FC2ブログ

5 月 11 日 (金) 和洋、今が旬!

※ ミミズいずる 5月10日~ 

 ミミズは、好きか、嫌いか?! ではなく、とっても人間とって、自然にとって大事な生き物。子どもの頃から、魚釣りの餌として、よくとったものだ。畑のわらに牛馬の尿糞と一緒にして作った湯気の立つ上出来の田畑用肥料を掘り起こし、たくさんの元気なミミズをとったものだ。それで鮒や鯉をよく釣ったものだ。魚たちには美味しい餌だったんだろうね。
 それから、子どもの頃に、「ミミズに小便するな、おちんちんが腫れるぞ!」と、よく言われたものだ(笑)あれは、子供に教える知恵だったのだ!

 ミミズなんていなくてもいいんじゃないかな・・・そう思う方もいるかもしれませんが、実は土壌環境の改善に大きく貢献しているんです。ミミズは、偉い!

 長い間放置され、固くなってしまった土を耕すのは、なかなか苦労するものです。しかし、ミミズの力を借りればふんわりと柔らかな土に仕上がります。というのも、ミミズが土の中を移動するだけで、土は自然に耕されるからです。

 ミミズは土を掘りながら移動するので、動けば動くほど地中の土は掘り起こされます。さらに、ミミズの通り道は空気や水の通り道ともなるため、通気性が良く、地中深くまで水が行き渡るようになるのです。ミミズにとっては、ごく普通に生活を送っているだけかもしれませんが、私たちにとっては、植物を植えるにはもってこいの良い土が着々と作られるわけです。だから、花壇で土を耕している時、ミミズにたくさん出会えると、嬉しくなる!多ければ多いほど、綺麗な花を咲かせてくれるからだ。美味しい野菜や果物も、豊作も、ミミズに感謝しなければ・・・。

 だから、「手のひらを太陽に」 ~♫ ミミズだって、オケラだって~ ♫ 作詞 やなせたかしさん、作曲 いずみたくさん エライ!

 ミミズというのは、土を食べて、その中に含まれる有機物や微生物を摂取しています。
ミミズが1日に食べる土の量は、自分の体重と同じくらいと言われています。

「ミミズの体重くらいなんて、ほんの少しじゃん」

 私たちから見れば確かにそうなのですが、人間に置き換えて考えてみてください。
例えば、体重50キロの人が、自分の体重と同じ分の食事をとるとなると…50キロ分の食事量ということになりますから、なかなかハードですよね。細い体なのに、案外食べる量は盛り沢山です。
 食べた土はその後排泄されるのですが、ミミズは糞(ふん)も肥料の役割をします。さらに驚くことに、ミミズの体には「窒素」や「リン酸」など、植物の栄養になるものが含まれているので、死体さえも肥料となります。

 生きていても、死んでしまっても良い土作りに役立っていたなんて…。毛嫌いしていたのがちょっと申し訳なくなりますね。

 い季節になると、ミミズが地上で干からびてしまっている姿をよく見かけませんか?
土の中にいればいいのに、なぜわざわざ出てくるのでしょう。

 ミミズが地上に出てくる理由にはいくつかあるのですが、その中には大雨が原因という説も。
大量の雨が地面に降り注ぐと、普段は空気が入っている空間に水が入ってしまいます。そうすると、土の中の酸素量は減り、ミミズは苦しくなって地上に出てくるのです。

「地面も乾いてきたし、さて戻るか」
と思ったら、表面が固くなってしまい土の中に戻れず、干からびてしまうそうです。

 加えて、今は昔よりもアスファルトの面積が広くなっています。戻れるくらい柔らかな土を探し求めていたのにたどり着かず、アツアツなアスファルトで息絶えてしまうこともしばしば。なんとも切ないですね…。固い土やアスファルトの上で助けを求めているミミズを見かけたら、そっと柔らかな土の中に戻してあげてください。

 ◇鵜飼開き

岐阜県長良川の鵜飼は5月11日から10月15日まで行われる。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 鵜飼


 もうすぐ、6月 アユ釣りの解禁、今年こそ、野鮎に出会いたい!

※朔太郎忌

大正・昭和期の詩人、萩原朔太郎[はぎわらさくたろう]の1942年の忌日。
Wikipedia •[Wikipedia]wikipedia - 萩原朔太郎

※たかし忌,牡丹忌

俳人・松本たかし[まつもとたかし]の1956年の忌日。

※梶葉忌[かじのはき]

小説家・梶山季之[かじやまとしゆき]の1975年の忌日。

◎ 今日の格言  知(し)る者は言わず言う者は知らず

《「老子」56章から》物事をよく知り抜いている人はみだりに口に出して言わないが、よく知らぬ者はかえって軽々しくしゃべるものである。

※ 昨日、早目に大学に行って、準備をして、午後、学生たちを応援した。何故、今、大学に行くかと言えば、学生の頃、勉強しなかったから、おまけに出来が悪かったから。それでも、世の中に出て、食べていけて、今日にまで何とか生きてこれたから。その恩返しのつもりで、学生たちと未来や社会に夢とロマンを紡いで行く機会が与えられたから。夕方、闘病中の先輩にメールしたら、次代の日本のためにがんばってくれと返信があったが、それほど大きなことは出来ないが、まあ、ミミズほどのお役に立てればいいかなと、明日も朝7時に家を出て、東京も西の方の大学へ向かう。楽しく、学ぶことは、気持ちの面でもいい!(帰宅したら、メールが届いた。昨日、背中の麻酔を抜いたので臓器が収まるまで痛さとの闘いだ。半月くらいかかる。・・・痛さは、なった人でないと分からない。頑張って!来週、会いに行く!)

※ 昨日、柳瀬氏の国会での質疑、皆さん、すっきりしましたか。野党も野党だね。うんざりだね。みんなの税金、本当に国民のためにどれだけ使われているのか、無駄遣いしないといいながら。全部税金だから、痛くもかゆくもないんだよね。

※ 昨日、米国トランプ大統領 人質3人帰国 歓迎ショー。北朝鮮にしてみれば、恩をタダであげて、喜ばした。もっと大きな取引や土産をとるための手段でしかないのかも。日本をどうするか、後回しにして拉致被害者は最後までグダグダ温存するかも、そしてとどのつまりはほしいのは何といっても¥だろう。次のステージは、6月12日(火)シンガポールで、まだ、米朝の駆け引きは続く、どんなショーにするのか。すべてがうまくいくとは思えない。まだ、腹の探り合い?!(どちらも大きなおなか、方や、イランとの約束を反故にし、貿易戦争をしかけ、地球温暖化やTPPから離脱、方やこの前まであれだけ罵倒していた中国やお互いにすり寄っていく、どうも本心ではない、おじや兄を殺害し、自国民何百人を極寒の日本海に放出し、今や、ノーベル平和賞の候補者に、冷静に眺めるべし、あまり期待しすぎてはいけないだろう。二人とも触って気持ちの良い腹でないのは確かだ!)そして、その後、どの程度うまくいくのか、どれだけ時間をかけるのか、そして、やはり日本はどうなる、そのためにどうするのか?!

※ マー君、昨日、勝ち投手になれなかった。清宮君、連続試合のヒットストップ。若いんだ、何度で失敗してもいい、チャレンジするんだ、がんばれ!

※ 今日、久しぶりの晴れで、温かくなる。2月の時の健康診断時に、「検査指示:血糖血検査」があった。朝一番に行こう。云われた時、3日くらいしか、間食しない、甘いもの食べない、食べ過ぎない、体重測る、月1kg減量は出来なかった。全部、守れなかった。なんて、自分に甘いんだ!喝! いい方向に歩けないんだから、どうしようもないね、人には簡単に言うけど、自分には出来ないのが情けない!午後、3時、歯科治療! つまらない、一日になりそうだ、薔薇の花でも写真を撮りに行こう!

※ 昨日、大学でヤマボウシの花を観た。和の花、わび・さびの茶花だ。これが咲くと、気温がどんどん上がり、芍薬、花菖蒲、そして紫陽花、夏へと季節が一気に早まる。薔薇は、やはり洋の華だ!体調も崩しやすい、気温に慣れていこう。


ヤマボウシ
IMG_0877_NEW.jpg

IMG_0878_NEW.jpg

IMG_4081_NEW.jpg

ファーストフェデラルズルネッサンス
IMG_4083_NEWファーストフェデラルズルネッサンス

IMG_4084_NEW.jpg

IMG_4085_NEW.jpg

IMG_4086_NEW.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども
風の音にぞ 驚かれぬる
古今集 藤原 敏行

 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
リンク
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター