■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









3月30日(水)

雷乃発声・かみなりすなわちこえをはっす 雷乃発声と書いて、かみなりすなわちこえをはっすと読みます。
遠くで雷の音がして、稲光が初めて光る時候をいいます。
三月初旬にある啓蟄のころに鳴る雷は「虫出雷(むしだしかみなり)」と呼ぶそうですが、春分以降の雷は「春雷」と呼ばれ、雷鳴が轟くようになります。しかしそれは、一つ二つ鳴ったかと思うと、それきり止んでしまいます。夏の雷雨とは違うようです。

○国立競技場落成記念日

1958(昭和33)年のこの日、神宮外苑に国立霞ヶ丘陸上競技場が完成した。

敷地面積は22000坪で約58000人の収容能力を持ち、1964(昭和39)年には東京オリンピックの開閉会式の会場になった。

今、2020年 東京オリンピックに向けて、新国立競技場を建造中 すったもんだの挙句、今度は、聖火台をどうするかの論議も。是非、スムーズにいってほしいものだ。

○マフィアの日

1282年のこの日、マフィアの名前の由来となったとされる「シチリアの晩鐘事件」が起こった。

当時のシチリア島はフランス国王の叔父であるシャルル・ダンジューの苛酷な支配下にあった。

1282年のこの日は復活祭の翌日の月曜日であり、晩祷の為に教会の前に市民が集まっていた。そこへフランス兵の一団がやってきて、その土地の女性に手を出そうとしたため、その女性の夫はいきなりその兵士を刺した。その場に居合わせたほかの市民もフランス兵に襲いかかり兵士の一団を全員殺してしまった。そのとき晩祷を告げる晩鐘が鳴ったことから、「シチリアの晩鐘事件」と呼ばれる。

この叛乱は全島に拡大し、フランス人は見つかり次第に殺され、その数は4000人以上に及んだ。この叛乱の合言葉「Morte alla Francia Italia anela(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)」の各単語の頭文字を並べると「マフィア(mafia)」となり、これがマフィアの名前の由来であるという説がある。

シャルル・ダンジューのアンジュー王家はシチリアから追放され、代ってシチリアの支配者となったアラゴン王家との間に20年に及ぶ戦争が起った。

◎今日の格言: 百里(ひゃくり)を行く者は九十を半ばとす

《「戦国策」秦策・武王から》何事も終わりのほうほど困難であるから、九分どおりまで来てやっと半分と心得、最後まで気をゆるめるな、という戒めの言葉。

 昨日、午前中、中野区の皆さんに日赤本社をボランティアガイド。春の温かさに御成門、芝公園へ。そして、地下鉄で大手町から九段下へ。千代田区役所10階で食事をして、千鳥ヶ淵で桜を観た。まだ2分~3分咲き。痛い膝をかばいながら・・・。途中、乾門からの皇居の桜情報を聴いた。今日、30日予定を、午前、病院に行ってから明日の最終日午後に延ばすことにした。
芝公園
DSCF3092 s

DSCF3099 s

DSCF3116 s

DSCF3110 s
ヒメシャガ
DSCF3113 s
[ 2016/03/30 07:15 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1040-a8f49ee4