■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









7/30(火) コンサートで感銘!

 7/29(月)午後7時開演 サントリーホールで、久しぶりに本物の音楽に触れた。先日、親しい友人が、チケットを、家内の分と併せ2枚送ってくれた。こういう演奏会に行く機会は、数年ぶりで、我が国でも一流のコンサートホールで本物の演奏を聴けたので、とても有り難かった。

 指揮者と演奏、曲目は、以下の通りだった。
 チョン・ミョンフン 芸術監督/指揮 アジア・フィルハーモニー管弦楽団2013 ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲 ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より 前奏曲と「愛の死」 ブラームス:交響曲第4番
 演奏のレベルも、とても高く、久々にいろいろなことを思い出したり、考えさせられた。

 1 若い時、学生時代にクラシックの名曲に魅せられた時のことを思い出し、名曲に引き込まれると、生きてい  ることの喜びと幸せを感じた。
 2 タンホイザーとブラームスの4番は、好きな楽曲だったので、今年、とっても感銘を受け、感動した一日と  なった。
 3 ワーグナーは、今年生誕200年で、バイロイトをはじめ全世界でいろいろと催されている。ワーグナー  は、強烈な印象で、もの凄いエネルギーを感じた。個人的には彼の音楽性は好きだが、世界的には評価が両極  端に分かれるようだ。ナチスが、彼の音楽を利用したためだ。
 4 ブラームスの4番は、彼が50代に作曲した最後の交響曲だ。自分の人生にも併せると、人生の晩年、秋を 感じさせられた。彼は、どういう思いで、この曲を作曲したのだろうか。これまでの1~3番と比べると、いろ いろと苦しい時もあったが、乗り越えてこられたこと、今、円熟の境地に達したことなどを思い出された。
 5 指揮者チョン・ミョンフンさんについて 非常に素晴らしい指揮者だ。小沢征爾さんに次ぐくらいの世界的 指揮者だ。彼も、きっと貧しい学生時代、音楽を志し、ここまできたのだろう。苦労をしてきたからこそ、音楽 を通じて人々への深い愛情がもてるのだろう。オーケストラの指揮者というのは、やはり、リーダーシップだと 思った。
 6 今回のオーケストラについて、指揮者を全面的に信頼して、各パートが率先して、かつ同時に美しいハーモ  ニーになって、響くところが凄かった。指揮者もオーケストラのメンバーも、アジアの優秀な人々が活躍して  いるのが嬉しかった。チラシに、特定非営利活動法人「友情の架け橋音楽国際親善協会」があった。とても、  素晴らしいことだ。
   私の穿った見方だが、かつて、ワーグナーとブラームスは、そりが会わず、一緒になることを避け、同席す  ることはなかったそうだ。このような天才達でさえ、表面的に妥協したり、調子を合わせることはなかった、  ということが面白い。このことも、よくご存知の指揮者チョン・ミョンフンさんは、敢えて「友情の架け橋」  挑戦して、曲目を選んだとしたら、大変興味深い。ご本人にお聞きしてみたい、と思う。
 7 第一バイオリン コンサートマスター 樫本 大進 さんの存在も、とても大きかった、と思う。

 演奏会後、満席の聴衆の拍手が鳴りやまなかった。私も、久しぶりに、上質の本物の音楽に酔った。また、いつ か、また、聴きに行きたいと思った。本物の芸術に出会うことは、生きる力と勇気を与え、生きる喜び、幸せだ と、思う。
 
  ご紹介をいただいたお友達、そして指揮者及び一生懸命演奏をしてくれた皆さんに、心から感謝します。
 本当に、有り難うございました!
[ 2013/07/30 07:09 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/118-45c8e6d1