天に星 地に花 人に愛

5月14日(土)

○種痘記念日 1796年のこの日、イギリスの外科医ジェンナーが初めて種痘の接種に成功した。

種痘の登場以前は、天然痘は最も恐ろしい病気の一つだった。発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、運良く治った人もあばた面になった。

以前より、一度天然痘にかかった人は、二度とこの病気にならないことが知られていた。また、ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると天然痘には罹からないことを聞いた。そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの手の水疱からとった膿を、近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種した。10日後に発症したがすぐに治癒し、その後天然痘を接種しても感染しなかった。この実験は、学会には認められなかったが、ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、次第に認められるようになった。

天然痘による死亡者は劇的に減少し、1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認された。

○温度計の日

水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイトの、1686年の誕生日。なお、この日附はユリウス暦によるものであるが、ファーレンハイトの生地ダンツィヒ(グダニスク)では既にグレゴリオ暦に改暦しており、それによれば5月24日となる。

華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、その間を等分して得られる。この温度目盛りによると、水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となる。ファーレンハイトが1724年に発表し、現在では主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられている。

中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、「華氏」と呼ばれるようになった。

○聖衆来迎練供養会式(しょうじゅう らいごう ねりくようえしき)
奈良県葛城市の當麻寺で、毎年5月14日に挙行される法会である。奈良の年中行事として、単に「練供養会式」や「練供養」と呼ばれることが多いが、正式には、「聖衆来迎練供養会式」という名称の仏教行事、法会である。

◎今日の格言: 長者(ちょうじゃ)の万灯(まんとう)より貧者(ひんじゃ)の一灯(いっとう)

金持ちの多くの寄進よりも、貧しい者の心のこもったわずかの寄進のほうが功徳が大きい。形式よりも真心が大切であるということのたとえ。貧者の一灯。

昨日、やっと芍薬が開花した。午前10時30分~ 友人の車で習志野市谷津バラ園へ行った。満開で、とても美しかった。1時前に帰宅し、午後は昼寝をした。夕方、デジブック「5月の饗宴」を作り、アップして公開し、友人にも送付した。おばあちゃん、奥さんと観て、楽しんでいただいたと電話があった。昨日に画像をUPします。デジブックでUPしようと思います。

今日は午前7時に出発し、バッグに資料を一杯もって東京学芸大学へ。同窓会の皆さんと後輩たち、この夏、東京を始め地方の教員採用試験を受験する学生たちを一日指導する。とってもやりがいのある一日、精一杯に頑張って来よう。

習志野市 谷津バラ園
キャプチャ谷津薔薇園 s

IMG_6940 s

IMG_6932 s

IMG_6882 s

IMG_6876 s

IMG_6971 s

昨日、開花した芍薬 
IMG_6826shakuyaku 開花

近所で
IMG_6833 s

IMG_6835 s

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)