1/28(火) 翡翠について
 私のプロフィールでは、翡翠をアップしています。近所に、野鳥観察舎、野鳥の病院、宮内庁の新浜鴨猟場があり、広大なエリアは、野鳥のサンクチュアリがあり、翡翠も見かけるからです。冬には、シベリアからたくさんの鴨や渡り鳥が飛来し、越冬します。ほかにたくさんの野鳥をみることが出来ます。近くに、まったく清流ではないけど、小さな小川があって、翡翠が生息しています。春先になると毎日、飛び交い、観察することができます。翡翠を見た時は、とっても姿が美しいので、幸せなリッチな気分になります。その飛ぶ姿が、新幹線のデザインにもなりました。今年も、先日、一羽のメスをみかけました。ただし、いつもそばに近づけないのであまりいい写真を撮ることはできませんでした。それでも、今まで、私の自然界のペットとして小さな翡翠の画像をアップしていました。豆粒でなんだかわからないほどでした。しかし、ご親切な方のお力をお借りして、これからのプロフィールでは、多様な翡翠の姿をアップしていきたいと思います。
 昨年、ある方が、毎朝、5時から6時に川に出かけて、翡翠を撮影しているのを知りました。翡翠の撮影が趣味で日課のようにされています。厳寒の中でも、テントを張り・・・じっと待っての撮影、頭が下がります。その方に、相談したら、たくさんの画像を快く提供してくれました。今でも、いつでも手を差し伸べてくれています。大変、有難いことで感謝しています。今朝も、撮影をされていると思います。
 私も、お蔭で、ほぼ毎日,DBを観ているので、翡翠の生態がかなりわかるようになりました。嘴の下が赤いのは、メスで口紅を付けているのですぐわかりました。今は、雌雄別々の縄張りで行動しています。餌を捕る時は、ホバーリングをしたり、一気に水中に飛び込み、眼に瞬膜というゴーグルがあるので川の中の餌を捕れます。英語では、KINGFISHERというくらいですから、魚捕りの名人です。普通、魚を食べますが、消化しない骨などは、ペレットと云って、吐き出します。かなり大きな魚も四苦八苦して、飲み込み、実によく食べます。2月末頃から恋の季節を迎えます。求愛給餌行動をするそうです。1年に3~4回、卵を孵化して子育てをします。一度に3~4羽の雛を育て、どうも強い者から順に餌をやるようです。餌の撮り方を教えたり・・・。自然界では、猛禽類をはじめ天敵がいるので、気を付けながら、餌取りをやっています。私の近所は、魚釣り場ではないので、シーズンになると望遠レンズをつけた鳥撮りのマニアが大勢きます。そういう光景を見れば、翡翠を見ることができます。ところが、場所によって、魚釣りの人たちと鳥撮りマニアの人たちとの場所とりのいざこざがよくあるそうです。お互いに、うまくやってほしいですね。
 翡翠の生態については、山階鳥類研究所で黒田清子様が、かつて、ご研究をされていたそうです。
 春になって、翡翠をたくさん観たり、翡翠の生態をもっと知ることが楽しみです。
[2014/01/28 06:48] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<1/29(水) ピート・シ―ガ―さんのご冥福をお祈りしつつ・・・ | ホーム | 1/27(月) 今日よかったこと>>
コメントの投稿
鴨場・・・そういえばありますね^^
翡翠がいるのですね。
綺麗ですよね~

私は一度、市川の動植物園で見たことが
あるのですが、その頃は写真に関心がなくて
ただ、ボーっと見ていました。

今度は撮れるといいなぁ・・
でも望遠レンズ持っていないの。
ダメだわね。
[2014/01/28 21:22] URL | hanahana #OetTzT0c [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/267-87ae53eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター