4月15日(金)

春・清明:十五候:末候虹始見(にじはじめてあらわる)

2016年4月14日から4月19日までは、虹始見です。暖かさが増し、急な雨が多くなる時期のようです。雨上がりに美しい虹が、見えるようになるころ。虹始見は、新暦の2015年4月15日から19日(昨日)まで、雨上りに美しい虹が、見えるようになるころ。季語では「初虹」というようです。冬にはなかった虹が現れるころのようです。

季のことば:初虹 虹は、夏の季語ですが、春の虹は夏の虹より淡く、はかない感じが漂うのが特徴のようです。
季の花:子楢
季の野菜:蓬、やはり何と言っても蓬餅ですね。
季のさかな:眼張 春告魚の一つ。虹色は、七色と実は思い込んでいました。その虹も六色、五色、二色でとらえる地域があるようです。虹を見て七色との思い込みが強いので、今度虹を見たら数えてみよう。雨上りに柔らかい陽の光とともにあらわれる虹を今年いつ見るだろう。そして、今年は何回、見るだろう。出来るだけ、多く見たいものだ。

▲世界医学検査デー(World-wide Biomedical Laboratory Science Day)  1996年(平成8年)6月にノルウェーで開催された世界医学検査協会(IAMLT)代議員会で制定。 臨床検査の専門職である臨床検査技師の役割と臨床検査の重要性を、各国の国民により広めることを目的に決められた。

○ヘリコプターの日 全日本航空事業連合会が1986年に制定。ヘリコプターの原理を考え出したレオナルド・ダ・ビンチの1452年の誕生日。ヘリコプターの重要性をPRし、第2の空の足として認識してもらうことを目的としている。

○象供養の日 象牙を扱う業界の団体・東京象牙美術工芸協同組合が制定。1926年のこの日、初めて象供養が行われた。

○遺言の日 近畿弁護士会連合会が制定。2007年からは日本弁護士連合会(日弁連)が主催して全国で行われるようになった。

四(よい)一(い)五(ご)で「よいいごん」(よい遺言)の語呂合せ。

○ジャッキー・ロビンソンの日 アメリカ大リーグが2004年に制定。1947年のこの日、ジャッキー・ロビンソンが大リーグ初の黒人選手としてデビューした。 4月15日はジャッキー・ロビンソンの日」とされ、この日だけは永久欠番の42番を付けることが許されており、多くのメジャーリーガーが42番を付けてプレーすることからも、ジャッキーの残した功績がいかに大きいかがうかがえます。日本では、明日、すべてのメジャーリーガーの背番号が42となる。日本では、42は縁起でもない番号だが、米国ではとてつもなく偉大な番号だ。

○東京ディズニーランド開園記念日 1983年のこの日、千葉県浦安市に東京ディズニーランドが開園した。

○京和装小物の日 京都半襟風呂敷和装卸協同組合が制定。

1月15日が同協会が制定する「半襟の日」であり、4月は桜柄などを採り入れた京和装小物の新作発表が行われることから。

▽太陽節 [北朝鮮]

北朝鮮の建国指導者・初代最高指導者である金日成主席の1912年の誕生日。金日成の死後3年目の1997年に祝日とすることが定められた。

※阿國忌

阿国歌舞伎の創始者・歌舞伎芝居の祖の出雲の阿國[おくに]の忌日。

※梅若忌

謡曲や浄瑠璃の『隅田川』の題材となっている、吉田少将惟房の子・梅若丸が976(天延4)年に12歳で亡くなった日。

元々は3月15日であるが、現在は月遅れの4月15日に行われる。

人買いの信夫惣太に誘拐されて奥州に下る途中で病にかかり、隅田川の堤の上で「尋ね来て問はば答へよみやこ鳥 隅田川原の露と消えぬと」という歌を残して果てた。

墨田区の梅若塚で供養が行われ、謡曲や浄瑠璃が披露される。

◎今日の格言: 塵(ちり)も積もれば山となる

《「大智度論」九四から》ごくわずかのものでも、数多く積もり重なれば高大なものとなることのたとえ。

昨日も、今日も、文京区湯島へ。昨日は、理事会、今日は第1回目の広報部会。資料は、全部整えた。スムーズに、進めていきたい。

昨晩、熊本県で震度7という大地震発生。TVで釘付けになった。今週火曜日に気象庁2階に、日本の地震発生の全体を管轄しているところへ行った(写真)が、あの部屋のあわただしい動きが想像できた。これは、とてつもなく大きな地震だ。日赤にかかわっているからこそ、また上級救命を受けたからこそ、対応を敏感に感じることができる。首都圏で、この規模の地震が発生したら大惨事になるだろう。今日も気をつけて都心部へ出かけよう。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line