天に星 地に花 人に愛
つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

2月15日(水)

○春一番名附けの日

1859(安政6)年2月13日、壱岐郷ノ浦の漁師53人が五島沖で突風に遭い全員が死亡した。それ以前から、郷ノ浦の漁師の間で春の初めの強い南風が「春一」と呼ばれており、これが「春一番」の語源とされている。春一番の語源には他にも諸説ある。

1950年代からマスコミがこの言葉を使用するようになって一般でも使われるようになり、1985年からは気象庁が春一番の発表を行っている。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 春一番

▽国旗の日 [カナダ]

1965年のこの日、カナダの国旗が、それまでのユニオンジャックの入ったものから、現在のサトウカエデの葉をデザインしたものに改められた。

▽建国記念日 [セルビア]

1804年の第1次セルビア暴動と1835年の最初の憲法制定を記念。

※西行忌,円位忌

歌人・西行法師の1190(文治6)年の忌日。

亡くなったのは旧暦2月16日であるが、「願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」の歌より、15日を忌日としている。

2月15日は釈迦入滅の日であり、この前後に亡くなることは仏教の修業をする者にとっての憧れだった。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 西行

※兼好忌

鎌倉時代末期から室町時代初頭の歌人で随筆『徒然草』の作者として知られる兼好法師(俗名・卜部兼好[うらべかねよし])の1350(正平5)年の忌日。ただし、1352年にはまだ存命だったとの説もある。

一般に「吉田兼好」と呼ばれているが、これは兼好の生家・卜部家が京都吉田神社の神官をしており、その子孫が吉田姓を名乗った為に後世の人がつけたものである。

◎今日の格言: 百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に一歩を進む

《「伝灯録」から》百尺の竿(さお)の先に達しているが、なおその上に一歩を進もうとする。すでに努力・工夫を尽くしたうえに、さらに尽力すること、また、十分に言を尽くして説いたうえに、さらに一歩進めて説くことのたとえ。

※ 昨日、朝から夕方まで、よく動き、よくこなした一日だった。帰宅したら、ラクスルのネット印刷が届いた。ほぼうまく出来たと思ったら、1か所のミスを見つけた。今朝、そのアフターケアをして、数部、郵送する。最初にしては、我ながら、上出来だったと思う。もう一グループに先行テストケースとして参考になるだろう。

※ 今日は、市のスパ招待券を利用して、午前中、親戚の人とスパへ。午後、中学校同級生たちの花見の準備、今年は3月31日㈮に故郷の同級生がバスで上京、首都圏の同級生と合流し、上野恩賜公園で「お花見会」、荒川区町屋「もんじゃ会館」で懇親会、日暮里の「ときわホテル」で宿泊、その準備を進める。夕方、6時~ 地域の仲間たちと懇親会へ。かみさんから、お酒ほどほどにと言われている。太りすぎないように、飲みすぎないようにセーブできるか、意志が弱いので、ちょっとむずかしそう。
[2017/02/15 07:38] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2月16日(木) | ホーム | 2月14日(火)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
 東風吹かばにほひおこせよ
 梅の花
 あるじなしとて
 春な忘れそ (菅原道真)

 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア