■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









6月5日(日)芒種:螳蜋生・かまきりしょうず

 ※6月2日(木)~5日(土) 思い立ったが吉日 前から、行ってみたかった、山梨県北杜市と長野県富士見町へ行って来た。数日ぶりに、ブログに再登場、またよろしくお願いします。北杜市白州鳥原に東日本震災後に、農業移住した友人を訪ねるためであり、北杜市大泉に退職後移住した元の同業者に出会うためであった。長野県富士見町は、30年ほど前にお世話になった富士見高原学園の管理人さんご夫妻にお会いしたかったから。人々にお会いし、自然を満喫し、感動や驚きがあり、新しい発見があり、たくさん写真を撮ってきた。編集などをしながら、たくさんあるので、少しずつご紹介をしていきたいのでどうぞお楽しみに!

暦の上では、螳蜋生と書いて、かまきりしょうずと読みます。カマキリが生まれ出る時候をいいます。
カマキリの交尾は、前の年の秋です。カマキリのメスは交尾して間もなく、尾っぽから泡状の粘液を出して、それを草の茎や小枝,人家の外壁などに卵を産みつけます。卵臥は一塊になっていて、その中に数百もの卵が入っています。
そのまま越冬し,翌年5月から6月に掛けて幼虫がいっせいに孵化します。今がちょうどその時季です。子カマキリは、親とそっくりの姿で生まれます。カマキリは、幼虫時から捕食性が強いのが特徴です。
カマキリは、前脚の噌節より先の部分が変形してできた鎌を備えています。頭部は逆三角形です。体は全体に平たく細長く,前胸は長く、頭部と前胸の境目は柔らかいため、頭部だけを広角に動かすことができます。前脚の噌節に、鋭いとげの列があります。その先端の鋭くとがった脛節(けいせつ)によって〈鎌〉を形成し,小昆虫の捕獲に使います。カマキリは、短距離を直線的に飛ぶことが出来ますが、およそ飛行は苦手です。羽根は扇状に広げて威嚇に使います。
カマキリは、体の小さいオスが体の大きいメスに共食いしたり、メスがオスを食い殺すことがたまに見られます。この面ばかりが強調され、『かまきり夫人』などというポルノ映画が現れたりして、カマキリは恐いというイメージがつくられました。カマキリの名誉のために言っておけば、カマキリが持つ生物としての特性と、人間の男女のあり方とは何の関係もありません。カマキリのオスは、確かに頭部や上半身を失っても交尾が可能です。交尾の途中にメスが頭を食べてしまうことがありますが、オスはそのまま交尾を続けます。だからといって、オスが自ら身を投げ出して食われることはありません。
たしかにカマキリは、肉食性の強い昆虫です。動いている小昆虫だけでなく、自分より身体が大きいカエルやトカゲまでを餌食の対象にします。
カマキリは、捕食をするとき,眼で品物の動きを追う動眼視を持っています。眼はよく発達していて,広い視野を持っています。そして、頭部を自由に動かすことができます。餌の対象が射程距離に入るやいなや,鎌をのばして打ち振り,餌をとらえるのです。頭胸部と腹先をのけぞらせて威嚇姿勢をとり、相手を脅しあげるところなど見事なものです。

このカマキリの攻撃性、好戦性から、自分よりも大きな相手に立ち向かうことを〈蟷螂の斧〉といいます。「風車に向かうドン・キ・ホーテ」と同じ意味です。「蟷螂(とうろう)」とは、カマキリの漢名で、「蟷螂の斧」はカマキリの鎌を指しています。
カマキリは雪国では、卵を雪に埋もれない高さに産みつけることに注目し、カマキリの卵ノウ高さと最大積雪深との関係を、実証的に研究した人がいます。その研究者は酒井與喜夫という人で、その結果は長岡技術科学大学博士論文として発表しています。論文の論旨がwebに出ていて、とてもおもしろいので興味のある人はアクセスしてください。

ご紹介した論文(論文要旨)
カマキリの卵ノウ高さと最大積雪深との相関に関する実証的研究
http://lib.nagaokaut.ac.jp/drdb/h09/z0101.html

 2年前に、新潟県湯沢市の塩沢宿で、カマキリが、その冬の降雪積雪量を予知し、軒下2.74m以上に卵を産むということを知り、驚く。


IMG_7253縮

▲環境の日,世界環境デー(World Environment Day) 1972年12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。

1972年のこの日、ストックホルムで開催された国連人間環境会議で「人間環境宣言」が採択され、国連環境計画(UNEP)が誕生した。

国連では、日本の提案によりこの日を「世界環境デー」と定め、日本では1993年に「環境基本法」で「環境の日」と定められた。

事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意慾を高める日。世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため様々な行事が行われている。

○落語の日 落語家の春風亭正朝が制定。六(ろく)五(ご)で「らくご」の語呂合せ。

○ろうごの日 神戸市老人福祉施設連盟が制定。六(ろう)五(ご)で「ろうご」(老後)の語呂合せ。

▽憲法記念日 [デンマーク]

1849年に新憲法を採択し立憲君主制に移行した日であり、1953年に現憲法が採択された日。

▽共和国大統領誕生日 [赤道ギニア]

1979年から事実上の独裁体制をしいている第2代大統領テオドロ・オビアン・ンゲマの誕生日。

○2年前の今日、6月5日は、Pepper君誕生の日。今年は特に、ロボットやAI(人工知能)に関心が湧き始めた。囲碁でも、Deep Learningの時代が到来した。これから、ますます興味が湧いてきた。

○県祭り(あがたまつり)は、毎年6月5日から翌6日にかけて行われる京都府宇治市の祭。灯火を消した暗闇のなかで行なわれる暗闇祭のひとつ。

◎今日の格言: 思い立つが吉日  No time like the present; Make hay while the sun shines;Strike the iron,whike it's hot
.
[ 2016/06/05 11:04 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1106-cc0e4099