5月24日(火) 遠来のお客 今年もありがとう

○ゴルフ場記念日 1903年のこの日、日本初のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」がオープンした。

○伊達巻の日 厚焼き卵などの寿司具を製造する千日総本社が制定。

伊達巻の名前の由来という説のある伊達政宗の忌日。

▽コモンウェルスデー(Commonwealth Day) [イギリス]

1819年のヴィクトリア女王の誕生日。ヴィクトリアの治政中はイギリスの国勢が最も盛んであったことから、これを記念して祝日となった。

コモンウェルスとはイギリスとその植民地であった国で作るイギリス連邦のことであり、かつては「エンパイヤデー(帝国の日)」と呼ばれていた。

※かつて、オーストラリアに滞在していた時、TVでコモンウェルズ・オリンピックが、どこかの国で開催され、放映されていた。我々、日本人にとって馴染みが無いが、全世界で昔のイギリス植民地全盛期の頃、コモンウェルズが世界中に相当数の国々であったことに驚く。アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、パキスタン、セイロン、アジア、アフリカ、中東、南米、カリブの国々、まさに大英帝国だった。今も、その流れを汲んで、準オリンピックが開催されているが、相当数離脱したものと思う。そのイギリスが、世界中の富を独占した時代から、今、EC残留かEC離脱かの国民投票を控えたり、スコットランド独立の動きもあり、これからの国のあり方が大きく揺らいでいる。

▽独立記念日 [エリトリア] 1993年のこの日、エリトリアがエチオピアから独立した。

▽ピチンチャ戦勝記念日 [エクアドル] 1822年のこの日、エクアドル独立戦争・ピチンチャの戦いで反乱軍がスペインに勝利した。

◎今日の格言: 君子(くんし)は危うきに近寄らず

君子はいつも身を慎んでおり、危険なことはおかさない。

昨日は、30度近く気温が上がり、ちょっとボランティアで汗をかき、シャワーを浴びたら、午前中にどっと疲れが出てしまった。暑さについていけない感じ。午後、蝶を撮りたくて出てみたが、まだ少ない。コンビニ前に今年も燕が来てくれた。例年、3つの巣に来てくれたが1つだけで淋しい。多分、外装工事などで、人が手を加えてしまったからだろう。しばらく観察した、せっせと甲斐甲斐しく雛に餌を運ぶ。家族を大事にしない親は、人間も見習うといいと思った。燕は、人をほとんど警戒せずに、共存している、と思った。あの小さな体で、よくぞ南の国から渡ってきたものだと、思う。子どもの頃に、農家だった軒先にたくさんの燕が来ていた。田んぼの虫を取ってくれる益鳥で、早苗の田んぼをすいすい燕が飛び交う光景が懐かしい。初夏に燕を見るとほっとすると同時にありがとうって、しばらく眺めていた。

今日は、午前中、ボランティアに参加、徐々に体を慣らしていこう。

IMG_6991_NEW.jpg

anigif 2

anigif 2

IMG_6982_NEW.jpg
 今度は、毎日みかける雀のはなし、いつも我が家のベランダに雀が、早朝から一日中たくさん来ていて、かみさんが糞害に困っている。私は、元来、野鳥は好きだが、ふとんや洗濯物を汚されたり、衛生上も困るというので、一緒に雀対策をした。エアコンの下や裏に巣作りをされたのでは、故障になってしまう。調べてみても、問題なさそうに思えた。しかし、なんと、意外なところに巣作りをしていることを発見した。エアコンの外機の土台のしたにほんの10mmくらいの穴が空いていて、そこから出入り出来ることを発見、古い巣を引っ張り出して塞いだ。かみさんは、よく見つけたと感心していた。今朝、起きてみると、雀が来ている。下から、雛の鳴き声らしい声が聞こえる。入口が狭く、中から雛を取り出せない。仕方なく、穴を開放し、雛が出て行くまで待ってから、塞ぐことにした。雀の勝ち、人間が負けてしまったってことだ。当面は、あまりに雀が集まれば追うくらいしかできない。

昨日の、火葬禁止令の廃止から、遺灰に残留した貴金属をどうするのか、ということがウィキペディアに載っていた。

火葬されたあとの遺灰には歯の治療や人工骨などで使われた金、銀、パラジウムなどの貴金属が含まれる。 これを回収することで名古屋市は1000万円、東京都は300万円の収益を得ている。このような処理については遺族には知らされておらず、無断で行われている。これに対して一部の市民団体などからは死体を換金するのは不敬であるとして抗議の声がおきている。

※なるほど、なるほど。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line