■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









5月13日(金)

○メイストームデー(5月の嵐の日)

「バレンタインデー」から88日目、「八十八夜の別れ霜」ということで、別れ話を切り出すのに最適とされる日。

2月14日の「バレンタインデー」、3月14日の「ホワイトデー」、4月14日の「オレンジデー」と、14日あたりは恋人に関連した記念日が続く。これを乗り切れば、6月12日には「恋人の日」が待っている。

※ 「May storm」

a storm occurring in May caused by low-atmospheric pressure, called "May storm" ということは、ここんとこ吹き荒れては強風雨のことをいうのか、アメリカなどでは竜巻などがあって、もっと物凄いのかも。


○カクテルの日

アメリカの雑誌『バランス』の1806年5月13日号に、「カクテル」という名称が初めて登場した。

「カクテルとは、酒(種類は何でも良い)に砂糖と水とビターを混ぜた興奮飲料で、俗に『ビタースリング』と呼ばれ、選挙運動の妙薬ということになっている」と紹介されている。

○愛犬の日,FCI(国際畜犬連盟)デー

ジャパンケンネルクラブ(JKC)が1994年に制定。

1949年のこの日、同クラブの前身である全日本警備犬協会が創立された。

◇竹酔日[ちくすいじつ]

竹を移植するのは旧暦5月13日に行うと良いと言われている。これは、この日は竹が酔っていて、移植されてもわからないからだということである。

※ 竹 120年にたった一度だけ花を咲かせ、一斉に枯れていく…竹はミステリアスすぎる植物。インターネットで、調べると、身近にあって、実に不思議な植物だ。竹はイネの仲間で、種ではなく地下茎と呼ばれる茎を伸ばしてそこから竹の子(筍)を生やすことで繁殖をしています。他の植物のように、花を咲かせ、花粉を受粉することによって実を結実させて…というプロセスを竹は辿らないのです。一本の竹からニョキニョキと地中に茎を伸ばし、無性生殖によって子孫を増やしていく。

そんな竹ですが、一度だけ花を咲かせることがあります。それは、枯れる直前。日本でも多く栽培されているマダケの開花は、なんと120年に一度だけ。若い竹から、老いた竹まで一斉に花を咲かせ、そして一斉に枯れていくのです。竹の開花周期は、竹の種類によって異なります。マダケは120年と言われていますし、他の竹には67年周期で開花するものもあります。マダケが120年に一度だけ花を咲かせることはほぼ間違いないといわれているのですが、その理由はわかっていないのです。

世の中には、不思議なこと、未知の世界があるものです。

長い間無性生殖を繰り返して繁殖していた竹が、忘れることなく一斉に花開き、一斉に枯れていく。なんともミステリアスな話だと思いませんか。

※花袋忌

小説家・田山花袋[たやまかたい]の1930年の忌日。

◎今日の格言: 人(ひと)に事(つか)うるを知(し)る者(もの)にして然(しか)る後(のち)に以(もっ)て人(ひと)を使(つか)うべし

《「孔子家語」曲礼子夏問から》他人に使われてみて、初めて人を使うことができる。他人に使われた経験のない者は、人を上手に使うことができない。

昨日、とてもいいお天気なので、散髪へ。途中、公園の薔薇園の薔薇がとてもきれいに咲いていた。午後、先輩も参加してパソコン教室、予習をしっかりやっていたので、かなり進んだ。

今日は、親しい先輩のご家族と一緒に谷津京成バラ園へ行く。この春で、もっともすばらしい薔薇を観に行く、とても楽しみだ。

昨日、芍薬がようやく開花し始めた。後で、観に行こう!昨日、今年初めて、紫陽花が咲いていた。太陽の光を燦々と浴びて、光合成がすすみ、木々が緑豊かになってきた。

DSCF3473_NEW RED ROSE

DSCF3438_NEW ROSE WHITE

DSCF3439_NEW ROSE PINK MARU

DSCF3441_NEW ROSE YELLOW
[ 2016/05/13 05:20 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1084-f91df3d7