■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









6/30(月)2014年の上半期を終えて

 日めくりカレンダーは、かみさんの愛用、毎日1枚づつ外した。確かに、2014年、残り1/2になった。今年も半年が過ぎ去ったと実感する。
 月ごとのカレンダーに、予定の行事を、予定通りに進めてきた。4月上旬に、東京のJRC(青少年赤十字)賛助奉仕団の皆さんと福島県の皆さんと、合同で福島県浜通り地方一帯を視察研修、実家訪問が出来た、6月に日本退職公務員連盟の宿泊研修で、東京都退職公務員連盟(都退公連)の代表として、全国の皆さんに発表の責務を果たせた、プロ野球観戦1試合出来た、本場のジャズピアニスト、チック・コリアさんのライブが聴けた、夜桜薪能を観れた、日赤本社ボランティア、大学・・・幾つか充実した時を過ごすことが出来た。
 明日から7月、今週後半は、2つ大きな予定、ひとつは、新潟県越後湯沢方面への研修旅行、新宿へ朝一番で旗と名札をもって行き、研修講演や写真撮影などお手伝い、次に帰宅翌日、再び新宿へ、年に一度、都庁時代からOB会「たなばたの会」・・・
9月には、「古稀の会」の同級会の案内が来た。懐かしい竹馬の友と会う。今年の後半、この半年、今年やりたいことをやろう。退公連、赤十字、地域のボランティア、・・・7月には、タブレットへ挑戦、7/18に日本新発売のマイクロソフト サーフェイスPRO3が届くので、楽しみ・・・。

 今朝のワールドカップサッカー決勝トーナメント、オランダ対メキシコの対戦は、メキシコが1点を先行した。後半ぎりぎりから、オランダがスナイデルの豪快なシュートで同点、ロッベンがPKを手繰り寄せ、2対1で振り切って、オランダがベスト8に勝ち進んだ。敗れたメキシコの守護神オチョアは、MOM(マン オブ ザ マッチ)に選ばれた。今大会随一のキーパーのファインセーブが観られなくなるのが、とても残念だ。勝ちたいと思う気持ちが相手よりも強いチームが、勝ち進んでいる。コスタリカ対ギリシャの対戦は、後半修了間際に、ギリシャが劇的に1対1のタイスコアに持ち込み、延長戦の死闘で決着つかず、PK戦でコスタリカがベスト8に勝ち進んだ。ギリシャ監督が、なぜかPK戦前に、退場処分になってしまった?!やはり、指揮官が、戦場を離脱したら、負けてしまうだろうと思った!!次は、オランダとコスタリカの対戦。そして明日は、ヨーロッパ対アフリカ、フランス対ナイジェリア、ドイツ対アルジェリアが見ものだ。サッカーは、厳しいスポーツ、国と国との闘い、死闘だ、死にもの狂いで、全力で闘う、戦争以外の人間の本能の平和の闘いだ。世界中の国々の人々が、熱狂している。最大のスポーツだ。そういう闘いだが、レフリーがいて、ルールがあり、ジャッジする。日本チームは既に引き揚げたが、今も、日本の審判団がブラジルに残って、これからもジャッジする。ジャッジは、両方から喜ばれる立場にはなく、厳しい中に、厳しく公平を貫かねばならない。ガンバレ西村さん、當間さん、東城さん、ガンバレ、ニッポン審判団!。

 
[ 2014/06/30 06:30 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/29(日) 綾香~みんな空の下~

 今日、いい歌に出会いました。綾香さんの作詞・作曲、ヴォーカルです。知らなかったが、彼女が病気で休養する前、2009年のリリースだそうです。素晴らしい歌を、歌っているんですね。(ちなみに、今、NHK朝の連ドラ「花子とアン」の主題歌「にじいろ」も彼女の自作自演で、素晴らしい才能です。)
 彼女の歌詞は、本当にナィーブでセンセティブ、歌も非常にうまい。若い人からシニアにまで、心を惹きつけ、背中を押してくれる、応援歌のような歌ですね。とてもいい曲なので、UPします。





みんな空の下 (修改)
作詞:絢香
作曲:絢香

淚流さない どんなに辛くても
誰にも負けない強さ持ってるのは
周りを悲しませないあなたの優しさ

見つめる瞳 言葉なくても
伝わるあなたの想い
負けないよって 頑張るよって
何度も優しく笑うんだ

あなたの笑顏は 誰よりも輝き
曇り空まで 晴れにしてしまう
何度も高い壁 乘り越えたから
何も怖くない 一人じゃないよ
みんな空の下

言い返せなくて 悔しかったよね
一人で泣いてた日々も 今も繫がって
大きな花を笑かそうとしてる

小さな胸にしまいこんでいる
空に似た大きな心
泣かないでって 大丈夫って
包み迂むように笑うんだ

星が顏を出し あなたが眠る頃
同じ空の下 願う人がいる
明日もあなたが 笑っていられますようにって
見守っているよ 遠い場所から
みんな空の下

やわらかな風を吹かせて
街はそっと色付いてく

あなたの笑顏は 誰よりも輝き
曇り空まで 晴れにしてしまう
何度も高い壁 乘り越えたから
何も怖くない 一人じゃないよ
みんな空の下
[ 2014/06/29 16:00 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/29(日)FIFAワールドカップ、決勝トーナメント、スタート!

 日本時間の早朝から、FIFAワールドカップ、決勝トーナメントがスタートした。ベスト16か国、強豪南米5か国中で、南米4か国の激突だ。開幕初戦は、いつも開催国、ブラジルから、ブラジル対チリは、1対1のスコアで、PK戦へ。最後、ネイマールが決めて、チリの最後のキッカーのボールがポールに当って跳ね返り、決着した。ブラジルが、かろうじてチリに薄氷の辛勝だった。
 第2戦は、コロンビア対ウルグアイ コロンビアが、ハメス・ロドリゲスが2ゴールを決めて、2対0で、初のベスト8へ進出した。ロドリゲスは、現在、5得点で得点王トップに立った。得点王も、決勝までいくチームから出るだろう。

 次の対戦は、7/5(金)朝5時、ブラジル対コロンビアでベスト4が決まる。明日は、オランダ対メキシコ。熱闘が続く・・・。

 開催国ブラジルは、日本から地球の反対側、今、リアルタイムで、ワールドカップのサッカーの熱戦を観戦できるというのは、夢のようで、不思議に思う。半世紀以上の子どもの頃に、メルボルンオリンピックがあって、雑音交じりでラジオで「ヤマナカ ガンバレ!」(水泳400m自由形)を応援した頃と、隔世の感がする。
[ 2014/06/29 10:06 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/28(土) 花日記

 昨日、近所の花を見てきた。ユリが終わろうとしている。スイカズラ、アガパンサスが咲き、今年も夏がきた。

IMG_7175w.jpg

IMG_7176w.jpg

IMG_7178w.jpg

IMG_7180w.jpg

IMG_7181凌霄花

IMG_7182アガパンサス

[ 2014/06/28 08:36 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/27(金) FIFAワールドカップサッカーベスト16へ

 サッカーの一次リーグが終わり、32か国から決勝トーナメントは16か国に絞られた。これまで、強豪チーム、スペイン、イタリア、イングランド、ポルトガルが沈んでしまった。今朝、韓国も退場で1名欠くベルギーを攻めきれず敗退し、アジアがゼロとなった。イタリア、イングランド、ウルグアイの組み合わせから、まさかの大きな奇跡を起こしたコスタリカにも注目したい。
 6/29(日)は、早朝から南米同士の4か国が激突し、スタートする。厳しいゲームが、オープンする。

 どの国も強い。これから凌ぎを削るが、優勝候補は、ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダ、ベルギーに続きヨーロッパ勢、中南米勢、アフリカ勢のいずれになるのではないか、優勝の行方と得点王も気になる。ネイマール(ブラジル)、メッシ(アルゼンチン)、ファンペルシーかロッベン(オランダ)、スイスのシャキリはハットトリックをやってのけたし、ラッキーボーイが現れるかも知れない。予想は、7点から10点くらいになるのではないか。現時点のトップは、ネイマールとメッシ、ミューラー(ドイツ)の3人が4得点でトップ、次いでベンゼマ(フランス)、シャキリ、ロドリゲス(コロンビア)、ファンペルシーとロッベン(オランダ)が3点で続く。クローゼ(ドイツ、歴代得点王トップ15に並ぶ)にも注目したい。
 外国のストライカー選手の強烈なシュートが見ものだ。

 個人的には、コスタリカやアフリカからの2か国、ナイジェリアとアルジェリアがどこまで闘えるか、応援したい。これからの世紀は、いろいろな面でアフリカに強くなっていってもらいたい。奇跡が、旋風が起きるかもしれない。
 準決勝は7/9(水)~、決勝は7/14(日)、非常に楽しみだ。
 また、ハラハラドキドキ、新たな気持ちで観戦したいと、思う。
[ 2014/06/27 08:43 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/26(木) 赤十字飛行隊について

 昨日は、自分にとって、忙しく、長~い、でも充実した一日だった。
 先ず、朝は自宅で、サッカーを応援した。本当に残念で、今でも、悔しい気持ちが残る。仕方がない。
 朝、8時に地下鉄で日赤本社へ向かった。通勤ラッシュの時間帯、東西線は、久しぶり、相変わらず、しんどい。

 10時から、世界遺産指定になったばかりの群馬県富岡市の皆さん、市役所の皆さん、地元の名士の方々に、祝意をお伝えした。みんな笑顔でいっぱい、嬉しさが伝わる。上野から高崎を経由で1時間半ほどで行けるそうで、今度、行ってみたい。地域の皆さんから募金を集めてくださる行政区長さんが主だそうで、汗をかきながら、本社のすべてをご案内した。

 午後は、福井県の県内全域の皆さん、福井県からは先月以来、2度目。福井日赤のY課長にお目にかかった。福井のことを、よく勉強してきたので、喜んでご案内しますと、お伝えしたら、とても喜んでくれた。福井の皆さんに、明治時代に橋本軍医総監が、いち早く日赤創設時に、日赤病院の設立を提起し、今日、日本全国に、大きな功績があったこと。昭和23年に、M7級の都市型直下地震があって大きな被害があったことを、当時の進駐軍の写真を提示しながら説明した。すると、家が全壊した、余震が幾度もあって、避難した・・・など、おっしゃる方々もおられた。
 本社内を一巡して、皆さんの日赤へのご協力に御礼を述べて、本日の予定を終わり、控室に戻り、帰り支度をしていたら、・・・。

 日赤の方が、「日赤飛行隊」の幹部の方々が来社されたので、ご案内、説明を依頼された。最初、どういう団体か不明だったが、すぐ情報プラザに行って、写真や資料を用意して貰うと、もう50年近く活躍している大変重要なボランティアであることが分かった。日赤は、社団法人で国からの財源がなく、航空機・人員、船・・・がないので、パイロットボランティアにお願いしているとのこと。北海道から沖縄まで、約100人のパイロットたちが、いつでも飛び立てる体制にあるとのことだった。日本ではじめて、心臓空輸したお話もお聞きした。医療陣、血液、物資などをいち早く輸送している方々だ。直接、お話をお聞きし、驚くばかりで、とても心強く思った。赤十字について、釈迦に説法だが、ご説明した。
 日赤の方から、ボランティアがボランティアにボランティアをする、それが日赤の原点と、言われ、何かお役にたったのかなあ、と思った。日赤には、いろいろなボランティアが全国にいらっしゃるそうだ、山間部では馬も、都市部ではバイクも・・・人命救助に当たっているそうだ。

 月に2~3回、自分のできることを、日赤でボランティアをしている、一コマです。
[ 2014/06/26 11:23 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/25(水) サッカーワールドカップ、日本敗退

 奇跡が起きることを期待して、今朝、応援した。前半、終了間際に、岡崎が決めて、1対1までは、その期待を持った。しかし、後半は、コロンビアが本領を発揮し、4対1で負けてしまった。悔しいけど、致し方ない。選手は全力を挙げて、闘ったので、お疲れ様と労ってあげたい。

 アジアから、韓国・日本・イラン・オーストラリアが出場したが、すべてその内容が悪いので、FIFAはアジア枠減を検討するかもしれない。日本は、次をどうするか分析・検討するべきだろう。

 今日は、地域のボランティアではなく、日赤本社ボランティアガイドを、午前は群馬県富岡市の皆さんを、午後は福井県の皆さんを案内する。皆さんに喜んでもらって、お帰り頂けるように精一杯頑張って来よう。
[ 2014/06/25 07:38 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/24(火) 鈴虫君たち

 今朝から、鈴虫の世話をはじめた。まだまだ小さくて、赤ちゃんたちだ。いつも8月はじめになって鳴きだすので、これから成長していくのが楽しみだ。

 今日は、地域の皆さんとボランティアに参加して汗を流した。高温多湿となって、植物の成長がたくましい。芝生を傷めつけている、蔓草を取り払った。
[ 2014/06/24 12:43 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/23(月)今年も我が家が賑やかに・・・

 昨日、ご近所の先輩から、今年もたくさんの「鈴虫さん」達をお譲り受けた。昨年も、夏の夜を涼やかに癒してくれた。そして、そのうちの1匹が師走一週間前までのご長命だったので、驚いた。まだとても小さい子どもたち、毎日世話をして、これから大切に飼育していこう。昨年は、以下のように、心がけて飼育した。

 1 野菜はなるだけ新鮮なもので、よく洗って農薬がないようにする。 2 鰹節、煮干し、粉餌は新鮮なものを与える。 3 蚊取り線香や殺虫剤に注意する。 4 適度な湿度にする。
[ 2014/06/23 06:35 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/22(日) 心の原風景

 今朝は、マドンナさんのとても素晴らしい心に残るDejital Bookをこころよくお借りすることが出来ました。
 マドンナさん、有難うございます。
 大阪の美しい棚田を舞台にした日本人の心に響く原風景です。皆さん、どうぞご覧ください。


[ 2014/06/22 08:13 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

6/21(土) 昨日のアラカルト・・・

 昨日、午前は、ワールドカップサッカー、日本対ギリシャを応援した。何としても、1点ほしかったが、ノーサイドだった。チャンスはいっぱいあったが、決定力がない、外国選手にみられる攻撃力のある選手がいない、日本の弱さだ。しかも、組み合わせは、他と比べても恵まれたところでもそうだ。日本のマスコミは、実力以上に、持ち上げるので、いけそうだと思わされてしまう。今朝も、新聞では、崖っぷちとか、試合の評価がネットやツイッターで流れている。一次リーグ突破は、かなり困難になった。イングランドも敗退した。ほかの組み合わせの死のリーグは、どこを見てもそうだ。世界の壁は、まだまだ高いことを思い知らされた。頑張れニッポン!

 午前中は、事務的な作業をして、午後1時半からの会議へ出かけた。会議は順調に2時半には終わった。さて、6時からもうひとつの会があるけど、どうやって過ごすか、写真を撮るか、美術館・博物館、寄席にでも行くかと、不忍池の方面へ向かった。すると、若い外国人ひとり、ナップザックと地図を片手に歩いてきた。どこへ行きたいの、と聞いたら、SENSOUJIと言ってきた。ブラジルから来た韓国駐留の機械エンジニアで、数日、日本旅行にきたそうだ。私も時間があったので、時間まで案内してあげるよ、と言ったら、彼もとても喜んだ。先ず、台東区の下町民俗資料館で戦前・戦後の下町の人々の暮らしを説明してあげた。上野から地下鉄で、浅草に行き、仲見世やSENSOUJIを案内した。彼は、とっても喜んでいた。寺の前で線香の煙を頭にかぶると利口になるとか、日本人はお賽銭を上げて願い事をするとご利益がある、あなたのお賽銭だよと上げたら、何やら願っていた。仲見世で、スイス在住の彼の彼女がいて、学生の彼女に、どんな土産がいいか聞いていたから、彼女のことを祈っていたのかなあ。二人で喫茶店に入り、コーヒーを飲みながら、サッカーのこと、その後のオリンピックのこと、その次の東京オリンピックのこと、などを語り合った。彼はサンパウロ在住で、多分、決勝戦は母国で切符は手に入らないけど、観戦すると、言っていた。まだ、時間があったので、電車で東京スカイツリーも案内し、別れた。彼は、すごく感激し、名刺を渡して、ブラジルは素晴らしいところだから、是非、来て!と言っていた。たまたま、私がその日の午後、フリーだったこと、外国へ行った時に、いろいろ親切にしていただいたので、と話した。次に、都営地下鉄線に乗ろうと歩いていたら、道に迷っていた外国人の男性に出会った。どこへ行きたいか、と聞いたら、SENSOUJIという。逆方向だったので、行き方を教えた。NYのブルックリンから来たそうで、ユダヤ人の多い町で、私もひと月そこで過ごしたよ、と言ったら、笑っていた。その後、すぐ、地下鉄改札へ行ったら、若いカップルが、使えない一日地下鉄乗車券で困っていた。都営と、東京メトロ、同じ地下鉄なのになぜ?会社が違うからだ、というと納得した。切符の買い方、行先など同じ方向なので、途中まで、一緒に乗車した。明日は、関西へ行くと言っていた。2020年の東京オリンピックまで、外国人にきめ細かい説明が必要だと思った。話を聞くと、何とコロンビア人で、日本の次の強敵の国の人たちだった。そうか、この人たちの国のチームと闘うと思うと、不思議な因縁を感じた。多分、25日の日本対コロンビア戦では、彼らのことを思い出すだろう。オーストラリアのシドニーの大学で、それぞれの専門と語学を学んで、数日の旅行だった。大門で降りて、東京タワー見物に行くと言っていた。ホテルは日本橋なので、帰りの電車の乗り方を、教えて別れた。人は、日本人であれ、外国人であれ、それぞれ文化や肌の色は違うけど、心情や生き方はそう変わらないと、思った。
 そろそろ、5時半になったので、自分の会へ、タクシーで急いだ。
 まあ、午後から、予想もしてなかった時間の過ごし方をした、まさかの外国人旅行者へのボランティアをやってしまった。でも、それぞれに喜んでもらえたので、よかったのかな、と思った。自分も異国へ行った時に、いろいろと親切にしてもらったことが、どれだけ有難かったかを、思い出した。ただ、毎日、英語を使ってないので、十分、説明が出来ずに苦労したなあ・・・。また、役に立つ時には、進んでやってもいいと思う。
[ 2014/06/21 10:45 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/20(金)WCサッカーブラジル大会

 さあ、いよいよ日本とギリシャとの一戦、前半、0対0で後半へ。出かける前に、ブログをアップする。後半戦開始、日本の結果を見てから出かけよう、頑張れニッポン!

 スペインがチリにも敗れ、まさかの敗退とは驚いた。二連覇というのは、本当に厳しい。オランダが、ベスト16、快進撃だ。アメリカとメキシコを見たが、メキシコも強い。
[ 2014/06/20 08:09 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/19(木)無事に帰宅・・・

 2泊3日の、日本退職公務員連盟の宿泊研修会を終えて、都内のホテルから午後無事に帰宅した。昨日の午後、1時~4時30分まで、分散会という協議会の記録係だった。ICレコーダーの録音を昨晩は、午前1時45分までかかって、ホテルの自室のノートパソコンに向かってA45枚にまとめた。深夜まで起きて、事務作業をしたのは何十年ぶりだろう。風呂に入って寝て、目が覚めたのが朝4時。また、原稿に向かって、原稿修正をした。朝ぶろに入って、朝6時半、ホテルから5分ほどの近くの2つあるコンビニのコピー機へUSBを持って行ったら、どれもワードやエクセル文書はウィルス感染の危険性があるというので使えず、困った。要するに、ワードではなくPDF文書なら大丈夫ということが、分かった。そこで、急いでホテルへ戻り、フロントと交渉した。最初、あまり気乗りしなかったようだったが 、熱心に頼んだら、5枚4組を400円でプリントアウトしてくれた。それを自室に持ち帰り、発表の要点を赤鉛筆でマークした。午前中の発表者、3人のうちの最後、準備万端整えたので、無駄なく要領よく、全国の皆さんに発表できた。休憩時間に、大勢の方から、よかったよ、よくわかったよ、と言ってもらえたことが嬉しかった。元厚生大臣を2回努められた、津島雄二会長さんが、とてもにこやかに接してくれたこと、役員・事務局、全国の皆さんが労ってくれたことは、嬉しかった。全国の方々と、親しくお話も出来た。印刷文書や、USBメモリも、みんなにプレゼントした。3日間、日本の最先端のこと、厚生年金制度、社会保障制度や全国の状況など、凄い勉強が出来た。ただし、これで終わりでなく、東京都支部の皆さんへ何らかの形で最新情報をお伝えしたい。帰りは、パソコンやカメラなどの荷物が重く、暑くなったので、タクシーを乗り継ぎながら、電車で帰宅した。明日は、午前7時からサッカーの日本対ギリシャ戦を応援し、午後1時まで原稿を持って湯島へ行く。そして、午後6時から昔からの馴染みの人たちと懇親会・・・前から、分かっていたが、何かと忙しいなぁ。
[ 2014/06/19 17:39 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/17(火) 今日の花日記

 昨日、6/16(月)の午前、団地内の花壇の花を撮影した。今、花の主役が紫陽花から、ユリに移ろうとしている。江戸時代にシーボルトがオランダに持ち帰り、ロンドンではユリが高値で売れたそうだ。ヨーロッパ人が好きな花、今朝は「今日の花日記」をUPします。どうぞご笑覧ください。

 昨夕は、ハガキ当選した「チック・コリア ピアノソロジャズコンサート」を聴きに行った。ジャズの生演奏を聴くのは、実に3年ぶりで楽しみだった。入場受付の前方で並んでいたら、係が予想以上の来場者で入場できない人が出る状況だ、とお詫びの説明、それで土曜日にジョイントのコンサートをするので補償したい、ということだった。当然、大騒ぎする者も出た。当日、私はぎりぎりで入場することができたが、ホールの最後列の座席、隣に大きな音響コントロール設備があって、電気音がしていた。後で係の人に、予想以上の大混乱の対応の前に、きちんとリスク・マネージメントするべきだとアドバイスした。チック・コリアの演奏は、超一流のアーティスト、とても素晴らしい演奏だった。

 今日からの3日間(6/17~6/19)、都内のホテルで日本退職公務員連盟の宿泊研修会、私は東京代表で、毎年この時期、都道府県の代表1~2名が参加する。総務省の年金問題の講演や全体会、分科会があり、私は本部から記録や発表を頼まれたので、ノートパソコンを持参し、夜中はホテルでまとめをしなければならない。勉強するのは苦痛になったけど、責任上、なんとか頑張らねば・・・。今週は、ブログ・TWITTERなどはお休みします。来月後半からは、タブレットが届くのでいつでもUPできるようにしたいと思う。これが終わっての翌日、6/20はWCサッカー日本対ギリシャTV観戦し、都内2か所で会議など、今週は何かと忙しい。


[ 2014/06/17 05:24 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/16(月)サッカーWC 初戦逆転負け

 6/15(日)午前10時~ サッカーワールドカップブラジル大会の初戦、日本はコージボアールと闘った。前半16分、日本は本田の切れ味のいいゴールで先制点、これはいけそうだ、という期待感をもって前半を終えた。しかし、ボールのスピード・支配率、シュート数では、相手が上だった。背も高く、フィジカルでも、手強い相手だ。このままでは、いかないだろう、点の取り合いかと思った。後半、大きく流れが変わったのは、ドロクバが入ってからだ。俄然、相手の空気が変わって、活性化した。こんなにも存在感が大きい選手は、見たことがない。日本のデフェンス3~4人が、引きつけられたからだ。その隙に同点、その数分後に裏をつかれたヘッディング・シュートを決められ、2対1で逆転された。後半は、いいところがなかった。どうしても勝って、勝ち点3が欲しかったが、負けてスタート。かなり、心配していたが、ドロクバ、カカ・トゥーレなど、アフリカ勢の強さを思い知らされた。ドロクバは、国の英雄、自国の内戦をやめ、選挙を!と、呼びかけた、優秀な人で、子どもの時にフランスで勉強したそうだ。
 次の6/20ギリシャ戦,6/25コロンビア戦はどうしても勝たねば、一次リーグ突破が難しくなった。次へ、期待したい。初戦敗退で、一次リーグ突破の確率は、8.9%、非常に厳しいが、可能性がある限り、最後まで頑張ってほしい。細かいパス回しで決定力ある攻撃と、チームワークのディフェンス力が試される、誰と言わずに、ラッキーボーイが出てきてほしい、頑張れ、ニッポン!
[ 2014/06/16 05:40 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/15(日) 鎌倉:あじさいの風にふかれて

