■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









7月9日(土)  広大無辺、一隅を照らす

7月7日(木)8日(金) 群馬県伊香保温泉 一泊二日の宿泊研修、全員無事、天候に恵まれ、内容が充実した研修会を終えて戻ったので、ブログを再開します。

今日、7月9日(土)は、
○ジェットコースターの日 1955年のこの日開園した後楽園遊園地に日本初の本格的なジェットコースターが設置された。

▽独立宣言の日 [アルゼンチン] 1816年のこの日、アルゼンチンがスペインから独立した。

▽憲法記念日 [パラオ] 1980年のこの日、アメリカ信託統治下のパラオで住民投票により憲法が採択された。

※鴎外忌 小説家・森鴎外[もりおうがい]の1922年の忌日。

(昨日、ブログをお休みしたので、昨日7月8日を調べたら、なんと、ろくでもない記念日が続く。質屋の日、ナンパの日、ちょっとマシなのは中国茶の日、唯一、大事な記念日が「那覇の日」でした。)

◎今日の格言: 袖(そで)振り合うも多生(たしょう)の縁(えん)

道で人と袖を触れあうようなちょっとしたことでも、前世からの因縁によるものだ。袖すり合うも多生の縁。→多生の縁
[補説]「多生」は、仏語で、何度も生まれ変わること。「他生の縁」とも書くが、「多少の縁」と書くのは誤り。

 一昨日の研修で、とてもよかったことは、富岡製糸場、世界絹遺産群のひとつ「高山社中」を見学できたこと、明治時代に高山長五郎という立派な人が山里上毛の地に絹産業を開拓し、人材育成し、どれだけ人々の暮らしを変え、日本の近代化に貢献したか、こういう人が明治時代の素晴らしい日本人に出会えたことは本当によかった。このような素晴らしい人材を、もっと大きく評価していくことが大事だと思った。ふたつめが講演、都退公連の組織の充実を目指すという内容だった。2年前にお目にかかった栃木県連の会長の実践、とても素晴らしい内容だった。午前中は天気がよかったので期待していた伊香保での星空は、夕方から雲が広がり、やはり残念ながら期待外れの七夕だった。ただ、大西さんの宇宙への打ち上げ成功のニュースに、安堵した。それでもISSにドッキングするまで50時間弱も窮屈なところで過ごし、これから4か月間の長期滞在がはじまる。無事に、ミッションを果たし、日本人10人目の大役を果たして無事に戻って来れるように祈りたい。翌日、水沢観音に行った時、掲げてあった2つの看板の文字「広大無辺」「一隅を照らす」ということばがとても印象に残った。今朝は、それをUPします。研修旅行では、青梅のお元気な88歳の先輩とお会いできたこと、榛東ワイナリーの素敵なおばちゃんガイドに再会できたことなどがよかった。昔、勤めた時代の、50代半ばの方と話が弾んだこともよかった。この研修旅行は、半分仕事だったので、ひとつの大きな行事を越えたので、これからの半年、次のステージにしっかり取り組もう。

今日は、パソコン教室、エクセルの関数、奥が深いのでとても面白くなってきた、これからもこつこつを、学ぶ喜びをもってこつこつとしっかり取り組もう。

今日も、そしてこれからも、「広大無辺」なこころをもって、「一隅を照らす」ように心がけ、そういう生き方をしたいものだ。


群馬県 水沢観音にて
DSCF4099.jpg

DSCF4100_NEW.jpg
[ 2016/07/09 08:19 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1139-6feee7f0