3月29日(火)

○マリモ記念日

1952(昭和27)年のこの日、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定された。

同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定された。

○八百屋お七の日

1683(天和3)年のこの日、18歳の八百屋の娘・お七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの極刑に処せられた。

前年12月28日の大火で避難した寺で出会った寺小姓・生田庄之介のことが忘れられず、火事になればまた会えると考えて3月2日の夜に放火、火はすぐに消しとめられたが、お七は御用となった。

当時は放火の罪は火あぶりの極刑に処せられていたが、17歳以下ならば極刑は免れることになっていた。そこで奉行は、お七の刑を軽くする為に「おぬしは17だろう」と問うが、その意味がわからなかったお七は正直に18歳だと答えてしまい、極刑に処せられることとなった。

お七が丙午[ひのえうま]の年の生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになった。

○作業服の日

作業服などを販売する川口市の「まいど屋」が制定。

「さ(3)ぎょうふ(2)く(9)」の語呂合せ。

▽青年節 [台湾]

1954年から実施。

1911年旧暦3月29日(新暦4月27日)、清の広州で反清武装蜂起「黄花崗起義」が起こった。

※立原道造忌

詩人・立原道造[たちはらみちぞう]の1939(昭和14)年の忌日。

◎今日の格言: 木(き)を見て森を見ず

小さいことに心を奪われて、全体を見通さないことのたとえ。

昨日、朝、整形外科で右ひざヒアルロン酸注射、まだ痛みが残る。午後、東新宿 日赤東京支部で研修会。「東京防災」2冊を献呈した。研修会は、会場いっぱい、小中高校の先生方が熱心に参加した。NHK土日祝日の天気予報担当の菊池真以さんの歯切れのよいプレゼンと進行、演習は見事だった。さすがに、短時間に全国の人を相手にお仕事をする人は異才だ。

今日は、朝8時出発で、9時半から、日赤本社でボランティアガイド、東京都中野区の皆さんにご満足いただける様に精一杯にご案内して来よう。昼食後、出来れば、桜の千鳥ヶ淵で写真を撮って来よう。

IMG_0125 s

IMG_0126 s

IMG_0128 s
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line