 6/14(土)鎌倉:成就院、長谷寺、東慶寺、明月院へ紫陽花を観に行ってきたのでUPします。

 今週は、湯島で日本退職公務員連盟の宿泊研修に参加するため、しばらくブログお休みします。


 
[ 2014/06/15 08:22 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/14(土) 今朝も、サッカー・・・

 朝、テレビを観るとオランダ:スペイン戦。前半後半、丁度、オランダのファンペルシーが超絶ヘッディング・シュートで、1:1の同点ゴール、目が覚めた!昨年の決勝戦、超ハイレベルで極めて緊張感のあるゲーム・・・。決定力のあるのは、凄いの一言、なんとオランダが後半20分にも入れて3:1と逆転になった。無敵のスペインが、大ピンチに・・・。終わってみると、5対1でオランダが勝ち進んだ。スペインは、まさかの久々の敗戦、運が悪ければ、一次リーグを勝ち進めなくなる。連覇の夢は・・・?サッカーは、人生と同じ、簡単に先が読めるものではない、と思った。オランダは、さすがに昨年、決勝に進んだだけの力はある。また、オレンジ・カラーが勢いをつけてくるだろう。

 明日は、日本の初戦、いよいよ近づいてきた!

 今日は、好天気、鎌倉へ足を延ばし、紫陽花撮影に出かける。北鎌倉から、東慶寺・明月院、長谷寺、成就院を予定している。昼は、シラス丼が食べようか・・・。

 昨日、近所の紫陽花を撮影したので、UPします。


IMG_6881縮

IMG_6893縮

IMG_6896縮

IMG_6907縮

IMG_6911縮
[ 2014/06/14 05:26 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/13(金) 再び、初戦のジャッジから

 さっそく、今日のブラジル対クロアチア戦の主審、西村さんのジャッジについて、批判のニュースが流れた。西村さんの判断は、体をつかまれたのでゲームに支障が出た、クロアチアの言い分は、あの程度の体の掴み合いはよくあることで、ブラジル選手がファールがとれるように倒れた、だからノー・ファールというものだった。ツイッターを見ても、両論があった。でも、私が見ていた、西村さんの判断は正しかった。ひとつは、スタンディング・ポジションがよかったこと、例え、数ミリでもファールが適用できるならば判断する、ましてワールドカップという最高の舞台の初戦、甘くなれば、次からの審判の基準が甘くなってしまうからだ。公正公平な判断したのだから、そういう批判を無視したほうがリスペクトされる。西村さんはゲーム中に、クロアチア選手達に猛烈な抗議を受けたが、毅然としていた。少しは英語を話せた方がよいが、あの状況は言葉で説明しなくてもわかる状況だった。日本の審判もサポーターも、選手も・・・フランス大会の時のように、フェアプレーと称賛されるように、我々も応援しようではないか。頑張れ、審判団!

 今度の大会から、審判に2つ、新しいことが導入された。ひとつは、「バニッシング・スプレー」・・・ ルールでは、FK時に守備側の選手はボールから9.15メートル離れなければならない。 この距離を明確にするため、FIFAは同大会で試合中のピッチ上に印をつけるスプレーの 採用を決めた。西村さんが、よくやっていましたね。
 もうひとつは、「超最先端システム!!ゴールラインテクノロジー(GLT)」・・・観客席上部に14台の高速撮影カメラを設置し、一方のゴールにつき7方向から撮影→ボールがゴールラインを通過すると、即座に係員が装着する腕時計型の受信機に「GOAL」の表示 果たして、効果がどのくらいか、興味をもって観戦したい。
[ 2014/06/13 20:04 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/13(金) サッカーにわくわく、どきどき・・・

 今朝のブラジルとクロアチアの65年ぶりのブラジル大会初戦は、西村主審のホイッスルで開幕した。クロアチアは、ワールドカップでの失点が最も少ない強豪国。ブラジルを破る可能性を十分に持つ。カナリア軍団と赤白チェックのユニフォームが躍動した。サンパウロのスタジアムは、黄色いカラーで熱狂していた。スタート直後は、クロアチアが攻勢、前半、ブラジルのオウンゴールで動く。ブラジルがどう闘うか、面白くなった。すると、やっぱりネイ―マールが決めて同点。次に、クロアチアがファールでフリーキック、このファールにクロアチアの選手たちが、主審を取り囲んで猛烈抗議。しかし、主審は、毅然として一歩もたじろがなかった。私は、このシーンが最も感銘を受けた。ネイマールのフリーキックは、キーパーがストップするにしても押し込むようにゴール。ブラジル大統領をはじめスタンドの興奮は、ピークに達した。そして、カウンターでもう一点。終わってみると、スコアは3:1で、ブラジル勝ち点3。ゲームが終わって、審判団に両チームが笑顔で握手。西村さんが、かつて「ピッチの主役は、選手達だ」と言っていたが、本当にそうだった!審判の動く位置、ジャッジする位置は、とても重要だ。審判は、瞬時に正確に判断しなければならない。しかも、威厳をもって、・・・。あっぱれ、日本の審判団!西村さん達が審判をするゲームは、審判たちの応援をしたいので必ず観よう!
 今日は、早朝から感激した。次の、ブラジル対メキシコ戦も、気がかりなので録画予約した。今日から1か月、サッカー漬けになってしまうかも・・・自分でも歓声を上げてしまっている。

 TWITTERでの優勝予想、私はブラジルを、得点王はネイマールを押したい。国内はストやデモなど、課題もたくさんあるが、5回目の優勝を開催国で飾らせてあげたい。そういう思いが、選手たちに力をつけるのではないか、次が、スペイン、アルゼンチン、イタリア、ドイツのどこかだろう。果たして、1か月後はどうか・・・。
[ 2014/06/13 07:49 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/12(木) 明日 FIFAワールドカップ初戦 ブラジル:クロアチア!

 昨日、嬉しいニュース  FIFAワールドカップ・ブラジル大会開幕初戦、世界中が注目する! しかも開催国、優勝候補の現地ブラジル(FIFAランク3位)が出場するゲーム、日本の西村雄一主審をはじめとする日本審判団が審判をすると発表された。これは、とてつもないビッグニュース、大変な名誉なこと、日本のサッカーの審判が超一流ということが世界に証明されたということで、とても嬉しくなった。南ア大会でも、賞賛されたが、実績が高く評価されてのことだ。家内は、「大変なことだ!」と言ったが、「いや違う、いい試合が観れる!」と、喜んだ。家内の大変なことというのは、責任がそれだけ重いということだ。ただ、ブラジルは、ワールドカップ開催についても、教育や貧困対策を!デモやストがあるので、ブラジルが負けていくようだと、治安も悪くなり、さらなる抗議や反動が大きくなっていくのが心配だ。オリンピックも控えており、今、大変な状況だ。少しでも、いい方向に向かってほしい!
 当初は、その翌日のスペイン:オランダ戦から観ようと、思っていたが、日本審判団ということで、俄然、このゲームから観たくなった。ゲーム以上に、西村さん達がどんな審判をするかを観たいし、彼らが試合運びする審判ぶりを観たい上に、彼らを応援したいからだ。がんばれ、レフリー!
 見どころは、「両者はドイツワールドカップでも対戦し、その時はブラジルが1-0で勝利。今大会ではどのような結末を迎えるのか。ブラジルにスター選手がそろうのはどの大会でも同じだが、今回の「カナリア軍団」は全員が労をいとわずハードワークをする。コンフェデレーションズカップ優勝後の国際親善試合でも安定した強さを見せており、隙は見当たらない。クロアチアとしては、ビッグクラブで活躍する選手の多い中盤で互角以上に戦うことが、勝点を奪うための第一歩となるだろう。ここで相手を圧倒し、先にゴールを挙げることができれば、サプライズが起こる可能性も低くはない。逆に先制点を奪われると、一気に大敗というシナリオもあり得る。どう転ぶにしろ、スリリングな展開になることは間違いない。」
 グループA:ブラジル・クロアチア・メキシコ・カメルーンから、どの2チームが決勝リーグへ、ここもまた、過酷な闘いとなる。
 
 昨日のニュース、「現地12日に開幕を迎えるFIFAワールドカップ・ブラジル大会。開催国のブラジルとクロアチアが激突する開幕戦を、日本の西村雄一主審と相楽亨、名木利幸の両副審が務めることが発表された。

 西村主審は、2010年に続き2大会連続でのW杯選出。南アフリカ大会では準々決勝のオランダ対ブラジルを始め、日本人として初めて大会で4試合の主審を務めた。昨年のコンフェデレーションズカップでは、グループリーグのスペイン対ウルグアイを担当している。」

 今日は午後から編集会議なので、午前少し早目に出て、文京区白山の紫陽花が綺麗だというので観ようかと、思う。今日原稿が集まり、いよいよ忙しくなる。しかし、忙中閑をつくって、なんとか鎌倉まで足を延ばして、今年こそ鎌倉の紫陽花を堪能してきたい、と思う。
[ 2014/06/12 05:16 ]Posted byつれづれ日記 | ひと | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/11(水) 花菖蒲、先人達の風流な暮らしと言葉を楽しむ粋な心

 昨日の午後、お天気も良く、梅雨の中休み、花菖蒲を観に江戸川区小岩菖蒲園へ足を延ばした。丁度、満開でとても綺麗だった。去年、小石川植物園、松戸の本土寺などへ行ったが、時期が遅くて、とても心残りだった。今年は満足できた。花菖蒲という花は、江戸時代から武士に好まれた花、紫陽花と並ぶ梅雨時の「和の花」だ。花菖蒲が花を咲かせるのは、わずか三日間。短い間に刻々と変化するさまを、「花が芸をする」と呼び楽しんた。 梅雨のひとときだけ見ることができる、はかない美しさ。 日本人はそんな花菖蒲を、ことさらに愛してきた。 地元の人によると、花ショウブの好きな人は、小岩菖蒲園→堀切菖蒲園→水元公園 が「菖蒲めぐりコース」だそうだ。

 ハナショウブはノハナショウブ(学名I. ensata var. spontanea)の園芸種である。6月ごろに花を咲かせる。大別すると、江戸系(色は純白、すっきりとした形が江戸っ子に好まれた)、伊勢系(はかなげな雰囲気をもつ、作り手の美意識)、肥後系(ボリューム感ある、豪華な花が特徴)の3系統に、・・・。

 江戸系:江戸ではハナショウブの栽培が盛んで、江戸中期頃に初のハナショウブ園が葛飾堀切に開かれ、浮世絵にも描かれた名所となった。ここで特筆されるのは、旗本松平定朝(菖翁)である。60年間にわたり300近い品種を作出し名著「花菖培養録」を残し、ハナショウブ栽培の歴史は菖翁以前と以後で区切られる。こうして江戸で完成された品種群が日本の栽培品種の基礎となった。
 伊勢系:伊勢松阪の紀州藩士吉井定五郎により独自に品種改良されたという品種群で、「伊勢三品の一つである。昭和27年(1952年)に「イセショウブ」の名称で三重県指定天然記念物となり、全国に知られるようになった。
 肥後系:肥後熊本藩主細川斉護が、藩士を菖翁のところに弟子入りさせ、門外不出を条件に譲り受けたもので、「肥後六花」の一つである。満月会によって現在まで栽培・改良が続けられている。菖翁との約束であった門外不出という会則を厳守してきたが、大正時代にこれを売りに出した会員がおり、瞬く間に中心的な存在となった。
 
 ☆花菖蒲は日本産でかなり後から生まれた。
 花菖蒲は江戸時代の中頃より、各地に自生するノハナショウブの変わり咲きをもとに改良され、発達してきた日本が世界に誇れる伝統園芸植物で、種類も多い。
 ☆花言葉「情熱、伝言、優しい心、信頼」



 

 
[ 2014/06/11 04:51 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/10(火) 花ショウブと出会う

 
 今日は、「時の記念日」

 昨日の午後、バスを降り、少し歩たら、昔からの農家のお宅の広い庭に、6月の花「花ショウブ」が綺麗に咲いていた。偶然の出会い、今年も観たいと思っていたので、出会えてとても嬉しかった。6/20(金)に文京区での用事がすんだら、6時中央区へ、空いた時間があるので、後楽園へ行き、花ショウブの写真をたくさん撮ろう!
 
