■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









5月16日(月)

○旅の日 日本旅のペンクラブ(旅ペン)が1988年に制定。

元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った。

せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日。

※久々に、芭蕉の「奥の細道」に触れてみたい。

奥の細道 元禄2年3月27日~9月6日(46歳)

(序)

 月日は百代の過客*にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ*馬の口とらえて老をむかふる物*は、日々旅にして 、旅を栖とす。古人*も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の 思ひやまず、海浜にさすらへ*、去年の秋江上の破屋*に蜘の古巣をはらひて、や ゝ年も暮、春立る霞の空に、白川の関こえんと、そヾろ神*の物につきて心をくるはせ、道祖神*のまねきにあひて取もの手につかず、もゝ引の破をつヾり、笠の緒付かえて、三里*に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて*、住る方は人に譲り、杉風が別墅*に移るに、
(現代訳: 月日は二度と還らぬ旅人であり、行きかう年もまた同じ。船頭として舟の上で人生を過ごす人、馬子として愛馬と共に老いていく人、かれらは毎日が旅であり、旅が住いなのだ。かの西行法師や宗祇、杜甫や李白など、古の文人・墨客も、その多くは旅において死んだ。私もいつの頃からか、一片のちぎれ雲が風に流れていくのを見るにつけても、旅への想いが募るようになってきた。『笈の小文』の旅では海辺を歩き、ひきつづき『更科紀行』では信濃路を旅し、江戸深川の古い庵に戻ってきたのはたった去年の秋のこと。いま、新しい年を迎え、春霞の空の下、白河の関を越えよとそそる神に誘われて心は乱れ、道祖神にも取り付かれて手舞い足踊る始末。股引の破れをつづり、旅笠の紐を付け替えて、三里に灸をすえてみれば、旅の準備は整って、松島の月が脳裡に浮かぶ。長旅となることを思って草庵も人に譲り、杉風の別宅に身を寄せて、)

草の戸も住替る代ぞひなの家  この句が発句。これからも、芭蕉の句を思い出していきたい。

*(旧)高額納税者発表

1947年から2005年まで、国税庁が前年度の高額納税者の名簿(いわゆる長者番付)を発表していた。

2005年から個人情報保護法が全面施行されたことや、掲載者が誘拐などの犯罪に巻き込まれる虞があることなどから、2006年より発表が中止された関聯。

※透谷忌

詩人・北村透谷[きたむらとうこく]の1894年の忌日。

◎今日の格言: 天(てん)に口無し人を以(もっ)て言わしむ

天には口がないから何も言わないが、その意思は人の口を通じて告げられる。

昨日の朝、起きた時から、どうも腰がおかしい。食事をして、ボランティアの準備をはじめたら痛くなり、お祖父さん歩きになってしまい、みんなからも無理だと言われ帰宅して、休んだ。午後2時から、会議があったが、こちらも無理で欠席。一日、休んでしまった。先週、ずっと結構詰めてやっていたこと、日曜日は一日椅子に座って、学生たちと話していたこと、そして何よりも体重の負担が大きいことが原因だ。体重を、何とか減らしていきたい。夕べ、湿布を貼っていたので、今朝は、幾分、痛みは引けた感じ。今日、昼前に家を出て、千代田区日比谷のイイノホールのフォーラム・シンポジウムへ行きたい。ゆっくり、無理せずに行こう。

[ 2016/05/16 09:11 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1087-496b9107