7月23日(土) 何かと忙しくしてる毎日

○米騒動の日

1918(大正7)年のこの日、富山県魚津の漁家の主婦たちが米の県外移出を阻止する集団行動を起こし、全国にまで広がった米騒動の始りとなった。

米の需要拡大に生産が追いつかなかったことや、米の輸入が自由化されなかったこと等により米価が急騰した。また、民本主義の普及に伴って反政府的気分が高騰し、異常な米価の高騰をきっかけに全国的な騒動が激発した。

魚津の運動を皮切りに富山湾沿岸一帯で米価引き下げ・困窮者救済の要求運動が発生した。これが新聞で報道されると、8月10日に名古屋と京都で大騒動が起こるなど全国に波及し、騒動は9月17日まで続いた。警察だけでは鎮圧できずに軍隊まで投入され、30人の死者と多数の負傷者を出した。

○文月ふみの日

郵政省(現在の日本郵政グループ)が1979(昭和54)年から実施。

毎月23日は「ふ(2)み(3)」の語呂合せから「ふみの日」となっているが、7月の旧称が「文月」であることから、特別に「文月ふみの日」としてさまざまなイベントを実施している。
関聯記念日 •ふみの日 <毎月23日>

○カシスの日

日本カシス協会が2006(平成18)年に制定。この日が大暑になることが多いことから。

※ 注 カシス:カシスは世界中に広く分布し、古くから食用や薬用として利用されてきたベリーの仲間です。欧米では、ジャムやリキュールなどに加工されるだけでなく、民間薬としての薬効が注目され、主に薬用として栽培されるようになりました。
カシスで一般的なものは、実から作る「クレーム・ド・カシス」などのリキュールです。

○陶器まつり

▽革命記念日 [エジプト]

1952年のこの日、自由将校団がクーデター(エジプト革命)を起こした。

翌年、最後の国王フアード2世が廃位され、エジプトは共和制に移行した。

▽ルネッサンス・デー [オマーン]

1970年のこの日、オマーンの王太子カーブース(現国王)がクーデターを起こして父王サイードを追放し、自ら王位に就いた。

※我が郷土、相馬野馬追祭、いざ出陣 相馬地方の伝統行事「相馬野馬追」が23日、開幕する。今年の出場数は約440騎で、東京電力福島第一原発事故前の9割近い。参加者が属する五つの「郷」の中には、まだ原発事故の避難指示が続いている地域もあるが、避難先などから開幕を心待ちにしている人たちがいる。

◎ 今日の格言 : 転(ころ)ばぬ先の杖(つえ)

前もって用心していれば、失敗することがないというたとえ。

※昨日、午前、知人のパソコントラブルの解決をお手伝いし、昼までに、解決できた。9年前発売のビスタのノートパソコン、来春4月でサポートが切れる、セキュリティのサポートも無しになるもので、奥さんのアカウントは大丈夫で、ご主人のアカウントが開かなくなった。量販店に相談したら、修理に3~4万かかると言われた。リカバリの手もあるが、データや画像消滅、プログラムの再設定をしないために、リモートサポートを受けた。結果、ご主人のアカウント壊れていたので、新規アカウントに、データ・画像・プログラムは、そのまま生きることになった。クレジットカード決済は、7月で手続き終了、これからは、事前にリモート手続きを購入しなければならなくなったので、グッドタイミングだった。ちょっとしたお手伝いだったが、無事にすべて動作したので、とっても知人に喜ばれた。午後は、家事をいろいろやった。特に、昨日は涼しかったので、換気扇の油汚れ掃除をした。こちらは、かみさんに喜ばれた。夕方からパソコン学習をしていたら、今度は自分のノートパソコンがおかしくなってきた。結局、夜1時までかかって、Windows10をWindows7に、Cドライブのみ再セットアップに成功した。こちらは、幾つかプログラムを再設定して、どうにか当分、使用することが出来るようになった。かみさんのこのパソコンは、私が10倍もよく使うので、購入せずに済んだ。今日の午後も、このノートパソコンを持ってパソコン教室に行くことが出来るようになった。そのため、今朝も、起床早々から、再インストールなどの作業となった。

※昨日、日公連役員で栃木退公連に送っていた講演(要旨)が、何度も読んだがどこも校正なしと、お墨付きのお手紙を頂戴した。これで、5000人の東京都の会員に安心して、会報の印刷ができる。自分でも自信がもてたので、自分の努力を少しは、ほめよう。何でもよい、少しでも世の中のお役に立てれば・・・。


キャプチャ相馬野馬追

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line