7 月 21 日 (金)
○神前結婚記念日

1900年のこの日、東京の神宮奉斎会本院(現在の東京大神宮)が神前結婚式のPRを始めた。

それまでは結婚式は家庭で行うのが普通だった。この年の5月10日に「皇室御婚令」が発布され、皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が初めて宮中賢所大前で行われた。このことにより、国民の間に神前での結婚式をしたいという気運が高まった。

それを受けて日比谷大神宮は、神前結婚式を世に広める為に、新聞記者や大臣等を招いて模擬結婚式を行うなどPR活動を行った。現在の神前結婚式の原型は日比谷大神宮の宮司が、宮中婚礼を参考にして作ったものであると言われている。
関聯サイト •東京大神宮 http://www.tokyodaijingu.or.jp

○破防法公布記念日,公安調査庁設置記念日

1952年のこの日、「破壊活動防止法(破防法)」が公布・施行され、同時に公安調査庁が設置された。
関聯サイト •公安調査庁 http://www.moj.go.jp/KOUAN/kouan.htm

○自然公園の日

1957年のこの日、「自然公園法」が制定された。

○日本三景の日

日本三景観光連絡協議会が制定。

『日本国事跡考』で松島・天橋立・宮島が日本三景として絶賛した林鵞峰の1618(元和4)年の誕生日。

▽独立記念日 [ベルギー]

1931年のこの日、前年にオランダからの独立を宣言したベルギーで、初代国王レオポルド1世が即位した。

▽解放記念日 [グアム]

1944年のこの日、日本占領下のグアム島にアメリカ軍が上陸し、グアムの戦いが始まった。両軍で約2万人の死者を出して8月11日に米軍が全島を占領した。

◎ 今日の格言:   情けは人の為ならず
人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。誤って、親切にするのはその人のためにならないの意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と、
「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。

  平成12年度調査                平成22年度調査
人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる
(本来の意味とされる) 47.2パーセント     45.8パーセント
人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない
(本来の意味ではない) 48.7パーセント     45.7パーセント

※ 日本語をしっかり押さえないと、勘違いしそうだ。

※ 昨日、大学で、最初に担当したのが、なんと幼稚園を専攻された皆さん、どれだけお役に立てたか、心もとなく、自分でも申し訳ない気持ち、幼児教育はまた重要だ。8月に専門の方のご指導があるそうで、何とか救われた。後半の学生諸君には、しっかり応援が出来た。これで、6月と今月の大学での担当を終えた。8月にまた、数回、大学へ行くので、しっかり応援をやって来よう。

※ 昨晩、OFFICE2013のアンインストールをし、再インストールに成功した。プレインストールなので、プロダクトキーの入力だけで間に合った。ただし、インターネットの速度が遅いためインストールに1時間以上も要した。結果、すべてオーライなので、11時過ぎまでかかってしまったが、ほっとした。

※ 大相撲 横綱白鳳、全勝トップタイ記録に。最近の白鳳の勝ち方が、横綱としての品格にどうかと気になる。やはり勝てばよいのではなく、どういう勝ち方か、さすが横綱だという勝ち方になってもらいたい。

※ 最近の政治をニュースを観ていて、ますますもやもやが増すばかりだ。加計学院問題、防衛相問題、すっきりしないと、政治が混迷しそうだ。経済もしっかり立て直してもらいたい。

※ 今日は、朝、9時に西船橋のボウリング場へ、先輩たちと月1回のボウリングを久しぶりに楽しんで来よう。
[2017/07/21 05:34] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<7 月 22 日 (土) | ホーム | 7 月 20 日 (木)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1515-4b06a486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター