オバマ大領は、ロシアがクリミアへ軍事介入すれば不参加すると明言した。クリミア半島も、ウクライナも日本では考えられないほど、複雑な歴史の上にある。流血がないことを祈りたい。国連が無力化し、国際政治も難しいが、赤十字も難しいかじ取りをすることになろう。

 間もなく、東日本震災3年目を迎えるが、赤十字は被災地の医療・生活で支援している。まだまだ仮設住宅で余儀なく暮らさざるを得ない人々も多い。来月は、福島県浜通り方面へ、大勢の皆さんと行く予定。

 一個人では、出来ることは小さいけれど、出来ることからはじめよう、と思った。

PageTop