■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









4月1日(土)

◇エイプリルフール,万愚節

罪のない嘘をついて良いとされる日。日本では「四月馬鹿」とも呼ばれる。

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まりとされている。

また、インドでは悟りの修行は春分の日から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。

◇新学年

学年度始めの日。4月1日から翌年の3月31日を「年度」として括る。

元々日本では、特に入学の時期は定められておらず、年中入学可となっているのが普通だった。1886(明治19)年10月に、高等師範学校が学年暦を4月1日からと定め、1888(明治21)年から全国一斉にこれにならうようになった。ただし、大学や高等学校では欧米の習慣に合わせて9月に新学期を始めていた。

4月1日生まれの人は、前年度の3月生まれの人と一緒に入学することになる。これは、学校教育法で「保護者は、子女の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初から(中略)就学させる義務を負う。」と規定しているためである。「年齢計算ニ関スル法律」では「年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス」とし、「民法」第143条では年を単位として期間を定めた場合には、起算日の応答日の前日に期間が満了することとしている。つまり、4月1日に生まれた人は、その6年後の3月31日をもって五歳の期間が満了することになり、その翌日の4月1日に始まる学年から小学校に入学するのである。

◇入社式

◇新会計年度

4月1日から翌年の3月31日を「年度」として括る。

江戸時代までは、暦年とは別の「年度」というものはなく、1月から12月までで会計を行っていた。しかし、明治維新の後、政府の財政が苦しく、暦年と合わせることができなくなって「年度」が作られた。その為、当初は年度の始期が頻繁に変えられた。1886(明治19)年に、現在の4月から翌年3月までとなった。

会計年度の始期が4月1日となったのは、秋の収獲後の徴税の都合の為であるとされている。また、イギリスでかつて3月25日を新年としており、金銭の精算に一週間の猶予が認められていたからとする説もある。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 会計年度

○トレーニングの日

スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが1994年に制定。

年度始めからトレーニングを始めようという日。

○不動産表示登記の日

1960年のこの日、「不動産登記法」が改正され、「表示登記」(現在は「表題登記」)という概念が作られた。

○不動産鑑定評価の日

日本不動産鑑定士協会連合会が制定。

1964年のこの日、「不動産鑑定評価に関する法律」が施行された。
関聯サイト •日本不動産鑑定士協会連合会 https://www.fudousan-kanteishi.or.jp

○児童福祉法記念日

1948年のこの日、「児童福祉法」が全面施行された。
関聯記念日 •児童福祉法公布記念日 <12月12日>
•児童福祉週間 <5月5日~5月11日>

○売春防止法施行記念日

1957年のこの日、「売春防止法」が完全施行された。

この前日までに、売春が行われていた「赤線」の店は一斉に廃業した。

○オンライントレードの日

大和証券が制定。

1996年のこの日、大和証券が日本初のインターネットでの株式の取扱いを開始した。

○ストラップの日

ストラップの販売・制作を行うストラップヤが2009(平成21)年に制定。

1991年のこの日、初めてストラップ用の穴が開けられた携帯電話が発売された。

*(旧)琉球政府創立記念日

アメリカ施制下の沖縄の琉球政府が定めた、日本の国民の祝日に相当する「住民の祝祭日」の一つ。

1952年のこの日、琉球臨時中央政府を改組して琉球政府が発足した。

◇綿抜[わたぬき]

昔は、この日から布子の綿を抜いて袷[あわせ]にした。

□親鸞聖人誕生会[たんじょうえ]

浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の承安3(1173)年の誕生日。

4月1日は旧暦の日附で、新暦4月1日のほか、グレゴリオ暦に換算した5月21日に法要を行う寺院もある。

※三鬼忌,西東忌

新興俳句運動の旗手・西東三鬼[さいとうさんき]の1962年の忌日。

◎今日の格言: 冬(ふゆ)来(きた)りなば春(はる)遠(とお)からじ

《英国の詩人、シェリーの詩「西風の賦」の一節から》つらい時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来るというたとえ。長い冬を耐えて春を待つ気持ちの表現としても用いられる。

※ 昨日、上野恩賜公園で故郷の中学校同級会 お花見会が出来てよかった。昼過ぎまで、まあまあのお天気、桜は気温が低く3分咲き程度だった。2時過ぎから、懇親会場で2時間程度の交流会を楽しんだ。日暮里のホテルで一泊。今朝、やはり寒く、午前中は雨なので、残念ながら千鳥ヶ淵の桜を見せることができなかった。朝、バスの対応、朝食ガスト16名分の対応をし、9時過ぎに見送って、終わった。10時前に、昨夜の懇親会のママさんにお礼をして、帰宅した。

※ 今日から新年度、また新しい気持ちで、頑張ろう。
[ 2017/04/01 12:40 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1405-4f25e96b