天に星 地に花 人に愛

1月18日(水)

○都バスの日

東京都交通局が制定。

1924(大正13)年のこの日、東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業を開始した。
関聯サイト •東京都交通局 http://www.kotsu.metro.tokyo.jp
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 都営バス

○118番の日

海上保安庁が2011(平成23)年から実施。

海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を広く知ってもらうための活動が行われる。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 118番の日
関聯記念日 •110番の日 <1月10日>
•119番の日 <11月9日>

○振袖火事の日

1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きた。

この大火は「振袖火事」とも呼ばれる。これは次のような話による。

上野の神商大増屋十右衛門の娘おきくは、花見の時に美しい寺小姓を見初め、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい、毎日寺小姓を想い続けた。そして、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまった。

寺では法事が済むと、しきたり通り振袖を古着屋へ売り払った。その振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡ったが、それ以来お花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡した。振袖は再び古着屋の手を経て、麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡ったが、おたつも同じように、明暦3年の1月16日に亡くなった。

おたつの葬儀に、十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦もたまたま来ており、三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにした。しかし、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、それが燃え広がって江戸中が大火となった。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 明暦の大火

※ まじまじと「振袖火事」の出火原因を読むと、火事って、やっぱりそれなりの原因があって、とんでもない大火災になるものだと思った。お坊さんが冷静に考えれば、防げたと思う。先日、新潟県糸魚川市の大火災が起こったが、まったく同じことだ。乾燥して、強風にあおられたら、防ぎようがない。火の用心こそ、肝心だ。

※ この明暦の大火は、江戸城をも落城させた。浅草見付では、小伝馬牢から受刑者脱獄という噂から役人が押し寄せる民衆を門扉閉鎖、江戸市民が何万人も避難できず焼死した。両国には橋がなかったので、多くの人々が隅田川のたもとでおぼれ死んだ。やがて、両国広小路という避難場所をつくり、隅田川に両国橋をかけ、武蔵の国と下総の国を結んだ。10万人の死者は、関東大震災、東京大空襲ほどの被害だ。都内を歩くと、もし直下型大地震が起きたら、密集している住宅地は、今でも大災害となる、防災意識を、今でも、常に怠ってはならない。昨日は阪神淡路大震災から22年経ったが、まだ昨日のことのようだ。今年も大きな災害が起こらないことを祈るが、防災・減災に常に取り組んでおく必要がある。これが、日本という国の宿命だから、次の世代へつないでいくことが大切だ。

▽タイ王国軍の日 [タイ]

□初観音

毎月18日は観音(観世音)菩薩の縁日で、一年最初の縁日は「初観音」と呼ばれている。

◎今日の格言: 鵜(う)の真似(まね)をする烏(からす)

《自分に姿が似ている鵜のまねをして水に入った烏がおぼれる意から》自分の能力をよく考えず、みだりに人まねをすると、必ず失敗するということのたとえ。烏が鵜の真似。


※ 今日は、千葉支部の役員の皆様と、今年の秋の一日研修の下見で、両国9時半集合、江戸東京博物館と「すみだ 北斎美術館」を見学する。地元出身の方々なので、いろいろと案内をしてくれるということで、楽しみだ。

※ 大相撲 稀勢の里 1敗堅持、今日から後半戦、ここからが大事だ。昨日の、若手二人の一番 御岳海vs正代 これからの角界を背負う人気力士の力勝負だった。玉鷲もよかった。新しい力が台頭して来て、おもしろい!

※ 英国、BREGSIT メイ首相動き出す「単一市場離脱」表明、移民規制優先。米国、明後日、トランプ新大統領誕生。今年、いよいよ世界が動き出す、今年は、大きな変化の年になることは確実だ!就任演説をしっかり読んで、分析しよう。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)