1月2日(月) 初日の出が観れた幸せな正月

◇初夢

昔から初夢で1年の吉凶を占う風習がある。

初夢の夜は大晦日、元日、正月2日、節分等があるが、一般には正月2日の夜の夢が初夢とされている。

室町時代から、良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵に「永き世の遠[とお]の眠[ねぶ]りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」という回文(逆さに呼んでも同じ文)の歌を書いたもの枕の下に入れて眠ると良いとされている。これでも悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをする。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 初夢

◇初売り,初商

商店等は2日に店を開けて初売りを始める。

最近では元日から店を開ける所も多くなって来た。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 初売

◇初荷

新年の商い始めの荷物。現在では仕事始めの4日ごろに荷物を送ることが多くなっている。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 初荷

◇仕事始め(農初め,舟の乗り初め,初舟,初山入り,山初め,縫い初め)
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 仕事始め

◇書き初め

年が明けて初めて書や絵をかく行事。

書き初めで書いたものを左義長で燃やし、その炎が高く上がると字が上達すると言われている。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 書き初め
関聯記念日 •左義長 <1月14日>

◇姫始め

由来は諸説あり、お正月の強飯[こわいい](蒸した固いご飯)から、初めて姫飯[ひめいい](柔らかいご飯)を食べる日、飛馬[ひめ]初め=乗馬初めの日、女伎[ひめ]初め=衣服を縫い始める日、秘め初め=初めて秘め事をする日、姫糊初め=女性が洗濯を始める日、等がある。でも普通この言葉を使う時は……(以下略)
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 姫始め

◇皇室一般参賀

天皇陛下ほか皇族の方々が、皇居宮殿のバルコニーで国民の参賀に応える。

1925(大正14)年に中止されていたが、1948(昭和23)年に再開された。
関聯サイト •宮内庁 http://www.kunaicho.go.jp

○月ロケットの日

1959(昭和34)年のこの日、ソ連が世界初の月ロケット・ルーニク(ルナ)1号の打ち上げに成功した。

月から6500kmの所を通過して月面を観測した後、太陽の周囲を回る軌道に入り初の人工惑星になった。

その年2月に打ち上げられた2号は月に命中し、3号は月の裏側の撮影に成功、1966(昭和41)年1月のルナ9号は初めて月面軟着陸に成功した。

◇箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

学生長距離界最大の駅伝競走で、東京・大手町から箱根・芦ノ湖までの往路5区間、復路5区間の合計10区間・214.7kmで争われる。

関東学生陸上競技連盟(関東陸連)に加盟している関東の大学のうち、昨年の大会で9位までに入った大学と、予選会で勝ちあがった6校の計15校が出場する。

1920(大正9)年に第1回大会が開催され、1956(昭和31)年からは、1月2日に往路、3日に復路を走るようになった。

◎今日の格言: 李下(りか)に冠(かんむり)を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるということのたとえ。→瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず →瓜田李下(かでんりか)


※ 昨日は、風もなく穏やかな元日。絶好の初日の出を観る機会、かみさんと歩いて15分程の東京湾三番瀬へ、久しぶりに初日の出を見た。6時50分過ぎから雲間が明るみだし、見事な初日の出の美しさに感動した。太陽って、凄いエネルギーがあるんだね。我々、人間はたったの100年くらいの今をいかされているんだね。壮大な宇宙の太陽系の地球という星の上、地球が誕生して何十億年、その上に。ほんと人間の小ささを実感し、謙虚に、また感謝の念に頭を垂れさせられた。

※ 午前、TV録画 瀧川鯉昇師匠の落語「芝浜」を鑑賞した。伝統話芸の落語、先月、芝増上寺へ行って、よく歩いたので、江戸時代にタイムスリップし、味のある人情話に涙した。一流の噺家でいろいろな「芝浜」あり、話を聴いていると、映画を観ているように情景が浮かび、噺に引き込まれる。「芝浜」は好きな演目だが、立川談志とも違って、久しぶりにいい落語を聴いた。今日も、落語名人会の「初天神」の滑稽話が楽しみ!今年も、落語にはまる1年になりそうだ。

※ 今年から年賀状は元日配達で今日はお休み。昼前に、年賀状を受け取り、出すべき年賀状を作成した。今年は、購入枚数がほぼトントン、そして、年賀状印刷の失敗が皆無だった。急に物事に慎重さが出たわけではない。ただ、注意してやれば、できるという事が、よく分かったということだ。

※ 暮れに「第7回足立フレンドリーマラソン」を友人に2枚、編集してプレゼントした。夕べ、そのことで電話を頂戴した。そのうちの1枚を事務局長に差し上げたという話で、事務局長は「これは素晴らしい、いったいどこの誰が撮影し、制作したか。」ということで、あちこち探して電話をしたそうだが、誰かがわからなかったという、タイトルと日付で、名前を書いてない・・・。でも、いい話で、評価してもらえて嬉しかった。友人は、やっと今、年賀状の準備だそうで、いろいろな画像を送ってあげている。道楽の写真も、なんらかのお役に立てて、とても嬉しい。DVDをもっとほしいようなので、6枚をダビングしたので、4日に、また送ってあげよう。


IMG_8287_NEW.jpg

IMG_8268_NEW.jpg
偶然、出会ったわんちゃんが実に、可笑しかった!
防波堤のコンクリートの上にぺたりと座っている。さわると、氷のようにつめた~いのに、わんちゃんのお尻は大丈夫だろうか?
IMG_8270_NEW.jpg

IMG_8292_NEW.jpg

IMG_8309_NEW.jpg

IMG_8301_NEW.jpg
 かみさんが、富士山も見えるよ、と教えてくれた。ラッキーな気分!
IMG_8303_NEW.jpg
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line