3月27日(日)
□復活祭(イースター,復活の主日)(Easter) 春分の後の最初の満月の日の次の日曜日。

キリストが死後3日目にして甦ったことを記念し、春の自然の甦りを祝うお祭り。

復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして、盛大に祝う。

イースターの日どりは、325年の第1ニカイア公会議で「春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定された。ただし、これでは、時差の関係で春分の日が場所によって異なり、イースターの日附も異なってしまうため、春分を3月21日に固定して計算されている。

▲仏壇の日(ぶつだんのひ) 全日本宗教用具協同組合が制定した仏壇の記念日で、毎月27日。

天武天皇14年3月27日(西暦685年)、天武天皇が「諸國家毎に佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」との詔を出したとの記述が『日本書紀』にあることにちなむ。この「3月27日」は旧暦であるが、仏壇の日は新暦3月27日とした。後に毎月27日に拡大した。

▲世界演劇の日(World Theatre Day)

ユネスコの外郭団体である国際演劇協会(ITI)が制定。

1962年のこの日、ITIがパリで第1回シアター・オブ・ネイションズ(諸国民演劇祭)を開催した。

○さくらの日 日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。

3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開[さくらはじめてひらく]」が重なる時期であることから。

日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める日。
関聯サイト •日本さくらの会 http://www.sakuranokai.or.jp

※京都表千家利休忌
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 千利休

※赤彦忌

歌人・島木赤彦[しまぎあかひこ]の1926(大正15)年の忌日。

◎今日の格言: 利(り)を見ては義を思い危うきを見ては命(いのち)を授(さず)く

《「論語」憲問から》立派な人格と教養を備えている人は、利益になることがあればそれを得るのは正しいかどうかをまず考え、危急の場合には命を投げ出して事に当たる。

昨日、午後からの会議の後、久しぶりに先輩たちと3人で、ボーリングに行った。小生は2回目で、少しスコアが上がってきた。帰りに久しぶりに、焼き鳥屋さんで反省会をやった。来月もボーリングをやる予定、もう少しうまくなりたい。

今日は、久しぶりの休日。4月からの準備をしよう。
[2016/03/27 06:46] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<3月28日(月) | ホーム | 3月26日(土)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1037-209ffbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター