4月16日(土)
○foursquareの日

アメリカ発祥の位置ゲー(携帯電話の位置登録情報を利用したゲーム)であるfoursquare(フォースクエア)の記念日。

16が4の2乗(four square)であることから。

○チャップリンデー

1889年のこの日、20世紀最大の映画作家・喜劇俳優のチャールズ・チャップリンがイギリスで生まれた。

口ひげ、だぶだぶのズボン、どた靴、ステッキ、山高帽という独特のスタイルで社会を風刺し、世界的な人気者になった。『モダン・タイムス』『ライムライト』等多数の作品を作った。

○ボーイズビーアンビシャスデー

1877年のこの日、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の基礎を築いた教頭・クラーク博士が、「Boys,be ambitious.(少年よ、大志を抱け)」という有名な言葉を残して北海道を去った。

○女子マラソンの日

1978年のこの日、東京・多摩湖畔で日本初の女子フルマラソンの大会「第1回女子タートルマラソン全国大会」が開かれた。参加者は49人だった。

※康成忌

小説家・川端康成[かわばたやすなり]の1972年の忌日。

門下の三島由紀夫の割腹自殺等による強度の精神的動揺から、ガス自殺した。

◎今日の格言:情(なさ)けは人(ひと)の為(ため)ならず

人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。誤って、親切にするのはその人のためにならないの意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と、「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。             平成12年度調査 平成22年度調査
人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる
(本来の意味とされる) 47.2パーセント    45.8パーセント
人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない
(本来の意味ではない) 48.7パーセント   45.7パーセント

 昨日、午前中に、満開に咲いた八重桜と我が家の花壇を、午後、文京区湯島旧岩崎邸前でこちらも満開の牡丹を撮った。
 午前中は、2つのかかりつけの医院へ薬を受け取りに、午後、湯島で東京都退職公務員連盟の広報部会へ。今年度の編集計画を協議してきた。草臥れて、福島の銘酒「弥右衛門」晩酌して、早目に床に就いた。朝、TVのニュースで、熊本の地震が震度6強本震と知り、驚いた。さらに大きな被害が出ている。まだまだ、余震が続く。これは、大変な災害になっている。我々も出来る範囲で応援しなければ、と思う。頑張れ、救援隊!

今日は、午前、オープンガーデン、午後、パソコン教室、予習したことはかなりできた。新しいことを学んで来よう!

DSCF3325_NEW 八重桜

DSCF3339_NEW 八重桜

DSCF3328_NEW my garden

DSCF3329_NEW my garden

IMG_0160 s

IMG_0162 s

昨日、牡丹と芍薬の違いが気になったので調べた。念のため、岩崎庭園の春の花を調べたら、これは間違いなく、牡丹です。

牡丹と芍薬には、5つの違いがあるそうです。
ポイント1: 根本的な違いは、樹木か草か?

一つの大きな違いは、牡丹は、樹木であり、 芍薬は、草である、ということです。

なので、牡丹は、木のまま冬を越して、茎から芽を出します。 芍薬は、冬、根を残して枯れてしまい、春にまた新芽を出します。

つまり、冬の越し方は、まったく違うというわけです。

ポイント2:葉っぱに注目 でも、今、目の前にあるのが、牡丹が芍薬か知りたいんだけど・・・次に見て頂きたいのは、葉っぱです。

牡丹の葉は、ギザギザでツヤがない。 芍薬の葉は、丸みがありツヤがある。つまり、葉っぱをみたら、すぐ違いが分かっちゃうんですね!

ポイント3: つぼみの形 また花が咲く前のつぼみの形を見ることが出来れば、そこでも違いが分かります。

牡丹のつぼみは、先が少しとんがっています。 芍薬のつぼみは、まん丸です。

ポイント4:散り方の違い 散り際も、それぞれ特徴が分かれます。牡丹の花は、一気にそして豪快に散っていきます。
芍薬の花は、最後までしがみつきながら散っていきます。

ポイント5:咲く時期も若干違います。どちらも春の花ではありますが、咲く時期が若干違ってきます。

牡丹は、4月下旬~5月初め(晩春)  今年は、早い!
芍薬は、5月初旬~5月下旬(初夏)


ちなみに、
牡丹は、中国の国花であり、新年を祝う花として、中国では、
上流階級を中心として、大変重宝された花です。

それに対して、
芍薬は、漢方として、大変人気のある生薬で、
葛根湯など、多くの漢方に配合されています。

このような違いを見ながら、この春は、牡丹と芍薬を楽しみたい。
[2016/04/16 07:30] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<4月17日(日) | ホーム | 4月15日(金)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1057-d873c63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター