■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









1月7日(土) 初サクラ 河津桜が一輪!

〇七種[ななくさ],七種粥

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。

七種は、前日の夜、俎[まないた]に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。

「春の七種」とは以下の7種類である。

芹[せり] 芹[せり] セリ科
薺[なずな] なずな(別名・ぺんぺん草) アブラナ科
御形[ごぎょう] 母子草[ははこぐさ] キク科
繁縷[はこべら] 繁縷[はこべ] ナデシコ科
仏の座[ほとけのざ] 田平子[たびらこ](シソ科のホトケノザとは別のもの) キク科
菘[すずな] 蕪[かぶ] アブラナ科
蘿蔔[すずしろ] 大根[だいこん] アブラナ科

※七十二節気 七十二候<芹乃栄(せりすなわちさかう)>。春の七草はなぜ「セリ」からはじまるの?
〈参考〉『春の七草』有岡利幸(法政大学出版局)より
<芹乃栄(せりすなわちさかう)>、セリが盛んに生える時季です。セリといえば、正月7日にいただく七草粥でおなじみですね。「セリ、ナズナ。ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ。スズナ、スズシロ」春の七草。けれど七五調で覚えるなら、「ホトケノザ。ゴギョウ、ハコベラ、セリ、ナズナ」と並べたほうが(「仏」効果で?)なんとなくありがたい気がしませんか……などとふと思い、由来を調べてみることに。すると!なんとセリは歴史的にも別格、春の七草の筆頭に挙げられるべき菜っ葉だったのです。知られざるセリの「いい仕事」とは!?

セリを摘んでいたら聖徳太子に見初められお妃に!

現在日本で栽培されている野菜は数多くありますが、日本原産の野菜はほんの10種類くらいなのだとか。なかでもセリは、『古事記』『日本書紀』の時代から文献に登場し人と深く結びついてきた、日本最古の野菜でした。
聖徳太子(厩戸王)には、4人の奥さん(妃)がいたといいます。なかでも寵愛されたのが、膳大郎女(かしわでのおおいらつめ)。8人の子をなし、晩年はずっと太子の側にいたそうです。病に臥す太子の看護をして同じ病にかかり、太子の前日に亡くなって同じお墓に入ったと伝えられています。じつはこのお妃さまは「芹摘姫」と呼ばれていて、なんと庶民出身。そのシンデレラ・ストーリーとは……。
若き聖徳太子が推古天皇の宮に参上するとき、その装いの麗しさに道行く人々は野に伏して拝んでいました。ところが、ひとりだけ脇目もふらずセリ摘みをしている身分の低い女がいるではありませんか! 太子は怪しんで、役人に尋ねさせます。すると「母のためにセリを摘んでいるので、いま手を休めるわけにいかない」との答え。その孝行ぶりに感動した太子が、妃として邸に連れ帰った、というのです。お母さんのためのセリとは、どのような効能を求めて摘まれていたのでしょうか?
山形県白鷹町にはこんな民話があります。孝行息子が「親を若返らせてください」と祈ると、夢枕に神さまが立って「七日正月の日、七草を食べて何千年も生きてきた白鳳という鳥がいる。鳥にみつからないように六日に七草を摘み、親には歯がないから叩いて柔らかくしてセリを混ぜ、七草粥にして食べさせよ。鳥が帰る酉の刻までにみなで食べよ」とのお告げが。息子が言われたとおりにすると、毎年10歳ずつ(!)若くなり、末永く親子仲良く暮らしたそうな……これが七草粥のはじまりである、と伝えられているそうです。
日本では昔から正月七日に七草を粥にして味わい、一歳(いちねん)の邪気を祓うとされてきました。凍てついた大地から芽生える青々とした草。春先に若菜を食することは、春が巡るように若返りのエネルギーを体内に取り入れることと考えられたのです。とはいえ、現在のような七草になったのは室町時代以降のこと。セリだけが、古代から特別な若菜として歴史書に記され、万葉集にも詠われているのです。清らかな白い根で『根白草』とも呼ばれ、神事の食材にも用いられてきたセリ。ビタミンCやβ-カロテンが豊富で強い抗酸化作用をもち、鉄分で血を増やし、肝機能も高めるといわれています。そんなセリのアンチエイジング・パワーは、古くから注目されていたのですね。

恋い慕う人にはセリの葉っぱをプレゼント!

万葉集には、位の高い人がセリを摘んでいることを示す歌が収められています。役人の男性が歌とともに自ら摘んだセリを贈り、女性が歌でお返しします。
「あかねさす 昼は田賜(た)びて ぬばたまの 夜の暇(いとま)に 摘める芹これ」
(明るい昼は班田の業務に追われ、真っ暗な夜になってやっと得られたわずかな暇に摘んだセリですよ、これは)
「ますらをと 思へるものを 太刀佩(は)きて かにはの田居に 芹ぞ摘みける」
(頼もしい男と思っていましたのに、太刀を付けたまま、かには(地名)の泥田の中を蟹が這うような姿で、セリなんぞを摘んでくださったのね)
さりげなく入手の苦労を語り価値をわからせたい男性側と、自分のために汚れ仕事も厭わない男を憎からず思う女性側との、恋の駆け引き。セリには「競り勝つ」という意味の由来もあり、ここぞという勝負プレゼントにも用いられたのでしょうか。
『源氏物語』の宇治十帖には、人からセリを贈られても、亡くなった父が恋しくて春を喜ぶことができないでいる姫君姉妹の場面が描かれています。セリは「春到来のしるし」として定着していたようです。平安時代にはセリの栽培がはじまり、『延喜式』にはセリの漬け物の記述も。当時の人々が新鮮さをたのしんで食べ、季節の風物を人に贈ることでともに楽しもうとしていたことがうかがえます。そんな日本人の美意識は、今も変わりませんね。

セリを食べると体内の春が目覚めるらしい!

身分によって食べる物が違うという時代に、セリだけはなぜか高貴な人も野に出てしゃがんで摘み、シャリシャリと食べていたようです。異性がセリを摘んだり食べたりする姿を垣間見て一目惚れし、恋い焦がれて死んでしまうような事態も……当時の人にとってセリは、身分を超えて萌える草であり、いろんな意味で春を目覚めさせる食べ物だったのかもしれません。
野性のセリが盛んに生えるのはもう少し先ですが、現代でもわりと身近で見つけられます。ただし、毒ゼリもあるのでご注意を。食べられるセリを見慣れていない方はとくに、詳しい人と一緒におでかけください(リンク先『毒ゼリの見分け方』もどうぞ)。

◇人日[じんじつ],七日正月

五節句のひとつ。

古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。

また、7種類の野菜を入れた羹[あつもの]を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 人日

○爪切りの日

新年になって初めて爪を切る日。

七種を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

○千円札の日

1950年のこの日、1946年の新円切替後初の千円紙幣が発行された。肖像画は聖徳太子であった。

初の千円札は1945年8月に流通開始した日本武尊の肖像のものであったが新円切替により1946年に失効していた。聖徳太子の千円札は、1965年に伊藤博文の千円札が発行されるまで15年に渡り使用された。

▽虐殺政権からの解放の日 [カンボジア]

1979年のこの日、ベトナム軍の支援によりカンボジア救国民族統一戦線がカンボジアの首都プノンペンに侵攻し、ポル・ポト政権が崩潰した。1975年4月からの約4年の間に数十万から数百万のカンボジア人が粛清された。

※夕霧忌

大坂・新町の扇屋の遊女・夕霧の1678(延宝6)年の忌日。

名妓として知られ、大坂中がその死を悼んだという。死後、夕霧と愛人・藤屋伊左衛門を主人公とする浄瑠璃・歌舞伎などが多く作られ「夕霧伊左衛門」または「夕霧」と総称された。

〇今年は、一度、国立劇場で近松門左衛門の文楽を観に行きたいと、思う。もう40年近く観ていない。

◎今日の格言: 良薬(りょうやく)は口に苦(にが)し

《「孔子家語」六本から》よく効く薬は苦くて飲みにくい。よい忠告の言葉は聞くのがつらいが、身のためになるというたとえ。


※ 今日で正月の松があける・・・かみさん、玄関の門松、リース、鏡餅など、御篝を片付けている。さあ、今年も1年のはじめの1週間が過ぎた。

※ 元気だと思っている人たちが高熱が出た、体調崩したと聞いてびっくり。今、インフルエンザ(鳥も)、ノロウィルスが流行っている。皆さん、はやく元気になってね。健康な人も、予防などをしっかりやって、この冬を元気に乗り切りましょう。私は、少しでも原料をしたい。年齢に合わせた健康管理に努めたい。一昨日から、はじめたことは、一日いっぱい牛乳(脂肪の少ない)を飲み始めたこと、胃腸の調子も意外にいいですよ。

※ 今日は、高校サッカーとラグビーの熱戦を観戦しよう。

※ 春の足音
河津桜が一輪、咲いた。たくさんの蕾が、大寒を越え、来月下旬に開花し、三月上旬が満開に
DSCF5130_NEW.jpg
菜の花もちらほらと
DSCF5139.jpg
日本水仙 可憐で清楚 香しい!
DSCF5121_NEW.jpg

DSCF5124_NEW.jpg
寒風に、まだ葉を落とさずに頑張っている樹もある
DSCF5131_NEW.jpg
春の月 1月の午後、こういうお月様を朧月というのでしょうか
DSCF5138_NEW.jpg
MY GARDEN ビオラがガンバッて彩りを添えている
DSCF5142.jpg
[ 2017/01/07 05:33 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1321-b4300367