天に星 地に花 人に愛

6月23日(木) まもるいのち ひろめるぼうさい

○慰霊の日 [沖縄県]

1945年のこの日、牛島満大将らが自決し、第二次大戦の沖縄における組織的戦闘が終結した。80日にもおよぶ地上戦で、住民を中心におよそ20万人もの犠牲者を出した。

1961年、アメリカ施政下の沖縄で、日本の国民の祝日に相当する「住民の祝祭日」の一つとして定められた。1972年の沖縄復帰後は休日としての法的根拠がなくなったが、1991年に沖縄県の条例で休日と定められた。なお、沖縄戦終結の日は6月22日とする説もあり、制定当初から1965年までは6月22日が「慰霊の日」とされていた。

○オリンピック・デー

1894年のこの日、国際オリンピック委員会(IOC)がパリで創立された。

フランスのクーベルタン男爵の提唱によりオリンピック復興に関する国際会議がパリで開催され、1896(明治29)年にアテネで第1回オリンピック大会の開催することを決議し、国際オリンピック委員会を組織した。

日本では日本オリンピック委員会(JOC)国際協議課が1948(昭和23)年から実施している。

▲国連パブリック・サービス・デー(United Nations Public Service Day)

2002年の国連総会で制定。国連加盟各国に対し、この日は公共サービスが開発に果たす役割を周知するよう求めている。

▽大公誕生日 [ルクセンブルク]

ルクセンブルクの国家元首であるルクセンブルク大公の誕生日を公式に祝う日。大公アンリの実際の誕生日は4月16日であるが、誕生日の祝日は6月23日になっている。

▽戦勝記念日 [エストニア]

1919年のこの日、エストニア独立戦争でエストニア軍がバルト連合公国軍に勝利した。

※獨歩忌

作家・詩人の國木田獨歩[くにきだどっぽ]の1908(明治41)年の忌日。

◎今日の格言: 修身(しゅうしん)斉家治国平天下(せいかちこくへいてんか)

《「礼記」大学から》天下を治めるには、まず自分の行いを正しくし、次に家庭をととのえ、次に国家を治め、そして天下を平和にすべきである。

昨日、江東区立小学校へ25年ぶりに、日赤東京都支部青少年赤十字ボランティア課に防災・減災教育の講師要請があり、訪問した。児童数が700名を越え、幼稚園、身障学級、日本語学級が併設され、規模の大きさに驚く。当日は、1週間の学校公開の日で保護者の参観が多かった。6年生4クラスを2クラスに分け、1時間目講話、2時間目実技、子ども達はベテランの日赤の指導者の指導に熱心に参加していた。都内でも首都直下型地震が30年以内に70%の確率で起こると言われる。機会あるごとに、このような「いのちをまもる」安全指導を行う必要がある。そこで、いま、「まもるいのち ひろめるぼうさい」、日赤では、小学校~高等学校
まで、防災教育に力を入れている。
今日は、午後、パソコン教室、夕方、都内へ。蒸し暑さが続き、体力がなかなかついていけない。



DSCF3948_NEW.jpg

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)