天に星 地に花 人に愛
つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

7/24(水) ふたたび、この人の活躍


「DJポリス」が警備、話術披露=花火大会、豪雨中止でも―東京

時事通信 7月23日(火)20時14分配信



 サッカー日本代表が6月にワールドカップ本大会出場を決めた際、東京・渋谷のスクランブル交差点で巧みに群衆を誘導し注目された警視庁の「DJポリス」が23日、東京都葛飾区で開かれる予定だった花火大会の雑踏警備に登場し、軽妙な話術を披露した。ただ、花火大会は打ち上げ直前に豪雨に見舞われ中止になった。
 DJポリスは警視庁第9機動隊広報係の20代の男性巡査。渋谷ではユニークな呼び掛けで事故を未然に防ぎ、警視総監賞を受賞。雑踏警備に出るのは受賞後初めてという。
 男性巡査は広報車の上から「花火に負けずに美しい女性が大勢います。転ばないよう、男性はしっかりエスコートを」などと会場に向かう人混みをマイクで誘導。花火は突然の豪雨で中止になったが、巡査は「東京では今後もまだまだ花火大会があります。残念ですが、無事に帰るのが一番です」と温かく呼び掛けた。

【編集日誌】
DJポリスの氏名は?
2013.6.15 08:12 [地域の話題]
 14日付の「DJポリスに警視総監賞」の記事を読み始めて、「あれ?」と気付いた。

 受賞者の男性巡査と女性巡査長の氏名が記事にない。掲載写真には授与式のりりしい2人の晴れ姿が映し出されている。にもかかわらずである。

 サッカー日本代表がW杯出場を決めた際、雑踏警備での絶妙な呼びかけが大きな話題となった。間違いなく称賛される“ファインプレー”である。

 だが、2人は「今後の警備活動に支障がある」などとして氏名公表や個別取材に応じていないのだという。

 「チームワークがあったからこそもらえた賞」。男性巡査のコメントからは、組織の一員であることをかたくなまでに貫こうとするストイックさが伝わってくる。取材で氏名は確認できたが、そんな2人の気持ちを大切にしたいと考えた。(編集長 近藤豊和)
[2013/07/24 04:56] | ひと | トラックバック(0) | コメント(0)
<<7/24(水) 電車とホームの間に挟まれた女性を乗客らが救出 さいたま市 | ホーム | 7/23(火) 嬉しかったこと、有り難かったこと・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
目に青葉山ほととぎす初鰹
        (山口素堂)


 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア