■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









11月9日(水) 新アメリカ大統領は、誰?!

○119番の日

消防庁が1987(昭和62)年に制定。電話番号119に因んで。

この日から1週間は「秋の全国火災予防運動」が行われる。
関聯サイト •消防庁 http://www.fdma.go.jp
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 119番の日
関聯記念日 •110番の日 <1月10日>
•119番の日 <11月9日>
•家庭消火器点検の日 <1月19日>

○換気の日

日本電機工業会が1987(昭和62)年に制定。

「いい(11)くう(9)き」の語呂合せ。最近の住宅はアルミサッシの普及等で気密性が高く十分な換気が行われないので、室内の換気を見直してもらうことが目的である。
関聯サイト •日本電機工業会 http://www.jema-net.or.jp
•11月9日は「換気の日」 http://www.day.or.jp/kanki.htm

○太陽暦採用記念日

1872(明治5)年のこの日、明治政府が、それまでの太陽太陰暦(旧暦)をやめて太陽暦(新暦)を採用するという詔書を布告し、明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日とすることになった。関聯記念日 •カレンダーの日 <12月3日>

○ベルリンの壁崩壊の日

1989(平成元)年、ドイツ・西ベルリンを囲んでいた「ベルリンの壁」が取り壊された。東西ドイツの統一や東欧の国々の民主化、冷戦の終結のきっかけとなった。

また、1938年のこの日にはナチスによるユダヤ人襲撃事件「水晶の夜」があり、1918年には帝政が廃止された。

※ この日、アメリカに滞在していた。アメリカは移民の国、当時、ソ連から分離独立しようとする東ヨーロッパの人々の民主化の流れを肌で感じていた。ベルリンの壁崩壊は、それに押された象徴だった。それまで、不可能だと思ったことが、遂に実現し、現実になった。どんな国も人間がつくっている、だから不条理なことが永遠に変わらないということはない。ヨーロッパで起きたことは、いつか必ず東アジアでも、中東でも、どんな国でも起きる。常に大きな希望をもち、それを諦めてはならない、それを現実にしたのがベルリンの壁崩壊だ。

▽独立記念日 [カンボジア]

1953年のこの日、カンボジアがフランスから独立した。

◎今日の格言: 滴(したた)り積もりて淵(ふち)となる

わずかなものでも多く集まれば大きなものとなるたとえ。塵(ちり)も積もれば山となる。

※ 今日の午後、アメリカ大統領が決まる。アメリカの人々は、今までの選挙戦にうんざりしながら、また心配しながら、開票結果を待っているだろう。午後からのニュースの開票結果に、世界中が大きな関心をもっている。

※ 昨日、順天堂大学浦安病院耳鼻咽喉科の検査、麻酔をかけてグラスファイバーカメラで、喉を検査した。前となんら異常がないが、小さな突起があるという。心配なさそうだが、お医者さんは継続して観察したいというので、次回は5月検査、放免してもらえなかった、残念!自分では、何の自覚も何の問題もないと思っているのに、またあのカメラとずっと付き合わねばならない。齢を取って来ると、なぜかこういうお付き合いがあるってことかと、自覚した。もっと、辛い目にあわないために仕方のないことか。これで、今年は7月に前立腺検査入院で痛い目に遭って以来、2度目だった。いや、3度目かな。

※ 病院の帰りに、浦安市役所で開催中の菊花展を観に寄った。丁度、菊が見頃で満開だった。知人の会長さんが、見事、市長賞だった。近所の、十月桜も寒風の中、きれいに咲いていた。今回、2回目のデジブックを作成し、会長さんへ送信した。

※ 夕方、原稿が5通届いた。いよいよ、どかどかと文書が届き始めた。ひとつひとつ、Wordに打ち込みまとめた。今日もまた届くだろう、やるべき作業を着々と進めよう。一度にためるとうんざりだが、今日の格言のように、少しずつやれば大きなことを、気楽に達成できる。いろいろと動いた効果が徐々に出始めている。

※ 今日は寒い、木枯らしが吹くだろう、午前中は地域の皆さんとともに環境ボランティアで体を動かし、汗をかこう。

浦安市長賞
DSCF4682_NEW.jpg
浦安市議会議長賞
DSCF4688_NEW.jpg
浦安市教育長賞
DSCF4690_NEW.jpg

DSCF4711_NEW.jpg
十月桜
DSCF4679_NEW 十月桜118
[ 2016/11/09 05:51 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1261-bcded29b