■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









6月11日(土) 昨晩、藝大奏楽堂 はじめて藝大フィルハーモニアを聴く

○傘の日 日本洋傘振興協議会(JUPA)が1989年に制定。この日が雑節の一つ「入梅」になることが多いことから。

○雨漏りの点検の日 全国雨漏検査協会が1997年4月に制定。この日が雑節の一つ「入梅」になることが多いことから

○国立銀行設立の日 1873年のこの日、日本初の銀行、第一国立銀行(後の第一銀行、現在のみずほ銀行)が設立された。その後の5年間に153もの国立銀行が発足した。

「国立」という名前がついているが、これはアメリカのNational Bankを直訳したもので、実際には民間の銀行だった。国立銀行はすべて第○国立銀行のような名前になっていて、ナンバー銀行と呼ばれた。第四銀行、七十七銀行等、現在もそのままの名称を使っている銀行が残っている。

▽カメハメハ・デー [ハワイ州] 1810年のこの日、カメハメハ1世がハワイ諸島全島を統一した。

◎今日の格言: 一斑(いっぱん)を見て全豹(ぜんぴょう)を卜(ぼく)す

《「晋書」王献之伝から》物事の一部を見てその全体を推し量る。一斑を見て全豹を知る。

昨日、午後から湯島で仕事。大手町までの電車内で英語を話す台湾からの子どもを抱いた若い母親に、かからつけの台湾出身のなじみのドクターを名刺に書いて紹介、カナダ・トロントから旅行初日のカップル、新宿御苑に行くというので大手町駅で丸の内線を案内、今、都内にそれだけ外国人が多く、自分が外国に行った時にとても親切にされたことを思い出し、なるべく教えてあげることにしている。東京の地下鉄はとても便利だが、旅行客にはMAPだけでは、とても複雑でわかりにくい。仕事を終えてから、上野公園内のレストランで早目の夕食。お天気がよく、外のテーブルだったので約1時間、仕事の書類の整理。6時前に東京藝大奏楽堂へ。藝大フィルハーモニア定期演奏会を鑑賞した。6:15~ プレコンサート:ベートーベン七重奏曲 メイン:ベートーベン交響曲第8番、ブラームス交響曲第2番 ベートーベンの圧倒的なエネルギー、ブラームスの重厚さを堪能した。印象は、先ず、奏楽堂の音響設備がとてもよい。次に、指揮者:ペーター・チャバ氏 ヨーロッパでの実績、日本の音楽芸術の若人を育成することを喜んで招聘を受けられたと実感する。非常にタフな指揮者。最後に、藝大フィルハーモニア 全員が藝大の学生・院生・教員・賛助出演者 特に、有望な可能性ある若さを感じた。こんなに若い人達の素晴らしいフィルを聴いたのは初めて。日本の音楽界を担う逸材、世界に羽ばたく才能の若人たち。9時半過ぎ、三日月の月を見ながら、家路を急いだ。とても幸せなひと夜だった。次回が、10月28日㈮ラフマニノフピアノ協奏曲第3番、ストラビンスキー<春の祭典> プロムナードコンサート 10月18日㈫11時~ グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲、リムスキー・コルサコフ:シェラザード どちらかに行こうと思う。

 今朝は、10時から、知人のパソコン点検のお手伝い。午後1時半~ 先輩も来て、パソコン教室。今回は、あまり、パソコンの自学予習が出来なかった。しっかり、勉強しよう。今日は、ブラザーズ・フォアのチケットがあったが、残念ながらキャンセル。

先週、金曜日に約25年ぶりに長野県諏訪富士見の「井戸尻考古館」に行った。面影は昔と同じ、その後発掘が進み、国指定の展示もたくさんあった。とてもなつかしかった。また、昔、大変お世話になった学園の管理人ご夫妻にお会いしてきた。今年は、3月に河口湖で、6月に富士見にて、管理人さんたちに御礼行脚が実現できて、本当によかった。考古学に興味があって、インターネットを観たら、明日、鎌倉で人骨を含む古代の遺跡発掘の公開。興味がある人は、どうぞ。
DSCF3750_NEW.jpg

DSCF3749_NEW.jpg

DSCF3748_NEW.jpg

DSCF3747_NEW.jpg

DSCF3743_NEW.jpg
[ 2016/06/11 08:19 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1112-02e3631b