10月31日(月) NHK「落語新人大賞」決定!

□ハロウィン

キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。

古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされている。ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いた。

これに因み、31日の夜、南瓜をくり貫いて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。

Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - ハロウィン
※現代でハロウィンが大々的に行われているのは主に英語圏であり、例えばアイルランド、イギリス、およびイギリスが進出・侵略して植民地化するなどして「イギリス帝国」の一部に組み込みイギリス流の文化を広めた場所(アメリカ、カナダ、ニュージーランド、そしてオーストラリアなど)に広まっている。これは、キリスト教とは関係ないとして無視しているところもある。
※日本では1990年代に、ディズニ―ランドが火をつけ、お菓子屋さんが商業ベースに、仮装、コスプレファッションで川崎や渋谷などで若者が仮装パレードしている。

○世界勤倹デー

1924年、イタリアのミラノで開催されていた国際貯蓄会議の最終日に、この日を「世界勤倹デー」とすることが決定された。
関聯記念日 •貯蓄の日 <10月17日>

○ガス記念日

日本ガス協会が1972(昭和47)年に制定。

1872(明治5)年9月29日(新暦10月31日)、横浜の馬車道でガス灯が点灯された。国内か海外のどこかで見たような気がするが、思い出せない。
関聯サイト •日本ガス協会 http://www.gas.or.jp

○日本茶の日

1192(建久2)年のこの日、臨済宗の開祖・栄西が宋から帰国し、茶の種子と製法を持ち帰った。
関聯記念日 •抹茶の日 <2月6日>•緑茶の日 <5月2日>•麦茶の日 <6月1日>•無糖茶飲料の日 <6月10日>•紅茶の日 <11月1日>•玄米茶の日 <11月1日>

○出雲ぜんざいの日

出雲ぜんざい学会が2007年に制定。こういう学会があるのを、初めて知った。調べると、「ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。

出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、このとき出雲では「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。

そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」です。その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。」

※では、ぜんざいとお汁粉の違いは?「ぜんざい」と「おしるこ」の呼び方は、関東・関西で異なります。
まず、関東では、汁気がないあんこが掛かったものを「ぜんざい」、汁気があるあんこのものを「おしるこ」と呼んでいます。
この際、「おしるこ」のあんがつぶあんかこしあんかは関係ありませんが、つぶあんのものを「田舎しるこ」、こしあんのものを「御膳しるこ」と呼ぶいい方もあります。
一方、関西では、どちらも汁気のあるものを指し、つぶあんのものを「ぜんざい」、こしあんのものを「しるこ」と呼んでいます。
せすので、関東の「田舎しるこ」=関西の「ぜんざい」、関東の「御膳しるこ」=関西の「しるこ」とも言えます。
ちなみに、関東で「ぜんざい」とよばれている汁気のないものは、関西では「亀山」とよばれているようです。

寒くなってきた、今日は、あったか~い「ぜんざい」を味わい、あったか~いんだからを歌ってみませんか?

1031を千三十一とみなして、「ぜん(千)ざ(3)い(1)」の語呂合せ。
関聯サイト •出雲ぜんざい学会 http://www.1031-zenzai.com

▽シアヌーク前国王誕生日 [カンボジア]

2004年に退位したシアヌーク前国王の1922年の誕生日。

□宗教改革記念日

一部のキリスト教プロテスタント系教会で祝われる記念日。

1517年のこの日、ドイツのマルチン・ルターがカトリック教会に対する95箇条の提題をウィッテンベルクの教会の扉に掲げ、キリスト教会の改革に立ち上がった。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 宗教改革記念日

*(旧)天長節祝日

1914(大正3)年から1926(大正15)年までの祝日。大正天皇の誕生日は8月31日であるが、残暑酷しい時期に祝賀行事を行うのは難しいとして、2回目からは2か月後の10月にずらして行われた。Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 天皇誕生日 関聯記念日 •天長節(明治5年まで) <9月22日> •天長節(明治)・明治節(戦前) <11月3日> •天長節(大正元年・大正2年) <8月31日> •天長節(戦前)・天皇誕生日(戦後) <4月29日>•天皇誕生日(平成) <12月23日>

※ 三笠宮殿下が100歳で天寿を全うされた。皇室には、敬愛し尊敬すべき、ご立派な方だった!

◎今日の格言: 学問(がくもん)に王道なし

《ユークリッドがプトレマイオス王に答えた言葉》学問をするのに安易な方法はない。だれが学んでも等しく経なければならない過程があるということ。幾何学に王道なし。

※ 今日で10月が終わる、この10月を振り返る。2日:世田谷区へ 邪宗門で40年前からお世話になった作道さんご夫妻とお会いした。夕方、なつかしい世田谷区民会館 エトワール・ドール バレエ発表会へ 美しいバレエを観させて頂いた。
6日(木)日赤本社ボランティア 群馬県伊勢崎市 12日(水)都退公連千葉支部 研修会で野田市へ。13日(木)パソコン教室 14日(金)幕張メッセ 農業ワールド展へ。ドローン・AI・IoT、ロボットと農業、第六次産業展、国際フラワー展など 15日(土)防災訓練 17日(月)日赤東京都支部青少年赤十字活性化委員会 18日(火)東京芸術大学 奏楽堂 プロムナードコンサート 「ルスランとリュドミラ序曲」「シェラザード」 藝大美術館 19日(水)習志野市谷津バラ園  20日(木)東京都退職公務員連盟全国大会 安田講堂へ 三四郎池散策 21日(金)ボウリング 最低点数だった。23日(日)行徳まつり 24日(月)渋谷 NHK「落語新人大賞」へ。大賞の栄冠は、桂雀太「代書」に。桂枝雀を彷彿。大衆酒場「恵」に35年ぶりに立ち寄る。マスター80歳、変化の激しい渋谷に現存していたのが嬉しく、なつかしかった!25日(火)順天堂大学浦安病院C型肝炎完治三年目定期検診 超音波検査、主治医「極めて良好、次回4月4日に。」 26日(水)かみさんと溜池山王 サントリーホールへ スパークリングワインとシャンパンでギター超絶技巧演奏会(村治 佳織さんの実弟村治奏一さんの演奏会。)
28日(金)中央区 開智日本橋学園中学校訪問・ 九段 靖国神社「菊花展」・ 湯島 都退公連研修会 ・赤坂「パンコントマテ」 30年ぶりに、北沢中の最期の担任だった教え子と会う。昔と変わらず?いや、私は頭が大分禿ちまった。もう、71歳だもの!
火・水曜日の午前は地域の環境ボランティアで汗を流した。3か月歯科検診もOK。10月は、ペナント優勝 ファーストステージ・ファイナルシリーズ、日本シリーズとプロ野球漬けになった。今年はとてもよかった、奇跡の逆転 日本ハムファイターズが、まさの日本一になったのだから!! 到着原稿も着々と、ワープロで整理した。よく学び、よく遊び、仕事もやり、健康で、充実した1か月だったことに感謝したい。今年は春先から、古きよき時代の人々とよくお会いできた1年、とてもよかったと思う。来月も、菊の花やツワブキの花を楽しみに、元気いっぱい動こう!この秋まで出来なかったこと、とんぼや蝶にあまり出会えなかったこと、何かと用事があってかみさんと温泉や紅葉を観に行けなかったこと、・・・、そのうちにいつか!

※ 宇宙飛行士 大西卓也さん、無事帰還、カザフスタンでパラシュート落下の衝撃は相当だったのでは?さぞ、地球の空気は美味かったのだろう!それを、今、私たちは毎日吸っている、当たり前のように。

※ 昨晩 NHKスペシャル 「中国の農民工」の実態を観た。可哀想でならない。戦後間もなくの日本の東北の農村も、貧しさから出発した。民主主義の国だったから、よかったのだろう。どこの国に生まれるかは、偶然のたまたま運の良さとしか思えない。中国の人々、われわれと何ら変わらない。格差は物凄く、あれでは中国共産党の最貧の生き地獄の奴隷でしかない。こういう国々が、21世紀の今、まだまだたくさんある。きっと、将来、なにかが起こるだろう。大都市の一部の特権階級のみの豊かさだけの経済大国中国は巨大な13億人のほんのごくわずかの一部だということを忘れてはならない。爆買い、日本への旅行者は、ほんの一部の小金持ちだ。こんな格差の天地の差の国に、日本はしてはならない。

※ 今日の午後は、西船橋で4人合流 船橋の先輩宅へ。2時から、原稿編集についての仕事、パソコンの「ネット印刷」について教える。

※ 明日から11月 1日(火)歯科医院 4日(金)東新宿 日赤東京都支部理事会 5日(土)地域の花クラブ懇親会 年賀状購入
  そして海の向こうの大統領選が近づく 菊薫る秋、そろそろ見頃になってくるだろう。インフルエンザの予防注射もしなくちゃ・・・
10月、季節の花とともに歩んだこの1か月の思い出を、デジブックでUPします。


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line