■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









5月15日(月)

特別公開のバラ園にて
DSCF6700_NEW.jpg

七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」 以下、住まいのネット新聞「ビオ」より

 今年も美味しかったですよね、タケノコ♪ と、すでに旬は過ぎてしまったような気がするのに、5月15日〜20日頃は『竹笋生(たけのこしょうず)』。 実際の日本の季節感とはズレていることも多い「七十二候」 おなじみの漢字は「筍」。タケノコは、竹かんむりに旬なのです。味わえる期間が短いので、毎年 旬を迎えた地域は桜前線ならぬ「タケノコ前線」と呼ばれて北上、日本の食卓に春を告げていきます。
それほど季節感を重んじるタケノコ食なのに、いま「生ず」といわれても。なんだかズレている気がしませんか・・・と思っていたら、なんと日本原産のタケノコは、今が旬だったのです!

 3月〜4月に収穫され 私たちが「春の味覚」としているのは、『孟宗竹(モウソウチク)』という種類。これは17〜18世紀に中国から日本に入ってきたといわれる外来種なのです。大型肉厚でエグみが少なく、独特の上品な甘い風味から現在食用の主流となっています。

 一方、日本の竹で有名な『真竹(マダケ)』の収穫時期は、5月から6月にかけて。七十二候の今の時季ですね。別名「苦竹(ニガタケ)」と呼ばれ、収穫して時間が経つとエグみが強くなるためアク抜きが不可欠に・・・そんな事情もあってお店ではあまり見かけませんが、とれたてはエグみがほとんどなく、そのままお刺身で食べられるほど美味絶品といいます。孟宗竹よりさらに食べ頃が短い、貴重な味覚なのですね。

 ちなみに「旬」という字は「じゅん」と読み、月の上旬・中旬・下旬というように「10日間」を指す言葉なのだそうです。10日間くらいで「竹」になってしまうほど成長が早いから『筍』になった、ともいわれています。 「今は昔、竹取の翁(おきな)といふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、讃岐造(さぬきのみやつこ)となむ言ひける」(『竹取物語』より)。

 「かぐや姫」に出てくるのは日本古来の竹です。「竹取」というのは職業名。かぐや姫を育てたおじいさんは、竹細工を作って生計を立てていたのですね。
その仕事の身分は低く、生活は貧しかったといいます。けれども、竹には霊力が宿るとされ、神事に欠かせないものでした。おじいさんの本名「讃岐造」の「造(みやつこ。宮つ子)」は、宮廷に仕える家来を意味します。意外にも(?)おじいさんは、貧しいながら朝廷を支えるお仕事をしていたようです。

 古来から真竹は、あらゆる生活道具に加工できる丈夫で優れた素材でした。筆、楽器、竹刀、さらには利休の茶道具やエジソンの白熱電球の材料にも。おじいさんと同様、目立たなくとも日本文化を支えてきた存在なのですね(ちなみに孟宗竹は、加工に弱いので素材には適さないそうです)。

 ところで、光る竹の根元からみつかったときのかぐや姫は、身長たった3寸(約9センチ)。それがすくすく育って、3ヶ月くらいで成人女性のサイズになったといいますから、さすが竹出身の成長力です。おじいさんは娘の姿を見ただけで、心が癒やされ体調が回復したといいます。しかも不思議なことに竹の中に黄金を見つけることが重なり、おじいさんはだんだん裕福になっていくのでした。
成長が早く、繁殖力が強く、霊力が宿る竹だからこその説得力かもしれませんね。

▲国際家族デー(International Day of Families)

1993年9月20日の国連総会で制定。国際デーの一つ。
関聯記念日 •ファミリーの日 <5月4日>

○沖縄復帰記念日 今日で、45年目。

1971年6月17日に宇宙中継によって東京とワシントンで結ばれた「沖縄返還協定」が1972年5月15日午前0時をもって発効し、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還され、沖縄県が誕生した。

日本政府側は「本土並み」の復帰を目指したが、実際には30以上の米軍基地や弾薬庫、演習場等が残され、その面積は全県の12%にも上った。米軍の75%が、まだ沖縄に。基地負担が、まだまだ重くのしかかっている。
関聯サイト •沖縄県 http://www.pref.okinawa.jp
関聯記念日 •沖縄慰霊の日 <6月23日>

○ストッキングの日

1940年のこの日、アメリカのデュポン社がナイロン・ストッキングを全米で発売した。

それまでアメリカのストッキング市場は日本の絹製のもので独占されていたが、これ以降、ナイロン製のものに王座を明け渡した。
関聯サイト •デュポン http://www.dupont.com

○ヨーグルトの日

ヨーグルトを研究したロシアのメチニコフ博士の誕生日。

明治乳業が制定したが、現在では特にイベントは行っていない。

メチニコフ博士はブルガリアに長寿者が多いのはヨーグルトに含まれる乳酸菌のためであることを突き止めた。また、免疫に関する研究によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

○青春七五三

日本記念日協会が提唱。

11月15日の「七五三」の半年後。

七五三から10年過ぎた13歳・15歳・17歳の少年少女にこれからの人生に対してエールを送ろうという日。
関聯記念日 •七五三 <11月15日>

※ こういういい日があるんだね。どんな催しがあるのか、興味がありますね。

□葵祭

京都の下鴨神社・上賀茂神社の例祭。元は旧暦4月の酉の日に行われていた。

□商人の祝日

ローマ神話に登場する商業の神・メルクリウスの祝日。

◎今日の格言: 長者の万灯より貧者の一灯 チョウジャノマントウヨリヒンジャノイットウ 金持ちの多くの寄進よりも、貧しい者の心のこもったわずかの寄進のほうが功徳が大きい。形式よりも真心が大切であるということのたとえ。貧者の一灯。

※ 昨日、母の日、オープン・ガーデンでボランティアをしたら、皆さんにかみさんにカーネーションをと、頂いた。ご本人、ニコニコだった。私の撮った写真も、保存版して、お役に立ったようだ。これからも、自分ならできることを探していこう。

※ 昨日のオープンガーデン 地域のバラ園も訪問した。代表の方が、一般開放していない特別に、鍵を開けて奥の奥の広いバラ園を案内してくれた。そこは下水道局の広大な施設内だった。下水道局のバラ好きの方が管理しているという。また、安全上の理由から、通常は一般開放していないという、大輪のバラが満開で見事だった。今年の5月ほど、薔薇をたくさん観た年はない。明日は、習志野谷津バラ園へ行く。

※ 高安 圧勝、横綱稀勢の里、嘉風の猛攻に屈した。怪我の復帰はまだという感だ、今場所は心配だ。横綱鶴竜は、元気な御岳海に負けた。

※ 150か国、20万件のサイバー攻撃、日本ではウィルス感染2件、今日厳重注意、特に怪しいメール、添付ファイルを開けないこと。WindowsUpdateを、昨日、すべてのパソコンやっておいた。

※ 今日は、朝8時半 中央公園清掃ボランティアへ。その後、9時半出発で、先輩と日本橋高島屋の「いけばな展」へ。昼食後、2時~ 東新宿 日本赤十字社東京都支部で青少年赤十字活性化委員会へ。

DSCF6701_NEW.jpg

シャクヤク
DSCF6684_NEW.jpg
[ 2017/05/15 06:29 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1449-d0a9e519