6月20日(月) 6月下旬の日々を充実し、7月選挙の夏へ。

夏至の初候 「乃東枯」と書いて、なつかれくさかるる、と読みます。
乃東とは漢方薬に用いられる夏枯草の古名で、その正体はウツボグサ(靫草)です。紫色のきれいな花で、田んぼの畦や草地でよく見掛ける草です。この草は、冬至の頃に芽を出して夏至の頃に、花穂が黒色化して枯れたように見えます。草木が生命活動を謳歌し、繁茂する時季に、この草だけが枯れたように見えることから乃東枯と呼ばれるようになりました。

▲世界難民の日(World Refugee Day)

国連が2000(平成12)年12月に、それまでの「アフリカ難民の日」を改称して制定。

1974(昭和49)年のこの日、「アフリカ統一機構難民条約」が発効した。

※今、シリア及びISSからの難民、国内難民等、中東からヨーロッパなどへの難民の状況が膨大かつ深刻な状況が続いている。また、ロヒンギャ難民についても、私達は関心を持ち、国連国際高等難民事務所あるいは国際赤十字と連帯し、手を差し伸べていかねばならない。

○ペパーミントの日

ハッカが特産品の北海道北見市まちづくり研究会が1987(昭和62)年に制定。

「はっか(20日)」の語呂合せ。6月は、この月の北海道の爽やかさがハッカそのものであるとのことから。

○健康住宅の日

健康住宅推進協議会(現在の日本健康住宅協会)が制定。

※衣食住の住、基本的人権として最低の国民生活を憲法が保障しているわけだから、熊本をはじめ避難所生活、仮設住宅などで不便な生活を強いられている人々へ政治の力で、支援していかねばならない。しかも、天災という自然災害の被害に遭った人々を国は守ってあげねばならない。そういうことを考えるために、今日の日があってほしい。また、近づく参院選も国政で国民のために力になってくれる候補者を選ぶ必要がある。

◎今日の格言: 君子(くんし)は交わり絶ゆとも悪声を出(いだ)さず

《「史記」楽毅伝から》君子は交際を絶ったあとでも、決して相手の悪口を言わない。

昨日は、来週の準備、7月以降、今年度の下半期の準備をした。今年は東京都退職公務員連盟70周年記念行事があり、広報の「特集号」の編集が大きな仕事だ。また、久しぶりにパソコンの勉強もした。先週、パソコンの故障をお手伝いした知人が、わざわざお礼に訪問されて、ご挨拶された。私としては、地域のためにいろいろと一生懸命に働かれている方なので、困っている人に何とかお手伝いできただけで、満足だったが、何やらお持ちになった。そういうことはしないでと、何度もお伝えした。後でビニール袋を開けたら、かみさんとびっくり、なんと「黒毛和牛」のお肉、我が家ではそんな高級な肉を口にすることはない。何か御礼のお返しをしなければと、思う。今年は、東京ドームのプロ野球のチケットが、よく届く。この夏あと2回も行く機会があるので、一緒に東京ドームへ行こうかと思う。

今日の午後は、日赤 東京都支部で会議へ参加する。なかなか行けなくて、久しぶりに出席する。

今年のプロ野球交流戦 ソフトバンクが底力を見せて阪神に快勝、2年連続6度目の交流戦最高勝率を決めた。

イギリス EU残留か離脱かの国民投票は4日後、世界が注目している。どうなるか我々も大いに注目していく必要がある。

参院選、そして都知事選、この7月は選挙の夏、我々の生活にとっても大事な選挙だ。しかも18歳からの選挙、最初の年、我々大人がもっとしっかり選ばなければならない。これからの日本も、本当に大変だ、だからこそ選挙は大事だ。このようなことを考えながら、6月の残り10日を充実して過ごそう、今年も1/2が終わる。1年がほんとにはやい。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line