■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









7月18日(月) 国立西洋美術館 日本で20番目の世界文化遺産へ

▲ネルソン・マンデラ・デー

南アフリカ共和国の政治家で、反アパルトヘイト運動を主導したネルソン・マンデラを賛える国際的な記念日。

ネルソン・マンデラの1918年の誕生日。

○光化学スモッグの日

1970年のこの日、東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生した。

立正高校で体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛等を訴えて倒れ、43人が病院へ運ばれた。東京都公害研究所は、窒素酸化物(NOx)が紫外線によって有毒な物質に変化して起こる光化学スモッグであると推定した。

▽憲法記念日 [ウルグアイ]

1830年のこの日、ウルグアイの最初の憲法が採択された。

※大河内傳次郎忌

映画俳優・大河内傳次郎[おおこうち・でんじろう]の1962年の忌日。

7月第3月曜日

◎海の日(Marine Day)

○発泡スチロールの日

◎今日の格言: 人事(じんじ)を尽くして天命を待つ HEAVEN HELPS THOSE HELP THEMSELVES.

力のあらん限りを尽くして、あとは静かに天命に任せる。

昨日は、一日、休養した。先週の講演の要旨を担当者がまとめてくれたので、校正をして、講師の先生へ速達郵送した。今日は、明日の準備、午前:初校ゲラを印刷屋へ、午後:来春の特集号の原稿執筆依頼の準備をしよう。明日は、上野不忍池の蓮の花を撮って来よう。今週末のパソコン教室の予習をしっかりやろう。

東京、上野の国立西洋美術館が、ユネスコの世界文化遺産になった。今まで何度も行ったが、今度行った時に、7か国17資産のひとつ、ル・コルビュジェという人の設計した西洋美術館という建物もゆっくり観て来よう。これで日本の世界文化遺産は20となった。

ここで、インターネットで調べた、国立西洋美術館の価値をまとめておこう。

◎日仏文化交流の起点となった歴史的な建造物

 「松方コレクション」という美術作品の寄贈返還を通じて、戦後の日本とフランスの国交回復、関係改善の象徴となった歴史的建造物です。

◎日本で唯一のル・コルビュジエ作品

 建築、都市計画に関するル・コルビュジエの作品は、世界各地に残されており、約70件が現存しています。国立西洋美術館(本館)は、彼が日本で設計した唯一の建造物です。ピロティー、スロープ、自然光を利用した照明計画など、ル・コルビュジエの建築的な特徴がとても良く表現されている作品であり、日本の戦後建築に極めて大きな影響を与えました。

◎「無限に成長する美術館」の構想を実現した美術館

 ル・コルビュジエが長年追求した「無限に成長する美術館」のアイデアを実現した美術館は、世界に3つあり、その一つが上野の国立西洋美術館です。その他はインドの「サンスカル・ケンドラ美術館」(1957年)と「チャンディガール美術館」(1965年)です。国立西洋美術館は、その中で最も完成度の高い美術館として評価されています。

ル・コルビュジエの考えた「無限に成長する美術館」

 ル・コルビュジエは、1929年、「ムンダネウム計画」の「世界美術館」において美術館建築の構想を示しました。その後、このアイデアが「無限に成長する美術館」構想の原型になるものです。

ル・コルビュジエが考えた「無限に成長する美術館」とは、展示空間が渦巻きのように螺旋(らせん)を描きながら延びているので、美術作品が増えても必要に応じて外側へ増築して展示スペースを確保できるというもので、美術館として無限に拡大していくことを可能としています。国立西洋美術館(本館)は、ピロティーとなっている1階の正面入口から建物の中心となるメインホール(「19世紀ホール」)に入ると、スロープで、2階の展示スペースへ昇り、回遊することができます。

※世界文化遺産の話から、一転して、明るい話でなくて、誠に恐縮だが、私的なこと、泌尿器科;前立腺の2泊3日「検査入院」が1週間後に近づいた。入院は嫌だけど、年齢的に男性が高齢者になると、よく問題になるので、本当に嫌だけど仕方がない。先輩たちの話では、いろいろ検査をするらしい。まあ、短期間だから我慢しよう、この1週間は、なるべく体力を温存しておこう。検査入院なので、何もないことを信じている。発端は、市の健康診断、昨年までPSAという数値の標準値4~5だったのが、5~6に上がってきたことだ。CT&MRI検査は、問題はなかった。今度の検査入院で原因がわかり、おそらく薬治療になるのではないか、と思う。まあ、何もないなら無いで、一度やっておけば安心だろう。健康管理とは、一定の年齢が来たら、何でも早目にこまめにやっておくことだ。そうすりゃ、安心、また気をつけていくことになると、思う。健康こそ財産、でも高齢になるといろいろ問題が出てくる、でも時々は小さいうちにチェックをすべきだと思う。元気であれば、何でもできる!

嫌なことばかりじゃしょうがない、何かひとつくらいの楽しみなことがあれば、元気も出て来よう。2週間後、31日(日)に、東京ドーム巨人vsヤクルト戦 デーゲーム、それを楽しみに7月後半、明るく頑張っていこう。
[ 2016/07/18 06:26 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1148-f9714883