天に星 地に花 人に愛

3月2日(木)

〇後楽園開園記念日
後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)で、日本三名園のひとつである。

江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。

○ミニの日

「ミ(3)ニ(2)」の語呂合せ。

ミニチュアや小さいものを愛そうという日。

○ミニぶたの日

日本ペットミニぶた普及協会が制定。

「ミ(3)ニ(2)」の語呂合せ。

○中国残留孤児の日

1981(昭和56)年のこの日、中国残留日本人孤児47名が、肉親探しの為に、厚生省の招待で初めて公式に来日した。

このうち29名の身元が判明した。

○遠山の金さんの日

1840(天保11)年のこの日、遠山の金さんこと遠山左衛門尉景元が北町奉行に任命された。
関聯記念日 •大岡越前の日 <2月3日>

※亡羊忌

昭和期の詩人・村野四郎[むらのしろう]の1975(昭和50)年の忌日。

詩集『亡羊記』に因み、「亡羊忌」と呼ばれる。

◎今日の格言: 親(した)しき中にも礼儀あり

あまり親しみが過ぎて遠慮がなくなると不和のもとになるから、親しい間柄でも礼儀を重んじるべきであるということ。親しき中に垣をせよ。

※ 昨日から3月 久しぶりに昨日集まったメンバーの環境ボランティアの集合写真を撮った。団地の広報誌掲載予定。 今、全部で17名ほど。毎週火・水の午前8時半~10時。除草、生垣選定、苗床つくりなど団地を8区分して、月1巡する自主参加のボランティア。だから、我が団地はいつも緑美しく、花がきれいな団地である。環境がきれいであれば、人々のこころはやすらぐ。常時のこういう気の合った仲間がいるということは、いざといった時の防災ボランティアとしても協力協働して活動できるということだ。6年間代表を務め、今は若手にバトンタッチした。

※ 昨日、クリスマスローズをまとめて植えてあった花壇を発見した。クリスマスローズが、こんなに色とりどりで美しいということを初めて知った。

※ 昨日の午後、港区芝 日赤本社で市川市民40名を先輩の先生と二人で20名ずつボランティアガイドをしてきた。先輩は、80歳で公的な最後のガイドをされた。皆さんから終わって、大きな拍手を頂いた。私の担当した方々に、「私も市川在住です。まだ在住30年の新住民ですが、昨年、市川霊園にお墓を求めたので、これから先、ずっと市川市永久住民になります。よろしく!」と挨拶したら、大爆笑された。同じ市民の方々、親しみをもってご案内した。私達も時々利用する市のバスで来社され、午前は江東区の防災施設を見学されたという。3月1日は「防災の日」、3.11を忘れない、さすが市川市民だ、防災意識が高いと、思った。

※ 今日は雨の一日、散髪にでも行こう。明日は早朝から1日、大学へ行く、今日は一日DAY OFFとしよう。


クリスマスローズ
DSCF5709_NEW.jpg

DSCF5710_NEW.jpg

DSCF5712_NEW.jpg
葉牡丹の色も、なんとも言えない美しさだ!
DSCF5720_NEW.jpg

DSCF5721_NEW.jpg

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)