8月7日(日) 虫売り屋は、天職!?

立秋 初めて秋の気配が現れてくる頃とされる。七月節(旧暦7月)。『暦便覧』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明している。

夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬の前日までが秋となる。暦の上ではこの日が暑さの頂点となる。翌日からの暑さを「残暑」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。また、翌日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになる。

藤原敏行は「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」(古今和歌集)と詠んだ。

この日に至っても梅雨が明けない場合は「梅雨明け」の発表はされなくなる。それゆえに、東北地方(特に北東北)などでは「梅雨明けなし」となることがある。

※ 暦の上では「秋」でも、ここんところの暑さ、暑さの始まりのような気がしてならない。昔流に残暑お見舞いは、風流とはいえ、今日あたりは違和感を覚えるので、知ったかぶりで「残暑見舞い」はまだ出さない、相手もそういわれても困るのではないかな。

◇月遅れ七夕

本来は旧暦7月7日の行事であるが、明治の改暦以降は新暦の7月7日や月遅れの8月7日に行われる。
※今頃は、仙台の七夕かな、昔の仙台、あの素晴らしい七夕、青葉城、広瀬川、一番町、市電、・・・を思い出す。

○鼻の日

日本耳鼻咽喉科学会が1961年に制定。「は(8)な(7)」の語呂合せ。

各地で専門医の講演会や無料相談会等が行われる。
関聯記念日  •耳の日 <3月3日>  ・目の愛護デー <10月10日>

○花の日 「は(8)な(7)」の語呂合せ。

○バナナの日

日本バナナ輸入組合が制定。「バ(8)ナナ(7)」の語呂合せ。これから、バナナは高級品になるかも知れないそうだ。

○機械の日 日本機械学会が2006年に制定。

七夕の読みが「棚機[たなばた]」という織機で神に捧げる御衣を織ったことに因むことから。

○オクラの日 岩手県盛岡市の青果業・やおやささきが制定。

オクラの切り口が星形をしていることから、月遅れ七夕の日を記念日とした。

※昨日、健康のために「ねばねば」食物をたくさん食べるように、勧められた。

▽独立記念日 [コートジボワール]

1960年のこの日、西アフリカの国・コートジボワールがフランスから独立した。

▽ボヤカ戦勝記念日 [コロンビア]

1819年のこの日、ボヤカの戦いでシモン・ボリバルの独立革命軍がスペイン帝国軍に勝利した。この勝利によりコロンビアの独立が決定的となった。

◎今日の格言: 尺蠖(しゃっかく)の屈(かが)めるは伸びんがため

《「易経」繋辞下から》将来の成功のために一時の不遇に耐えることのたとえ。

※ 昨日の夏祭りから
  昨日、地域の夏祭りに参加した。私は、5時~ やきそば販売係が担当だった。しかし、3時半に出かけ、地域の皆さんと歓談した。生ビール他の食券を持っていたが、術後3週間は医者にアルコール制限されていたので、先輩にあげて、ジュースで乾杯した。

※4時に、カブトムシとスズムシ販売所に行くと、担当者一人で、お手伝いもいなく、ばたばたと準備をしていたので、率先して、焼きそば販売からムシ販売担当を申し出て、専念することにした。今まで、地域の子ども達がお手伝いをしていたが、みんな成長し中学や高校で部活で来れなくなったという。カブトムシ:♂150円 ♀100円 虫かご100円 全部セット300円 ゼリーの餌付き スズムシ:♂♀2ペア300円 そこで、小生が、呼び込み、販売、お釣りの返金、虫の飼い方、忙しく、何でも相談を始めたら、子ども達やじいちゃん、ばあちゃん、親たちまでどんどん集まって来て、よく売れた。自治会や管理組合の役員の皆さん、私と子ども達とのコミュニケーションに驚いていた。私は根っから、子ども達と触れ合うのが好きだ。子ども達は眼をきらきらさせて、虫に夢中になっている。そのうち、何人かの中学生、高校生が手伝ってくれた。こちらは、来年の弟子たち養成で。いろいろ手ほどきをした。馴染みの大人が、スズムシ1パックおまけをねだったが、お断りし、みな平等にした。お金も、きちんと平等にした。そうでないとトラブルになってしまうからだ。ビール片手のおじさんに、カブトムシにかけないように注意もした。ムシ販売をして、子ども達や家庭のいろいろなことがわかった。ムシにさわれない男の子、さわって取り上げて観察している女の子。お母さんがダメと言うので、飼えないと寂しそうに言う子、横で嫁のそういう態度に何も言えなさそうなおばあちゃん。今飼えない、そういう子には、先ずお年玉の貯金をして、自分の責任で飼うように伝え、来年は飼えるように頑張ってみようと励ました。小さい子には、親の許可を得たか確かめた。お金の貸し借りはダメだと伝えた。ムシは生き物、だから毎日新鮮な餌を与えるように話した。父親のいない子は、いつまでも離れずに語り掛けてきた。盆踊りの太鼓やスピーカが煩かったけど、真剣に向き合った。カブトムシの♂が♀にくっついているのは、結婚するんだねと言う子には、性教育までした。途中、巻きずしや果物の差し入れを食べながら、声をからして頑張った。なんやかんやで8時半までに、ほぼ完売した。おかげで、どんどん売れ、100円玉、500円玉、千円札が虫かごいっぱいになった。ひっきりなしに子どもが集まる、そういう姿を地域の人たちは見て、昔を思い出しては寄って来る。都会暮らしの大人たちにも虫の飼い方を教えたり、外国人にも教えた。中には、商売人・専門家と思って熱心に聴く人もいる、商売は実に楽しいものだ!こんなに儲かるなら、これからやってみたくなった。役員の皆さんは、私の「虫屋」さんぶりを観て、天職だね、的屋に向いているね、売り上げ凄いね・・・と、おだてられた。いよっ、来年も頼むよ。そういわれたら、今日からふうてんの寅さんのように思い立って、旅に出るしかないか。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line