■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









7 月 22 日 (土)

芙蓉
DSCF7602_NEW.jpg

明日、2017年7月23日は七十二候の桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)です。

2017年7月23日からは七十二候の一つ『桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)』です。 
桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)とは、桐が花を咲かせる頃。桐は伝統的に神聖な木とされ、生活の中での家具だけでなく、室町幕府では小判に刻印され、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であります。現在も日本国政府の紋章として使用されています。

●季節の言葉 花火
●季節の魚介 うに (旬は初夏) 
●季節の野菜 きゅうり 
●季節の草花 桐の花   
●季節の味覚 そうめん

桐について,WEBで調べて見ると、実に奥が深いことがわかった。
今日、7月22日は二十四節気の「大暑」。一年のうちで最も暑い季節であり、土用のうなぎ、風鈴、花火、蝉時雨と、この時期は風物詩が目白押しです。大暑は二十四節気の折り返しに当たり、これが終れば立秋。

日本には春夏秋冬の四季だけでなく、二十四の気という季節、七十二もの候という季節があり、旧暦をもとに暮らしていた時代には、人はそうした季節の移ろいを、こまやかに感じとって生活していました。

「桐始結花」は七十二候の三十四番目で、とうしけっか、訓読みでは、きりはじめてはなをむすぶ。涼やかに澄んだ、なんと美しい言葉の響きであろうかと思う。桐が実を結ぶころであり、季節は晩夏。


日本国政府ならびに内閣総理大臣には紋があり、それが桐であると意識している人は案外と少ない。首相会見の演台の前にある「五七の桐」には、実は日本の歴史が息づいている。

「五七の桐」は今から1200年以上前、平安京に遷都した桓武天皇の二男である嵯峨天皇によって創案。古来から、聖天子の時代が来るとその瑞兆として鳳凰が現れると伝えられており、鳳凰は桐の木に宿り、竹の実をついばむとされている。すなわち桐は聖天子の象徴であるため、この故事を愛でた嵯峨天皇は、桐花をモチーフにしてこの紋章を作ったと。自らを聖天子と誇示するあたり、なかなか鼻持ちならない。

一方、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、後鳥羽上皇が菊を愛で、衣服や調度品などに菊紋を付けていたと。晩秋にりんと花弁を持ち上げて咲く菊は、その姿から高貴な花とされていた。続いて、後深草天皇、亀山天皇、後宇多天皇の3代の天皇も菊紋を用いたという。これによって、菊紋が天皇家の正紋とされ、桐花紋は副紋とされる。

日本国のパスポートにも、表紙には菊の紋、写真のページには桐花紋が使用されている。確かに、そうだった!なぜ、そうなのか、考えずに使って来た、やはり恥ずかしい。

さらにこの桐花紋は、天皇家に功績のあった臣下に下賜されることがあった。そのメンバーは足利尊氏、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。尊氏はすでに足利家としての家紋があったので、これを室町幕府の紋として使用。五七の桐を一番欲したのは秀吉で、彼は五七の桐をアレンジして太閤桐をも作っている。家康は桐花紋を下賜されることを断る。徳川家はご存知、葵紋。水戸黄門の印籠も、暴れん坊将軍の刀も三つ葉葵である。

時代は明治になり、1869年の太政官布告で菊紋の使用は皇室関係に制限される。そこで日本政府の紋章として、菊紋に次いで格が高い「五七の桐」が使われるようになった。

貸衣装の黒留袖には桐の紋が染められている。これは「五三の桐」で、日本国政府のエンブレム「五七の桐」よりは格下となる。

桐の木は娘の年と同い年」  女の子が生まれた年に植えた桐は、嫁ぐ頃に箪笥材が採れるほど成長が早い。

「琴になり下駄になるのも桐の運」  桐材が、大切にされる琴になる一方で、足に履かれ捨てられる下駄になることもあって、人生の運、不運になぞらえたもの。

清少納言の「枕草子」に、桐をたいそう讃えたものがあったはずと調べてみれば、三十七段「木の花は」の一節。

「桐の木の花、紫に咲きたるはなほをかしきに、葉の広ごりざまぞ、うたてこちたけれど、異木(ことき)どもとひとしう言ふべきにあらず。唐土にことごとしき名つきたる鳥の、えりてこれのみゐるらむ。いみじう心ことなり。まいて琴に作りて、さまざまなる音の出で来るなどは、をかしなど世の常に言ふべくやはある。いみじうこそめでたけれ」

「桐の花が、紫に咲いているのは、やはり美しく、葉の広がりかただけは いやな感じがするけれども、また、他の木などと同列に並べて論ずべきではない。 中国では、おおげさな名前がついた鳥‐鳳凰-が、選んでこの木に栖むというのは、格別な感じがする。まして桐を琴に使って、そこからさまざまな音色が出てくることなどは、おもしろいなどと、世間並みの ことばで言えようか。たいそうすばらしいものである」

  窓外に桐花すぎゆく会津かな

○下駄の日

全国木製はきもの業組合連合会が制定。

7は下駄の寸法を表わすのに「七寸七分」というように7がよく使われることから。22は下駄の跡が「二二」に見えることから。
関聯記念日 •下駄の日 <11月11日>

○著作権制度の日

1899年のこの日、日本で「著作権法」が制定され、著作権制度が創設された。

それ以前から「版権法」により書籍についてのみ著作権の制度があったが、「著作権法」により全ての著作物についての著作権の制度が創設された。

○ナッツの日

日本ナッツ協会が1996年12月に制定。

七(な)2(ツー)2(ツー)で「ナッツ」の語呂合せ。
関聯サイト •日本ナッツ協会 http://www.jna-nut.com
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - ナッツの日

○円周率近似値の日

ヨーロッパでは7月22日を22/7のように表現し、これを分数(7分の22)とみなすと、アルキメデスが求めた円周率の近似値22/7になることから。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 円周率の日
関聯記念日 •円周率の日 <3月14日>

▽革命記念日 [ガンビア]

1994年のこの日、ヤヒヤ・ジャメ中尉が無血クーデターを起こし、1970年以来長期にわたり政権を握っていたダウダ・ジャワラ大統領が退陣・亡命した。

◎ 今日の格言: 急がば回れ
早く着こうと思うなら、危険な近道より遠くても安全確実な方法をとったほうが早く目的を達することができるというたとえ。

※ 昨日の午前中のボウリング、3人とも、ひさしぶりで調子が悪かった。午後、団地内の花を見て廻ったが、今は、サルスベリくらいだ。芙蓉が、咲き始めた。

※ 横綱白鳳、最多の1058勝! 2001年から、97場所、16年2か月かけての大記録。50年や100年に出るか出ないかの記録だという。

※ 今日、都退公連千葉支部の役員の皆さんが、午後2時にこちらに集まっての会議、暑い中を皆さん、ご苦労様です。出来るだけの応援をしよう。


サルスベリ
DSCF7597_NEW.jpg

DSCF7599_NEW.jpg

[ 2017/07/22 06:07 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/1516-ce8efe50