7月9日(日) 

オリンピック選手村の建設状況 中央区晴海ホテルマリナーズコート12階より

IMG_0525_NEW.jpg

○ジェットコースターの日

1955年のこの日開園した後楽園遊園地に日本初の本格的なジェットコースターが設置された。
関聯サイト •後楽園ゆうえんち http://www.tokyo-dome.co.jp/park/

▽独立宣言の日 [アルゼンチン]

1816年のこの日、アルゼンチンがスペインから独立した。

▽憲法記念日 [パラオ]

1980年のこの日、アメリカ信託統治下のパラオで住民投票により憲法が採択された。

※鴎外忌

小説家・森鴎外[もりおうがい]の1922年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 森鴎外

※ 7月9、10の両日、東京都台東区の浅草寺で行われるホオズキの市。赤く実りかけたホオズキの鉢植えが境内に並べられ、参拝客に販売される。
ほおずき市は、観音信仰と関連が深い。古来、毎月18日は「仏様と特別なご縁のある日」という意味を込めて「縁日」と呼ばれ、この日に参拝すると、大きな功徳があるとされている。だが室町時代以降、これとは別に「功徳日」という縁日が毎月1回新たに設けられ、この日の参拝は何百日、何千日分ものお参りに相当すると言われてきた。特に7月10日は、4万6千日分の参拝効果があるとされており、江戸時代ごろから参拝が盛んになっていった。また、前日の9日から意気込んだ人々が寺を訪れるようになったことから、9、10日の2日間が4万6千日の縁日とみなされるようになった。
このような大きな縁日には、必ずと言っていいほど参拝客目当ての市が立つ。ほおずき市もそんな市の1つだが、ホオズキはもともと、薬草として東京都港区にある愛宕(あたご)神社の千日参りの縁日で売られていた。ホオズキを煎(せん)じてのむと、子どものかんの虫や女性の癪(しゃく)によく効くと言われており、これを参拝土産に持ち帰るのが通例だった。やがてこれが浅草寺に波及し、愛宕神社をしのぐ活況を呈するようになったのがいまのほおずき市だ。千日参りと4万6千日の参拝とが同じような意味を持っていたことや、明治以前の日本では神仏習合の信仰が一般的だったことが、このような市が神社から寺へとすんなり伝わった背景だと考えられている。
ほおずき市は、浅草寺のほか、都内各地の寺社で開かれているが、浅草寺の市が最も有名。毎年200もの露店が境内に軒を連ね、威勢のよいかけ声とともにホオズキの鉢が売られる。ちょうど梅雨が終わりに近づく時期であり、鉢に付けられた風鈴が涼しげに鳴ることから、江戸の夏の風物詩と言われている。

※ 昨日、今日は東京月島では「草市」  盆(→盂蘭盆)の行事に使う物を売る市。盆市ともいい,かつて旧暦 7月12日の夜から 13日の朝まで各地で開かれていた。売られていたのは,盆提灯や灯籠,籬垣(ませがき),線香,盆棚に用いる菰(こも),迎え火・送り火に用いる麻幹(おがら),先祖や精霊の乗り物とされるナスや菰づくりの牛馬,供え物を盛るためのハスの葉や土器など多品目で,数珠や仏具,太鼓,手拭,頭巾,紋服なども売られていた。明治時代の東京では,12日に人形町,両国広小路,京橋南伝馬町,上野広小路,浅草雷門,神田万世橋,芝大門,麻布飯倉などで多くの市が開かれ,それらの市で売れ残った物が 13日に八丁堀と薬研堀に持ち寄られ,朝市が開かれていた。今日でも東京都中央区の月島では 7月の盆の頃に草市が開かれており,盆用品以外にも各地の物産などの店が立ち並び,にぎわっている。 今年もお盆がやってきた!

◎ 今日の格言: 
七転び八起き
〔七度転んで八度立ち上がる意〕①何度失敗しても屈せずに立ち上がること。七転八起しちてんはつき。② 人生において浮き沈みの多いこと。失敗したり成功したり変転の激しいこと。 「 -の人生」

※ 昨日、昼11時半~ 新宿寿司屋、午後4時~ 東京晴海で、2つの宴席 大酒を飲まず、大食せず、ダブルヘッダーを無事にこなした。先週、一週間のハードなスケジュールを無事に元気にやり終えた。体力、暑さ、翌日のことを考え、無理をせずにやることがいちばんだ。かみさん、若い頃に飲みすぎて翌日だらしなくなっていた私の姿をよくみてきたので、びっくりしていた。いや、そうではなくて、ムチャする程の若さと体力、自信がないだけで、飲みたい、食べたいという欲がなくなってきた、ということかも知れない。齢相応にほどほどにやれば、よいということを最近になって、自分でもわかってきたってことかなあ。そのほうが、身体も気分も、よいのは確かだ。

※ 昨日、前半の寿司店で、お世話になった先輩が奥さんの認知症の世話が物凄く大変、壮絶だというお話を伺った。認知というのは、知識はわかるが、時間・空間はまるでダメになることだ、というお話を伺った。これからの時代、老々介護も含め、超高齢社会に突入するので、覚悟をしておかねばならないと思った。

※ 後半の会場、昔よく行った、東京中央区晴海のホテルマリナーズコートの12階から、眼下にオリンピック選手村の建設状況を見た。あと数年で、大きく変貌するだろう。

※ 今日から、講演会のテープ起こしにスパートをかけよう。ただし、うまく調整しながら、この1週間で立派に仕上げるくらいの気持ちで楽しもう。

※ 今日、大相撲名古屋場所開幕

※ 今日、午後2時~ 市の文化会館へ、キャンセルしようと思っていたが、市響のコンサートを聴きに行こう。茂木大輔 (NHK交響楽団オーボエ首席) グリーグ/劇音楽「ペール・ギュント」より ソプラノ : 西 正子 リスト/ピアノ協奏曲第1番  ピアノ : 石坂 奏(市川市文化会館新人演奏家コンクール最優秀賞) メンデルスゾーン/交響曲第3番「スコットランド」

※ 九州豪雨被害甚大 日赤を通じて、支援していこう!

※ 今週の主な予定 11日(火)日赤本社ボランティアガイド 常総市水海道地区民生委員児童委員協議会バス13時30分~15時 68名 12日(水)午前 地域の皆さんと環境ボランティアで汗を流す。13日(木)13時30分~ 文京区湯島 都退公連広報部会。14日(金)14時30分 東新宿 日赤東京都支部青少年赤十字理事会 15日(土)9時~17時 武蔵小金井 東京学芸大学 学生たちを応援。 今週も暑い、いつも水分を補給し、休養を取りながら、元気にやろう! 
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line