 午後、タブレット講習会に参加した。参加する前から、とても期待していた。かなり、予備知識があったので、どう使うかだけの話で、それはよく理解できた。市委託のNTTドコモがARROWSのタブレットでの講習会だった。立ち上げ起動→WEBページ検索→カメラ撮影→マップ→QRコードを使いこなす、など約2時間だった。スマートフォンよりは、タブレットがはるかに使いやすいことが、分かった。サーフェイスPro3を予約したことは、12インチで画面も大きい上に、超ハイスペックで、かなり大きな期待がもてると思う、よかった。7月~8月で、はやく使いこなしたいと思う。3日前から、TWITTERをはじめたが、とても便利だとわかった。タブレットでも使いこなしたい。


IMG_4156縮

IMG_4157縮

IMG_4159縮

IMG_4162縮
[ 2014/06/10 04:46 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/9(月) 今日の花日記:旬撮・紫陽花の季節

 今日は、市主催の「タブレット講習会」に行く、とても楽しみ・・・。今週は、明日・明後日はボランティア活動、6/12(木)は、会議のため、文京区へ。この日から、原稿が動き出すので、忙しくなる。午前中は、白山神社へ紫陽花を見に行きたい。6/13(金)は、鎌倉へ紫陽花撮影に行く予定だが天候次第・・・。花ショウブも撮りたい・・・。

 今週から、FIFAワールドカップ・ブラジル大会が開幕する。昨年優勝のスペインvs準優勝のオランダ、超一流の一戦をvideo予約した。昨夜のNHKで、スペインの驚異的な強さに度肝を抜かれた。司令塔ジャビは、「サッカーは、頭で闘うものだ」と言った。彼のプレーを観たい。スペインの凄さとは、「10大会連続14度目の出場となる「無敵艦隊」だ。欧州予選ではフランスとの激しい首位争いを制し、無敗の成績で突破した。美しいパスサッカーで相手を圧倒し、充実の内容で初優勝を収めた前回大会を知るメンバーのうち、大半が今なお健在だ。シャビ、シャビアロンソ、イニエスタら豪華な中盤の選手を軸に、常に主導権を握って攻撃を組み立てる。守備ではピケとセルヒオラモスが中心となって堅固な壁を築く。また、層の厚いGK陣の中で誰を起用するのか、デルボスケ監督の采配にも注目だ。今大会は他チームがさまざまな対策を講じてくることが予想される。その中でも自らのスタイルを貫き通し、連覇を成し遂げたい。」先ずスペインから、目が離せない。この1か月は、世界中がサッカーに熱くなるだろう。

 得点王は、ネイマール(ブラジル)か前回得点王のクローゼ(ドイツ)か、それともメッシ(アルゼンチン)か、これも決勝にどこが進むかで興味がある。
 
 次に、アフリカ勢、これからはすべてにおいてより一層アフリカの時代を予告する大会となるだろう。彼らは、ほとんどがヨーロッパで活躍している。また、監督もヨーロッパから招聘している。彼らは、今日のメジャーリーガーやNBAのプロバスケット、陸上競技のアスリート達のように、主流になって活躍する時代になるだろう。今回は、5か国:カメルーン(2大会連続7度目、ベスト8)、ガーナ(3大会連続3度目、ベスト8)、ナイジェリア、コートジボアール(今回日本と初戦、3大会連続3度目、グループリーグ3位)、アルジェリア。彼らの身体能力の高さを見てみたいし、応援もしたい。かつて、マンデラ大統領が、ラグビーを南アで世界一を実現したように・・・。

 昨日、梅雨の合間に、ご近所の紫陽花を撮ってきたので、どうぞご笑覧ください。

[ 2014/06/09 04:17 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/8(日) いよいよ、FIFAワールドカップ・ブラジル大会

 今週から、FIFAワールドカップ・ブラジル大会がはじまる。32チームの予選リーグ、初戦からで昨年の決勝戦、オランダとスペインが激突する。日本は、コスタリカ、ザンビアと事前試合をやったが、世界の強豪と闘うには、かなり心配もある。日本は、5大会連続・5回目の出場、過去最高前回南ア大会ベスト16位。日本は一次リーグC組、日本・コートジボアール・ギリシャ・コロンビア、2チームが決勝リーグへ進出できる。日本(FIFAランク6/5現在46位)は、初戦でコートジボアール(同 23位)と、6/15(日)午前10時。初戦の勝ち点3が最大の山場。次が、6/20(金)7時ギリシャ(同 12位)、そして次が6/25(水)5時コロンビア(同 8位)。4チームは、コロンビアが最有力で大きな差がないというが果たしてどうか、すべて日本の上位チームだ。前回大会は、前評判はかなり悪かったが、あれよあれよと勝ち上がった。だから、やってみなければ、・・・、サポートしよう。ゴールドマン・サックスの予想では、日本の決勝リーグ進出の確率は、33.8%、決勝リーグのベスト8進出は、9.9%、優勝は0%。今朝、ヤフーで、予想を観たが、1勝1敗1分けがいいところか・・・決勝トーナメント進出のためにはコートジボアールとギリシャで最低でも勝ち点4は稼ぎたい!
日本は南米勢との相性が良くないから、コロンビアからの勝ち点は期待しない。
仮に初戦のコートジボアール戦で敗れるようなことがあれば、3戦全敗も覚悟しないといけないかもしれない…。
セルジオ越後氏が言っていたが、初戦が全てだと思う。頑張れ、ニッポン!
 
 初戦の見どころは、コートジボワール代表との前回の対戦は、4年前にスイスのシオンで行われた国際親善試合。セットプレーから2失点を喫して敗れ、来たるワールドカップの初戦に向けて不安を残した試合として記憶されている。コートジボワール代表は当時から主力の顔触れに大きな変化はなく、最前線に君臨するドログバ(ガラタサライ)をはじめ成熟したビッグネームがそろう。加えて、現在のコートジボワール代表は新戦力の突き上げが著しく、前述のドログバとて絶対的な存在ではない。選手時代にザッケローニ監督の下でプレーした経験を持つラムシ監督の手駒は豊富だ。最終ラインの耐久性に課題を残す日本代表としては、破壊的な個の力を止めるに当たり、一対一やファウルを選択せざるを得なくなる場面を最小限に抑えたい。守備に重心を置いた戦術で見事にカメルーン代表を打ち破った4年前とは異なるアプローチを試みている日本代表にとって、同じアフリカ勢との初戦は進化の度合いを推し量る機会としても位置付けられる。
[ 2014/06/08 08:05 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/7(土) Gene Kelly 映画「雨に唄えば」 Singin' in the Rain



I'm singin' in the rain
Just singin' in the rain
What a glorious feelin'
I'm happy again
I'm laughin' at clouds
So dark up above
The sun's in my heart
And I'm ready for love

Let the stormy clouds chase
Everyone from the place
Come on with the rain
I've a smile on my face
I'll walk down the lane
With a happy refrain
Just singin'
Singin' in the rain

Dancin' in the rain
Ya dee da da da da
I'm happy again
I'm singin' and dancin' in the rain

I'm dancin' and singin' in the rain
 

僕は雨の中で唄っている
ただ雨の中で唄っているだけさ
なんて素敵な気分なんだろう
また幸せになれたんだ
僕は雨雲に笑いかける
空は暗く曇っているけれど
僕の心にはお日様が照ってる
新しい恋にはぴったりだ

嵐はそのまま吹かせよう
みんなはあわてて逃げている
けれど雨が降っても
僕は笑顔を浮かべている
道をずっと歩きながら
口から出るのは楽しいメロディ
僕はただ雨の中で唄っているだけさ

雨の中で踊っている
ラララ・・・
また幸せになれたんだ
僕は雨の中で唄ったり、踊ったりしてるのさ

僕は雨の中で踊ったり、唄ったりしてるのさ
[ 2014/06/07 06:55 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/6(金) 梅雨入り

 6/5(木)関東地方も、梅雨入りになった。四国・高知の四万十川では、500mmを越す、この地方1か月分以上の大雨が降っている。関東地方も、日曜日くらいまで、雨が降る予報だ。最近の雨の降り方は、しとしとと適度に降るのでなく、極端に雨量が多いようになった。昨年は、異常気象で大災害が多かった。これから1か月、特に梅雨明けになると集中豪雨が、今年も心配だ。北海道の旭川では、今日で5日間、30℃以上が続いている。エルニーニョ現象の影響で、今年は作物冷害が起きるかも知れないと、報道があった。

 今日は、雷も起きるかも知れない予報、一日雨なので、外出を控えようと思う。6月は、花ショウブを香取か、潮来へ見に行きたいが、行けそうもない。鎌倉の明月院、成就院、長谷寺へ紫陽花の撮影に是非行ってみたい。

 ある方が言ってました。・・・この季節に好きなもの、紫陽花に蕎麦、どちらもつゆに合う お見事、座布団1枚!
鎌倉のつゆの紫陽花も、さぞ、風情があって綺麗でしょう。とても楽しみ。つゆをつけて食べる、もりやざる蕎麦は、私の大好物、ちょっと贅沢にいただく天ざるも、つゆが決め手、暑い時は、そうめんも・・・。
[ 2014/06/06 09:29 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/5(木) タブレット端末MS SurfacePro3予約

 今日は、タブレット購入に出かけた。サーフェイスPro2を予定していたが、店頭からすべて撤去され、7/17国内販売開始の予約のみだったので、本体とキーボードで13万円弱、思い切って、清水の舞台から飛び降りた。6/2に、プレス・リリースされたばかりで、まだ、詳しい情報は、あまりないが、Pro2から、大幅に進化したのは確かだ。

 以下、その報道の記事から
 
MSがタブレット最新機種を7月発売 画面大きく薄型軽量化した「サーフェスプロ3」

2014.6.2 19:15

米マイクロソフトが7月17日から日本で発売する新型のタブレット端末「サーフェスプロ3」=2日

 日本マイクロソフト(東京都港区)は2日、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8・1」を搭載した最新タブレット端末「サーフェスプロ3」を国内で7月17日に発売すると発表した。画面サイズを前機種(同2)の10・6インチから12インチへと拡大する一方で、薄型軽量化を行った。

 使用するマイクロプロセッサーの性能や搭載メモリーの容量で5種類を用意する。価格は個人向けが9万1800円(税抜)からで、法人向けが10万800円(同)から。

 薄型軽量化では、端末の厚さは前モデルよりも33%薄い9・1ミリとし、重さも12%軽い800グラムとした。超軽量マグネシウム合金を採用し、分厚くて重いという前モデルへの改善要求に応えた。

 日本MSの樋口泰行社長は「(米アップルの)11インチのマックブックエアよりも30%薄い」と強調し、強い対抗意識を見せた。

 サーフェスプロ3は、これまでの機種と同様に表示画面の部分に専用キーボードとスタンドを付けるとパソコンとしても使える。今回はより使いやすさを追求し、150度の角度まで画面を傾けさせられるようにした。

 米調査会社IDCによると、平成25年の世界のタブレット端末のシェアで、MSは3・5%と苦戦している。パソコン、タブレットの両方として利用でき、薄型軽量な点をアピールし、巻き返しを図りたい考えだ。
[ 2014/06/05 17:35 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/5(木)「ストロベリーアイス」

 薔薇が大好き、花への愛情が深い人が撮影した、とても素晴らしい映像に出会いました。ご本人からUPのご了承を頂いたので、皆様にご紹介します。
「おはようございます。
構いませんが、多くの方に感動が伝われば幸いです。
コメントは全ての方に返せません事をご了承下さい。
これからもよろしくお願いいたします。reonku」
 reonkuさんに、心から感謝しつつ・・・

[ 2014/06/05 04:08 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/4(水) ヤンキース田中将大投手5月月間最優秀投手に

田中将、5月の最優秀投手に…日本人3人目

2014年6月4日6時35分 読売新聞


 【ニューヨーク=西村海】米大リーグ機構は3日、5月の両リーグの月間最優秀投手を発表し、ア・リーグでヤンキースの田中将が選ばれた。

 5月は6試合に登板して43回を投げ、5勝1敗、防御率1・88の好成績をマークした。

 日本人投手の月間最優秀投手賞の受賞は、1995年6月と96年9月のドジャース・野茂英雄、98年5月と99年7月のヤンキース・伊良部秀輝以来3人目。
[ 2014/06/04 07:40 ]Posted byつれづれ日記 | ひと | TB(0) | CM(0)[記事編集]

6/2(月) 今日の花日記:紫陽花

 IMG_6654縮

IMG_6653縮

IMG_6651縮

[ 2014/06/02 12:55 ]Posted byつれづれ日記 | | TB(0) | CM(0)[記事編集]