5月10日(水)
72候 蚯蚓出
蚯蚓出と書いて、みみずいずると書きます。
みみずが地上にはい出てきて、あちらこちらで目にする時候。
みみずは、目がなく、手足もなく、紐状の動物です。みみずという名称は、“目見ず”から来たといわれます。そんなわけで、みみずは下等な動物と思われがちですが、この土壌動物が果たす役割はきわめて大きなものがあります。
みみずは土を食べ、土の中の有機物や微生物、小動物を消化吸収して、粒状の糞を排泄します。それによって、土壌中の通気・保水・排水(透水)を高めてくれ、孔隙を大きくし、土中の酸素量を増やしてくれます。肥沃な土地とは、そんな土壌動物や微生物が活発に働いている土のことをいいます。
みみずのような生物が、土中に棲息していることが、地球とそのほかの星とを分ける決定的な違いです。微生物が土の中にいる星は、地球だけなのですから。

花壇づくりをすると、ミミズが出てくると、綺麗な花を咲かせてくれると、嬉しくなりますね。

○日本気象協会創立記念日

1950年のこの日、日本気象協会(JWA)が「気象協会」として創設された。

気象協会は1966(昭和41)年に関西気象協会・西日本気象協会と合併し、現在の名称になった。

気象情報の伝達・配布、気象調査、気象知識の普及等を行っている。
関聯サイト •日本気象協会 http://www.jwa.or.jp

○コットンの日

日本紡績協会が1995年10月に制定。

五(こ)ten(テン)で「コットン」の語呂合せと、綿が夏物素材としてよく使用されるため、5月が店頭販売の最盛期を迎えることから。
関聯サイト •日本紡績協会 http://www.jsa-jp.org

○地質の日

地質関係の組織・学会が2007年に制定。

1876年のこの日、アメリカの地質学者ライマンらが日本初の広域的な地質図「日本蝦夷地質要略之図」を作成した。また、1878年のこの日、地質の調査を扱う内務省地理局地質課が設置された。
関聯サイト •5月10日は地質の日 http://www.gsj.jp/geologyday/

○街区表示板の日

1962年のこの日「住居表示に関する法律」が施行された。

街区表示板とは、住居表示が実施されている地域に設置されている、所在地の住居を表示した細長い板のことである。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 街区表示板

○リプトンの日

紅茶のブランド「リプトン」を展開するユニリーバ・ジャパンが制定。

創業者トーマス・リプトンの1848年の誕生日であり、リプトンが1871年に最初の食料品店を開いた日でもあることから。

*(旧)愛鳥の日

1947年に4月10日の「バードデー(愛鳥の日)」として実施されたが、まだ冬鳥が多い時期であるとして後に1か月ずらした5月10日とした。1950年からは「愛鳥週間」に移行した。
関聯記念日 •愛鳥週間 <5月10日~5月16日>

※四迷忌

小説家・翻訳家の二葉亭四迷[ふたばていしめい]の1909(明治42)年の忌日。

前年から朝日新聞社特派員としてロシアに渡り、病気で帰国の途中のインド洋上で客死した。

◎今日の格言: 人に事うるを知る者にして然る後に以て人を使うべし ヒトニツカウルヲシルモノニシテシカルノチニモッテヒトヲツカウベシ

《「孔子家語」曲礼子夏問から》他人に使われてみて、初めて人を使うことができる。他人に使われた経験のない者は、人を上手に使うことができない。

※ 昨日、かみさんに煩く言われて、仕方なく整形外科に行ったら、腰もだいぶよくなってきた。レントゲンの写真では、背骨も少しずつおかしくなってきた。高齢化というのは、そういうことかとつくづく思わされた。ボウリングやるにも、筋力が落ちてきているというので、準備運動をしなさいと、言われた。
 かみさんは、山陰から姉夫婦が上京してきたというので、会いに行って帰って来た。開口一番、姉に「旦那さん、腰が痛いのだから、大事にしてあげなさい。」と言われた、そうだ。「ああ、なんていい姉さんだ!姉さんの言う通りだよ。」と、言ってやった!やっぱり、義姉さんは、ありがたいね。今日も、まだ腰が不十分なので、ボランティアを休もうかな。散髪にでも行って来よう。今週末に、オープンガーデンがあるのに、貢献出来ずに残念な気持ちだ。ここで、しっかり治して、また動けるように整えよう。
[2017/05/10 06:38] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<5月11日(木) | ホーム | 5月9日(火)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1444-d44ba2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター