8月27日(土) 戻って来ないで!

○『男はつらいよ』の日

1969年のこの日、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開された。

「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡した。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなった。
関聯サイト •松竹 http://www.shochiku.co.jp

※ 私は、寅さんが大好きである。今も、NHKBSで毎週火曜日、寅さんシリーズをやっている。全作品を何度も観たので、筋書きが頭に入っている。それでも、寅さんに出会うと懐かしい。柴又へ、寅さんに会いに行きたくなってくる。柴又へ行くと、今にも、寅さんに会えるような気がしてくる。車 寅次郎さんなのか、渥美清さんなのか、田所康雄さんなのか、やはり寅さんなのだろう。私にとっては、永遠のあこがれの寅さんなのである。

○ ブログ「今日は昨日の続き」から引用 日本にはじめて原子の火がともった日:8月27日は日本初の原子炉JRR-1が臨界に達した日なんですね。59年前の1957年の事でした。当時は、原子力といえば、未知の、未来を拓くような明るいイメージだった。知識人の中には、唯一の12年前の被爆国として、安全を不安視している人たちもいたが、どちらかといえば、マイノリティという立場だった。

実験炉で出力はわずか50キロワット、今は、日本原子力研究開発機構と名前が変わりましたが、日本原子力研究所でした。

そこに至るまでの動きは、原子力百科事典の原子力年表などに詳しいです。


戦後、日本は原子力研究を禁じられていましたが、1953年12月、国連総会でアイゼンハワー米大統領が演説で「アトムズ・フォア・ピース」を唱え、原子力の平和利用のために、米国がウランを貸し出すことを宣言しました。

これを受け、日本学術会議では研究推進の基礎調査の動きが起きましたが、米ソの冷戦下、軍事的な利用を懸念する観点から「米ソ対立が解けるまで手を出すべきでない」との反発もあり、紛糾をしたようです。

学術会議の紛糾をよそに、政界がいち早く動き、翌年の54年3月に原子炉製造のための修正予算案2億3500万円(ウラン資源調査費を含め2億5000万円)が当時改進党の衆院議員だった中曽根康弘元首相ら保守3党から提出され成立しました。

日本学術会議は、原子力に対する政府の方針を非難し、核兵器研究の拒否と原子力研究に関する「自主、民主、公開」の3原則遵守の声明をだしました。これは後の原子力基本法に反映されています。

翌55年11月に初の原子力担当国務大臣に正力松太郎が就任。

56年1月1日に原子力基本法、原子力委員会設置法、総理府(現内閣府)設置法の一部改正法(原子力3法)が制定・施行された。基本法では、わが国の原子力の研究、開発、利用を平和目的に限定し、民主、自主、公開の3原則を明示した。初代委員長に正力松太郎(国務大臣)が就任した。

そして、57年の原子炉の臨界に至ります。この1957年は軍事的にも科学的にも大きな出来事があったんですね。

8.22 ソ連、大陸間弾道弾(ICBM)の実験成功
10.4 ソ連、人工衛星スプートニク1号打上げに成功
10.27 米核弾頭用ミサイルの実験に成功
11.3 ソ連人工衛星スプートニク2号、犬を乗せて打上げに成功

 ※あれから半世紀を越えて、福島原発事故という未曽有の想定外という事故が発生して、原子力に対する安全神話は崩壊した。今、我が国はエネルギー政策の方向が問われる状況になった。私の田舎の福島の祖父母は、原発事故を体験せずにこの世を去った。祖父母が生きた時代と、今日のFUKUSHIMAとは状況が一変した。過去の福島を取り戻すには数世紀を要するようになってしまった。故郷の友や人々の暮らしを想う。

▽独立記念日 [モルドバ]

1991年のこの日、モルドバがソビエト連邦から独立した。

※益軒忌

儒学者・貝原益軒の1714(正徳4)年の忌日。

◎今日の格言: 君子(くんし)は危うきに近寄らず

君子はいつも身を慎んでおり、危険なことはおかさない。

※ 広島が巨人を10ゲームも引き離し、マジック点灯中。日ハムの天下は、たったの一日だけだった。今日は、どうか。ヤクルトの山田選手は30盗塁に王手、トリプルスリー2年連続も目前だ。

※ 昨日、東京都退職公務員連盟千葉支部での会議で、10年前の貴重な重要な資料を借用した。これをリメイクして、大勢の皆さんに役に立つように、今日からUPDATEの作業をしよう。これが出来れば、必ず、皆さんに喜んでもらえる!

※ 台風10号 南に向かっていたが、勢力を蓄えて向きを変えて小笠原方面に向かって逆進している。月曜日から火曜日にかけて、また1週間前の台風9号のように、こちらに向かってきそうだ。なんで、戻って来るんだよ、戻って来なくてもいいんだよ。今年の台風は日本に近いところで発生して、日本に攻めてくる、そりゃないだろう、9月はいったいどうなるんだ!

※ 今日は、かみさんと墨田区音楽祭へ、午後1時~ 錦糸町の墨田トリフォニーホールで 男性合唱団の合唱を聴いて来る。昨日友人に、行くよ、と言ったらとても喜んでくれた。 来春2月最後の日曜日 東京マラソンの日 両国国技館で「1万人 第九」の予約をした、升席で聴けるそうだ。

※ 一昨日、とても珍しいことが起こった。ボケ防止のつもりで、英語クロスワードに埋めて送ったら、なんと1万円のJTB旅行券が当たってしまったので、かみさんにプレゼントしたらニコニコ。やっぱり英語も、使わないと忘れてしまうので、機会あるごとに勉強しておくと、たまにはいいこともあると思った。でも、こういうことって、自分にはめったにあるものじゃない。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line