■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









3月26日(土)

「桜始開」は春分の次候。 「さくらはじめてひらく」と読みます。うららかな春の陽気に誘われて、桜の花が咲き始める頃をいいます。
平安時代からこちら、「花」といえば桜を表しました。

「世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし」(在原業平)

○カチューシャの歌の日

1914(大正3)年のこの日、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、トルストイの『復活』の初演を行った。この中で歌われた「カチューシャの歌」が大流行した。

▽独立記念日 [バングラデシュ]

1971年のこの日、東パキスタンがバングラデシュとして独立した。

1947年8月14日に、(旧)インドがヒンズー教徒のインド、仏教徒のセイロン(現在のスリランカ)、イスラム教徒の(旧)パキスタンの3つに分かれたが、パキスタンは国土がインドによって東西に分断された飛び地となっていた。
関聯記念日 •独立記念の日(パキスタン) <8月14日>

※楽聖忌

1827年のこの日、ドイツの作曲家ベートーベンがウィーンの自宅で亡くなった。多くの交響曲を作曲し、「楽聖」と呼ばれた。

3日前、甥のカールを唯一の相続人にするように遺言書を補足し、「諸君、拍手したまえ。喜劇は終ったのだ」という有名な言葉を呟いた。

29日の葬儀には2万人の市民が参列し、宮廷歌手が棺を担いでフンメルら弟子たちがそれに続いた。しかし、数々の作品を献呈され交際のあった貴族たちは誰も出席しなかった。

※犀星忌

小説家・詩人の室生犀星[むろうさいせい]の1962(昭和37)年の忌日。

『愛の詩集』『幼年時代』『あにいもうと』『杏つ子』等の作品を残した。

※鐵幹忌

歌人・詩人で與謝野晶子の夫の與謝野鐵幹[よさのてっかん]の1935(昭和10)年の忌日。

◎今日の格言: 人(ひと)を以(もっ)て言(げん)を廃(はい)せず

《「論語」衛霊公から》つまらない人間の言ったことでも、聞くべきところがあればその言葉を無視することはない。

昨日、かみさんと朝8時過ぎにバスでJR新浦安から上野へ。国立西洋美術館でカラヴァッジョ展を観た。名画はいい!レストランで11時過ぎに食事をして、上野恩賜公園の桜を観に歩いた。桜は全体的に1分咲きというところだった。昨日の気温は10℃以下風が体感温を下げた。人はそれでもかなり出ていた。1週間後に中学校の同級会お花見会に下見を兼ねた。もう宴会は、ちらほらとやっていた。ここの満開は来週後半から、盛り上がるだろう。午後1時半からの会議に出席して夕方帰宅した。右ひざが少し痛む。

今日は、午後2時から東京都退職公務員連盟千葉支部の役員会へ。

DSCF3064 s

DSCF3066 s

DSCF3076 s

DSCF3081 s

DSCF3090 s
[ 2016/03/26 06:15 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1036-36fb9bb5