11月24日(木) 56年ぶりの雪、そして、今、再び、緊急地震速報

○進化の日(Evolution Day)

1859年のこの日、ダーウィンの『種の起源』の初版が刊行された。

○オペラ記念日

1894(明治27)年のこの日、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)奏楽堂で、明治以降日本で初めてのオペラが上演された。

演目はグノー作曲の『ファウスト』第1幕で、オーストリア大使館職員が出演し、ドイツ海軍軍楽隊長で『君が代』を編曲したフランツ・エッケルトが指揮をした。

○鰹節の日

食品メーカー・ヤマキが制定。

「い(1)い(1)ふ(2)し(4)」の語呂合せ。

〇東京天文台設置記念日

1921(大正10)年、東京都麻布区板倉(現在の港区麻布台)に東京天文台が設置されました。
1878(明治11)年に東京帝国大学構内に作られた理学部観象台を母体とし、旧内務省・海軍省の天文関係業務を統合して設立されました。
1924(大正13)年に、都会の明るさのために観測が困難になったことから、郊外の三鷹市に移転しました。
1988(昭和63)年に、東京大学附属東京天文台から文部省(現在の文部科学省)附属の天文台に移管されました。

※東京天文台でも、天体観測が公開されているみたいなので、いつか行ってみようか。大きな望遠鏡で、星空を観てみたいものだ。

◎今日の格言: 二兎(にと)を追(お)う者(もの)は一兎(いっと)をも得(え)ず

同時に違った二つの事をしようとすれば、結局どちらも成功しないというたとえ。西洋のことわざ。

※ 昨日、勤労感謝の日の午前、地域の仲間と共に「勤労」ボランティア、「日頃、現役のように勤労してないので、働かなくちゃ。」と、体を動かした。あったかいコーヒーや甘い柿の差し入れ、美味しかった。

※午後、市川市文化会館で、男性合唱フェスティバル「京葉男性合唱連合」を、かみさんと聴きに行った。「すみだ合唱団」のテナーが、私の友人で、招待してくれた。佐倉、浦安、すみだ、八千代、HGメンネルコール、市川の男性合唱団の、とてもレベルの高い、素晴らしい合唱に感動した。特に、市川市の合唱団の指揮者は、市内の中学校の音楽科の先生で、幾度もNコンで金賞に輝ている超素晴らしい先生なので、やはりすごいと思った。市川市の合唱する機会があれば、また聴きに行きたいものだ。自分たちと同じ世代の男性、おやじたちが深い愛情のこもった、やさしさのある歌のひびきにジーン、涙がこぼれそうになった。「おやじ」たちのすばらしさの一面を見て、おやじたちだって素晴らしいんだぞって、誇りに思えた。ただ、自分は歌はへたなので、皆さんの素晴らしい合唱を感動して聴くだけだ。今年は、今までで最も合唱を聴く年になった。来春は、両国国技館で、一万人「第九」を聴くのがとても楽しみだ。

※ 退公連の原稿、つかまらないところがやっと届いた。本当に、苦労したが、大きく前進した。あと、残り、2つ、少し頑張ろう。

※今日は、東京も初雪となりそうだ。東京で11月に雪が降るのは、54年ぶりの昭和36年以来だ。気温も3~4℃、寒い一日となる。交通機関に影響も出そうだ。

※今日は午後1時~ 日赤本社ボランティアガイド 今日はわがふるさと福島県南相馬市~鹿島区・原町区・小高区~の皆さん30人をご案内する。知っている方々に出会えるかも知れない。さて、雪の影響はどうか、一昨日の地震の影響は大丈夫か、大分余震が続いたようで、不安な気持ちで今朝バスで上京されると思う。午後3時から、日赤本社で研修、そして、夜は懇親会、楽しくやって来よう。明日も、予定があるので、深酔いしないように体調管理は、やっておこう。

※今朝、6時24分 M6.1 震度4の地震警報 福島県沖、また、心配だ。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line