■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









10月7日(金) 初雁の季節

季節は、寒露。これから、霜降、立冬へと進む。七十二候の初候、鴻雁来(こうがんきたる)。雁(現在日本で主に見られる雁の仲間はマガン、ヒシクイ、コクガン。)が飛来し始める。今朝の気温も19℃、日中も25℃くらい、湿度も少なく、ぴたりとあてはまる。ただし、秋晴れは今日まで、今日のみで、明日からのお天気はまた、不安定になる。

「秋は、夕暮。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。」(枕草子)
 今年は、初雁を観たい。午後から夕方、なるべく、空を見上げよう。そうすると、V字型、一列の雁行のシルエットになって、飛ぶ姿が見られるかも知れない。今日は、澄んだ秋空になる。9月にとんと観れなかった、名月も楽しみたい。

※そういえば、子ども時代に、常磐線特急ディーゼルカー「はつかり」が、快走している姿を初めてみた時の感動は忘れられない。311で置き去りにされ、今も、常磐線は全面復旧には至っていない。数年後には、必ず、新しい特急が走るだろう。

○盗難防止の日

日本損害保険協会が2003(平成15)年に制定。

「とう(10)なん(7)」の語呂合せ。

車上狙い、自転車盗難、住宅侵入盗難などの防止啓発が行われる。
関聯サイト •日本損害保険協会 http://www.sonpo.or.jp

○ミステリー記念日

1849年のこの日、ミステリー小説(推理小説)の先駆者・エドガー・アラン・ポーが亡くなった。

1845年に発表された『モルグ街の殺人』が、世界初の推理小説と言われている。

○バーコードの日

1952年のこの日、アメリカでバーコードの特許が認められた。

※長崎くんち(ながさきくんち)、長崎おくんちは、長崎県長崎市の諏訪神社の祭礼である。10月7日から9日までの3日間催される。国の重要無形民俗文化財に指定されている(昭和54年指定、指定名称は「長崎くんちの奉納踊」)。

「龍踊(じゃおどり)」「鯨の潮吹き」「太鼓山(コッコデショ)」「阿蘭陀万才(おらんだまんざい)」「御朱印船(ごしゅいんせん)」など、ポルトガルやオランダ、中国など南蛮、紅毛文化の風合いを色濃く残した、独特でダイナミックな演し物(奉納踊)を特色としており、特に傘鉾、曳物(山車・壇尻)、太鼓山など、京都や堺の影響が窺える。

地元では一般的に「くんち」と呼ばれるが、お諏訪様(諏訪神社)への敬意を表し「おくんち」という人もいる。「くんち」には「宮日」「供日」という字があてられることがあるが、その名称は旧暦の重陽の節句にあたる9月9日(くにち、九州北部地方の方言で「くんち」)に行ったことに由来するという説が有力である。

博多おくんち(福岡県福岡市櫛田神社)、唐津くんち(佐賀県唐津市唐津神社)と並んで日本三大くんちと呼ばれる。

◎今日の格言: 冬(ふゆ)来(きた)りなば春(はる)遠(とお)からじ

《英国の詩人、シェリーの詩「西風の賦」の一節から》つらい時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来るというたとえ。長い冬を耐えて春を待つ気持ちの表現としても用いられる。

If winter comes, can spring be far behind?(冬来たりなば春遠からじ)
「冬来たりなば春遠からじだ、もう少しの踏ん張れば必ず成功するだろう」

1年1年、現役時代、辛かった時、苦しかった時、朝の来ない夜はない、寒さ厳しい冬が自分を育ててくれた、という気持ちで頑張ってきたような気がする。そして、今、平凡な生活の中にも、四季のある日本の素晴らしさを感じている。

※ 昨日、群馬県伊勢崎市の皆さん25名をご要望通り1時間ぴったりで、日赤本社をボランティアガイドした。終わると、大きな拍手を頂いた。あっという間の時間、急ぎ足でご案内したので、まだまだ自己採点は75点くらいかなと思う。次は、11月、しっかりやろう。

※ 久しぶりに中央区佃、月島へ寄り、お世話になった方々にご挨拶ができた。なかなか行く機会がなく、お会いできて、よかった。

※ デジブックをUPします。フルスクリーン,BGMでお楽しみください。


[ 2016/10/07 05:52 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1228-4732483a