2月25日(木)
二十四節気の暦は雨水! 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

霧やもやがかかって、遠くの山や景色がぼんやりとする季節です。ときにくっきりと現れ、ときに霧の中に消えていく山野の風景が、とても情緒的な頃。この時季を始め、春に出る霧を霞(かすみ)と言い、夜の霞は朧(おぼろ)と呼ばれます。

来週火曜日から、弥生に入ると、草木萠動 そうもくめばえいずる 草木が芽吹き始め、まもなく、蟄虫啓戸 すごもりむしとをひらく 冬ごもりの虫が出てくる 。

○夕刊紙の日

1969(昭和44)年のこの日、日本初の駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』が創刊した。

○深良用水完成の日

1670(寛文10)年のこの日、日本の土木史上重要な意味を持つ深良用水(箱根用水)が完成した。

湖尻峠に約1200メートルのトンネルを掘って、芦ノ湖の水を富士山麓の数か村に導く用水で、深良村(現在の裾野市)の名主・大庭源之丞らが中心となって5年かけて完成させた。

▽エドゥサ革命記念日 [フィリピン]

1986年のこの日、フィリピンでエドゥサ革命によりコラソン・アキノが大統領に就任し、独裁を続けていたマルコス前大統領が亡命した。

※茂吉忌

精神科医でアララギ派の歌人の斎藤茂吉[さいとう・もきち]の1953(昭和28)年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 斎藤茂吉

※道眞忌

平安時代の学者・廷臣の菅原道眞の903(延喜3)年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 菅原道真

※契沖忌

江戸時代の国学者・歌人である契沖[けいちゅう]の1701(元禄14)年の忌日。

◎今日の格言 : 短気(たんき)は損気  Haste makes waste

短気を起こすと、結局は自分の損になる。「損気」は「短気」に語呂を合わせたもの。短気をいましめた言葉。

今日は、パソコン教室午後1時30分~ 松戸市から先輩も参加。
[2016/02/25 06:31] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2月26(金) | ホーム | 2月24日(水)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1007-22f69982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター