2 月 24 日 (土)

※ WEBより
2月24日からは、七十二候の「霞始靆 (かすみ はじめて たなびく)」に入ります。

2月最後の候となります。
気温が少しずつ上がり始め、霞が春景色を彩り始める頃になります。

秋や冬は空気が澄み 遠くの山もキレイに見ることができますが、春になり湿り気を帯びた南風が吹くと、野山の風景や遠くの山がぼんやりと かすんで見えるようになります。それが霞(かすみ)です。そこで今回は、霞(かすみ)についてお届けします。霞と霧、もやの違いや、かすみと関連するものもご紹介します。

春は、空気中に含んでいる水蒸気が少なく乾燥しています。しかし、春は 雪や氷が 溶けだして土の上には植物があまり生えていないため、土やホコリが舞いやすくなります。すると空気中にチリや水滴が増えます。空気中に粒子の大きい塵や水滴があると、太陽の光は様々な波長の光が合わさった状態のまま散乱します。それが、春の空が白っぽく見える原因となのです。


「霧(きり)」
大気中の水蒸気が微小な浮遊水滴によなり視界が悪くなる現象
視程 1km未満 の状態

•「靄(もや)」
大気中の水蒸気が微小な浮遊水滴によなり視界が悪くなる現象
視程 1km以上、10km未満 の状態

•「霞(かすみ)」
空気中の水滴にその他の細かい粒子が混ざり視界が悪い状態
空気中にちりや煙などが浮かび、空が白っぽく、うすぼんやりと見える現象を指す言葉

○鉄道ストの日

1898(明治31)年のこの日、日本初の鉄道ストライキが実施された。

日本鉄道会社の機関士ら400人がストライキに突入し、上野~青森の列車が運休した。

○月光仮面登場の日

1958(昭和33)年のこの日、ラジオ東京(現在のTBS)で国産初のテレビ映画『月光仮面』のテレビ放送が始った。

○クロスカントリーの日

1977(昭和52)年のこの日、原野・森林等にコースを設定して走る競技・クロスカントリーの、統一ルールによる初めての大会がイギリスで開催された。

▽独立記念日 [エストニア]

1918年のこの日、エストニアがロシア・ソビエト連邦社会主義共和国から独立した。その後、1940年にソ連に、1941年にドイツに占領された後、1944年からソビエト連邦の一部となっていたが、1991年に独立を回復した。

▽国旗の日 [メキシコ]

1812年のこの日、メキシコ独立革命の指導者イトゥルビデが独立のための三原則「イグアラ綱領」を発表し、後にメキシコ大統領となるゲレロが国旗に忠誠を誓った。

※南国忌

大衆作家・直木三十五[なおきさんじゅうご]の1934(昭和9)年の忌日。代表作の『南国太平記』から「南国忌」と呼ばれている。

翌年、直木三十五の友人だった作家・文芸春秋社長の菊池寛が、純文学の「芥川龍之介賞(芥川賞)」とともに、大衆文学の分野の新人に贈る賞として「直木三十五賞(直木賞)」を創設した。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 直木三十五

※不器男忌

27歳で夭逝した俳人・芝不器男[しばふきお]の1930(昭和5)年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 芝不器男

※丈草忌

江戸前・中期の俳人で蕉門十哲の一人・内藤丈草[ないとうじょうそう]の1704(元禄17)年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 内藤丈草

*(旧)大喪の礼

昭和天皇の大喪の礼の為、1989(平成元)年の2月24日は休日になった。

◎ 玉(たま)磨(みが)かざれば光(ひかり)な・し

「玉琢(みが)かざれば器(うつわ)を成さず」に同じ。

※ 昨日、日赤本社ボランティアガイドを終え、昼食後、最寄り駅からタクシーで帰宅。平昌オリンピック 女子フィギュア 宮原選手4位と坂本選手6位 間に合った! 自己ベスト よくやった! ロシアのザギトワ選手金 ロシア初の金メダル しかも15歳! メドベージェワ選手銀 2人がダントツで、そしてカナダのオズモンド選手銅も、見事だった。メダルには届かなかったが、二人の十代選手によくやった、感動をありがとう、あっぱれ!

※ 昨晩、寝ながら、ラジオで女子カーリング vs 韓国戦を聴く。いいチームだ、惜敗したが、また前向きに3位決定戦へ。

※ 午後、お骨になって帰って来た、友人宅を訪問。現実を受け入れざるを得ないのか。

※ 何とか、論文添削を95%終えた。5%は、もう数度、今日からまた、しっかり見ておきたい。来週から、将来、有望な学生たちに会う。

※ 今日、パソコン教室、今、特別に学ぶ課題はないが午前中に調べておこう。今日か明日、新浦安ブライトンホテル 「平成30年度ノートパソコンの有償譲渡会」に行ってみよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
大きなる
  紅ばらの花 ゆくりなく
  ぱっと真紅に
  ひらきけるかも
   (北原白秋)


 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
リンク
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター