天に星 地に花 人に愛

8月19日(金) 祝杯!

○バイクの日

総務庁交通対策本部が1989年に制定。「バ(8)イ(1)ク(9)」の語呂合せ。

バイクの安全を考え、バイクによる交通事故の増加を防止するための日。

○俳句の日

正岡子規研究家の坪内稔典らが提唱し、1991年に制定。「は(8)い(1)く(9)」の語呂合せ。

夏休み中の子供達に俳句に親しんでもらう日。

※ 毎週木曜日午後7時~ 「プレバト」が面白い。俳句が、特に面白い。凡人、才能無し、名人・・・俳人夏井いつき先生の辛口批評がとても面白い。

※義秀忌

小説家・中山義秀[なかやまぎしゅう]の1969年の忌日。

◎今日の格言: 天(てん)に口無し人を以(もっ)て言わしむ

天には口がないから何も言わないが、その意思は人の口を通じて告げられる。

※ 昨日の午後、順天堂大学浦安病院 泌尿器科の先生から、7月下旬の前立腺の検査入院の結果を知らされた。「14か所、生体組織を摘出した(うわぁ~ そんなにたくさん、道理で長くて、とても痛かった、あの時の痛みを思い出す)が、癌の心配、まったくありません。安心してください。PSA検査(採血、採尿)を来年の1月にやりましょう。薬もなにも必要ありません。」 「先生、ありがとうございます。あの~(控え目に)、ビールを飲んでもいいでしょうか。」 「大丈夫です。今日は、祝杯をあげてください。」 やはり、悪いとよいでは、天と地の差、予想はしていたけど、結果を聴いて気分がよくなった。病院は、午後でも満員、中には、看護婦さんから入院説明を受けている方々もおられた。病院に行くと、つくづく、健康の有難さがわかる。若い頃より病院に行く機会は何かと多くなった。早目のチェックや初期治療などをこまめにやって、健康管理と維持をやっていくことが何より大切だと思った。今のところ、大きな病気で通院するということは、ほとんどなくなった。

※ そこで、昨夕は、先生のアドバイス通り、我が家で久しぶりのビールの祝杯をあげた。この夏はじめて、実に、美味かった。夕食時に、かみさんにとっておきの銘酒「獺祭」、冷蔵庫に入れて置いたのはどうした?と、聴いたら、とっくに料理に使ってしまいました、という。あぁ、もったいないことをした。これからの秋の夜は、酒もうまかろう。

※ リオ・オリンピックの応援で睡眠不足気味。若い人達が全力で頑張って金メダル、そして日の丸があがり、選手たちの声や姿を観るたびに、感激し、涙が出そうになる。女子レスリングなど、日本の女は強くなったと思う。そばでかみさんが、感激して涙が出るとつぶやくと、そんなことで男は女々しい姿をみせてはならぬと、叱咤する。そうかなあ、誰だって、ああいう頑張っている姿を観れば、そうなるのが自然で正常な感情だと思うのだが、かみさんは、女が強くて当然と、我が家でもすこぶる強い。

※ 今日は、先輩たちとボーリングへ、ちっとも点数が上がらず、私が加わると休憩時間がとれていいと思う。まあ、楽しんで来よう。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)