天に星 地に花 人に愛

7月16日(土) やりがいのあることをやれば、気分がいい。

○国土交通Day 国土交通省が2001年に制定。

1999年のこの日、国土交通省設置法が公布された。

国土交通行政に関する意義、目的、重要性を理解する日。

○駅弁記念日

1885年のこの日に開業した日本鉄道の宇都宮駅で、日本初の駅弁が発売された(ただし、これより早く他の駅で駅弁が販売されていたとする主張もある)。

宇都宮市で旅館業を営んでいた白木屋嘉平が、たまたまその旅館に宿泊していた日本鉄道の重役の薦めで販売した。握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んだもので、値段は5銭だった。

○外国人力士の日

1972年のこの日、大相撲名古屋場所で、ハワイ出身の力士・高見山大五郎が外国人力士として初めて幕内優勝した。

※ジェシー、高見山関、今思えば、大変な苦労をしての優勝、大いに讃えたい!!とっても偉かった、立派だったね!!

○虹の日 デザイナーの山内康弘が、「人と人、人と自然、世代と世代が虹のようにつながる日に」と制定。

七(なな)一(い)六(ろ)で「七色」の語呂合せ。

◇籔入り

昔、商店に奉公している人や、嫁入りした娘が、休みをもらって家に帰った日。この日と1月16日だけ実家に帰ることが許されていた。


□盆送り火

盆の最終日。祖先の精霊を送る為に火を焚く。また、祭壇に供えたものは精霊船に乗せて川や海に流す。

月遅れの8月16日や旧暦7月16日に行う地方もある。

□閻魔賽日[えんまさいじつ],十王詣

正月16日と7月16日の閻魔賽日(地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)に、寺院で十王図や地獄相変図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりすること。

十王とは地獄にいて亡くなった人の罪を裁く10人の判官のことで、特に閻魔王のことを指す。

※カラヤン忌

「楽壇の帝王」と呼ばれたオーストリアの指揮者・カラヤンの1989年の忌日。

友人でもあったソニーの大賀典雄社長とカラヤンの自宅で会談中に心不全となり、大賀の腕に抱かれて亡くなった。

◎今日の格言: 百聞(ひゃくぶん)は一見(いっけん)に如(し)かず

《「漢書」趙充国伝から》人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうが確かであり、よくわかる。

 昨日は、午前10時から午後2時半まで、日赤東京都支部の依頼で、8月に都内小中高校生100名が参加するリーダートレーニング合宿で使用する教材器具(高齢者体験訓練用)を3人で整備した。整備の中身は単純作業だった。大きなバックにある器材を取り出すまではよいが、足や腕に巻くマジックテープに、糸などが細かに絡みつき、それをきれいに取り出すのが、数が多く大変だった。今も、指が痛い。けれども我々シニアが、これからの子ども達のために何かお役に立てたということで、気分がいい。午後2時半から、理事会に出席し、6時半に帰宅した。人知れず地味な作業でも、何か人の役に立てることは、嬉しいものだ。日赤、青少年赤十字というのは、表には出ないことが多いが、いろんなことをよくやっていると思う。

 今日は、7時のバスで武蔵小金井の母校大学へ、全日、OBが集まって学生たちを指導・助言する。こちらもこれからの日本を背負う人たち、自分の経験を若い人達に伝えるやりがいのある一つだ。精一杯、頑張って来よう。

 昨夜は、プロ野球の夢の球宴は、少しだけしか見れなかった。大谷選手は、打撃一刀流だった。今日は、第二戦をゆっくり観るのがとても楽しみだ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)