6月18日(日) 6月は「紫陽花」、そして「父の日」


DSCF7249_NEW.jpg


○海外移住の日

国際協力事業団(JICA)が1966年に制定。

1908年のこの日、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着した。
関聯サイト •国際協力事業団 http://www.jica.go.jp
関聯記念日 •海外移住推進月間 <2月1日~2月29日>

○考古学出発の日

1877年のこの日、大森貝塚を発見・発掘したアメリカの動物学者、E.S.モース博士が来日した。

6月20日、モース博士が汽車で横浜から新橋へ向かう途中に貝殻が堆積しているのを発見し、まもなく発掘調査が行われた。これが日本で初めての科学的な発掘調査で、日本の考古学の出発点となった。

○おにぎりの日

町内の遺跡で日本最古の「おにぎりの化石」が発見されたことから「おにぎりの里」として町起こしをしている石川県鹿西町(現 中能登町)が制定。

「鹿西」の「ろく」と、毎月18日の「米食の日」から。
関聯記念日 •おむすびの日 <1月17日>

▲国際寿司の日(International Sushi Day)
関聯記念日 •すしの日 <11月1日>

▽モニク前王妃誕生日 [カンボジア]

シハモニ国王の母(シアヌーク前国王の妃)であるモニク妃の誕生日。

DSCF7247_NEW.jpg

○ 父の日 今日は、「父の日」だが、「母の日」は広く認知されているのに対して、日本では、いいえ、我が家では、そういう日ってあるの?っていう感じだ。そこで、本当に、そもそもの「父の日」の由来や世界中でどうなっているかを、調べて見た。

ウィキペディアより・・・1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1](Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた[2]。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる[2]。

1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[3]に制定される[2]。

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]。

※ ソノラという人は偉い!そして、アメリカ合衆国のかつての大統領は偉かった!アメリカでは、国の記念日にしている。そうだ、6月だけは、祝休日がゼロの日、日本でも6月第3日曜日を正式に「父の日」と認定するべきだ!皆さんはどう思う?

※ 世界中の「父の日」の状況を調べると、実にとても多くの国々が、しっかりと父の日を制定している。1月~12月まで多様だ。「父の日」の存在感や影の薄いのは、日本くらいなのだぞ!ああ、なさけない!

◎ 今日の格言: 韓信(かんしん)の股潜(またくぐ)り  《韓信が、若いとき町でならず者に言いがかりをつけられ、耐えてその股をくぐったという故事から》大望をもつ者は目先のつまらないことで人と争ったりしないことのたとえ。

※ 将棋の藤井聡太君 26連勝、新記録に「王手」!ぜひ、歴史をつくってほしい。

※ 昨日、今週のやるべきことの準備万端整えた。今日は、散髪に行こう。そして、ゆっくり休もう!

※ 6月 中旬の花散歩 紫陽花をアップします。6月には紫陽花が、似合う!


DSCF7248_NEW.jpg

DSCF7239_NEW.jpg

DSCF7241_NEW.jpg

DSCF7258_NEW.jpg
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line