5月10日(火)

夏・立夏:二十候次候蚯蚓出(みみずいずる)  蚯蚓出(みみずいずる)は、2016年5月10日から5月14日までです。

ずっと冬眠していたミミズがようやく動き出すころ、「目見えず」を語源とする、土を肥やす益虫です。一昨日、花壇の土を掘り起こしていたら、ミミズがいた。ああ、いい土なんだ、また。綺麗な花を咲かせてくれると、ほっとした。

○日本気象協会創立記念日 1950年のこの日、日本気象協会(JWA)が「気象協会」として創設された。

気象協会は1966(昭和41)年に関西気象協会・西日本気象協会と合併し、現在の名称になった。

○コットンの日 日本紡績協会が1995年10月に制定。

五(こ)ten(テン)で「コットン」の語呂合せと、綿が夏物素材としてよく使用されるため、5月が店頭販売の最盛期を迎えることから。

○地質の日 地質関係の組織・学会が2007年に制定。

1876年のこの日、アメリカの地質学者ライマンらが日本初の広域的な地質図「日本蝦夷地質要略之図」を作成した。また、1878年のこの日、地質の調査を扱う内務省地理局地質課が設置された。

○街区表示板の日 1962年のこの日「住居表示に関する法律」が施行された。

街区表示板とは、住居表示が実施されている地域に設置されている、所在地の住居を表示した細長い板のことである。

○リプトンの日 紅茶のブランド「リプトン」を展開するユニリーバ・ジャパンが制定。

創業者トーマス・リプトンの1848年の誕生日であり、リプトンが1871年に最初の食料品店を開いた日でもあることから。

*(旧)愛鳥の日

1947年に4月10日の「バードデー(愛鳥の日)」として実施されたが、まだ冬鳥が多い時期であるとして後に1か月ずらした5月10日とした。1950年からは「愛鳥週間」に移行した。  •愛鳥週間 <5月10日~5月16日>

※四迷忌 小説家・翻訳家の二葉亭四迷[ふたばていしめい]の1909(明治42)年の忌日。

前年から朝日新聞社特派員としてロシアに渡り、病気で帰国の途中のインド洋上で客死した。

◎今日の格言: 知(し)る者は言わず言う者は知らず

《「老子」56章から》物事をよく知り抜いている人はみだりに口に出して言わないが、よく知らぬ者はかえって軽々しくしゃべるものである。

 今、ムラサキツユクサ、シランが綺麗に咲いている。ムラサキツユクサは、子どもの頃、インクのような色が出るので、インク花と言って遊んだ。つい、懐かしくなってくる。紫陽花も、もう蕾をつけている。今年は、オダマキの花が少ない、これからかな。

 昨日、歯医者さんで歯を本歯に替えた。今、ハイブリッドで、本当の歯のように硬く、綺麗な歯を3Dプリンターで作れるようになった、そうだ。これは、とてもありがたい。

 昨日、パワーポイントとFACEBOOKの本を買ってきて、少しずつ勉強をはじめた。今日から、こつこつやっていこう。

 今日の午前中は、雨が止んでいるので、ボランティアをやろう。

紫つゆ草
IMG_6798紫つゆ草

シラン
IMG_6801紫つゆ草◎

毎日、開花を楽しみにしている芍薬
IMG_6789 芍薬

紫陽花も、今月末頃から楽しみ
IMG_6793あじさい 蕾

オダマキ
IMG_6812おだまき

オダマキ
IMG_6814 odamaki白

IMG_6791 ポピー

我が家の花壇のキンギョソウ
IMG_6816 my gardenキンギョソウ
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line